タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:薬寿堂 ( 7 ) タグの人気記事
平成27年9月26日 閉店しました
7月末に投稿しました最終コラムでも予告いたしました通り、中国漢方薬寿堂は 本日をもちまして37年の歴史に幕を閉じさせていただく運びとなりました。
これまで多くの皆さまのお手伝いをさせていただけましたことは、私どもの誇りと感じております。本当に、ありがとうございました。

さて、今後につきましてですが、店舗業務が終了した後も連絡が必要な方のために、専用ポストを設置いたしました。
(専用ポストのサービスは、平成28年8月20日をもちまして終了とさせていただきました。)

これからも、ますます多くのご夫婦が健康なお子さんを授かり、楽しく子育てしてくださいますことを、心より願っております。
[PR]
by yakujudo | 2015-09-26 15:00 | お知らせ
御久し振りです。“漢方薬箱” の譚がコラムを再開します!
私は桜木町駅近くで、36年前より『薬寿堂薬局』を開設している譚(タン)と申します。
今から20年ほど前に、横浜、横須賀を中心に発刊されていた朝日エコー、アドバンス、アベニューという朝日新聞の情報誌に “譚先生の漢方薬箱” というタイトルで、いろいろな健康法や、中医学の考え方、養生、病気についての考え方や対処法などを2年間連載しましたが、その後、読者の皆様からの問い合わせの多かった「不妊症の周期療法」について詳しく解説したり、又、症例報告や生活上の注意、時には私が中国やタイ国からの依頼やご相談で出張した時の話や、妻の親戚の暮らしている中国雲南省、又、中国雲南省で暮らしている少数民族の方々のお話やいろいろなエピソードなど、バラエティに富んだ内容でした。
ご興味のある方は私のホームページにその当時からのコラム約200回分が掲載してありますので、一度アクセスしてみてください。

私達夫婦は30年前に結婚し、特に何にも問題なく妻が妊娠し、順調に子供が誕生していれば、私が不妊症に関わることはなかったのですが、運悪く、最初の妊娠で子宮外妊娠、しかも度重なる誤診が続き、緊急入院で卵管を摘出、手術は成功して大きな難を逃れることは出来ましたが、その後体調の回復が悪く、手術から半年後、妻は生まれ故郷の中国浙江省杭州市、親戚で約400年続く婦人科を専門とする何家(かけ)15代目、何少山(かしょうざん)先生の診察を受けるために帰国しました。
先生から指示や薬の処方箋をいただき、その後は先生に経過を連絡、又次の指示のお手紙を待ち、お薬を飲み続けて1年半後の12月上旬に先生から届いたお手紙通り、翌年の1月末に妊娠が判明、10月に4250gの長女が誕生しました。
その後は全く苦労なく、長男、次男と3人の健康な子を、自然妊娠、自然分娩で授かりました。子供も今年で26,25,22歳と特に大きな病気やけがもなく、無事立派な大人に成長しました。

私は、妻の最初の出産の直前の1988年9月、不妊治療をテーマに講演のために再来日された当時北京同仁堂医院中医科主任叢法滋先生に再会し、先生から中国で、中国医学と西洋医学を融合して新しく考案された『周期療法』を伝授されました。
その後は機会をみては、先生から個人的に指示を受け、アドバイスをいただき、今日まで日々勉強を重ねてまいりました。現在、叢先生は中国へ帰国、現在も北京駅近くで毎日診療に当たっていると聞いています。

今回、私はこのコラムを再開するにあたって、この数十年間に大きく変化した日本の現状にあわせ、皆様の健康に役立つ日常生活におけるアドバイスや季節の食事などについて、書こうと考えています。
もし、私に質問がございましたら、FAXまたはお手紙、お電話等でご連絡ください。
複雑な内容のものは、お手紙かFAXでお願いいたします。

譚  11/20
[PR]
by yakujudo | 2014-11-27 06:00 | 漢方薬箱
薬寿堂 2010年夏休み 9/19~23
いつもこのコラムをご愛読下さっている皆様へ!!ご愛読ありがとうございます。

来たる9月19日(日)より9月23日(木)までは、1ヶ月遅れの夏休みをとらせていただきます。
ここ数年、上海へは度々仕事で行く機会が多いのですが、北京へは飛行機で乗り継ぎで立ち寄るものの、市内へは実に25年間、訪れていないので、今回の訪問が大変楽しみです。

北京には1988年9月に再来日された際に、日本に初めて不妊症の周期療法をご紹介下さった、私の恩師、叢法慈(そうほうじ)先生が暮らしていらっしゃいますので、ぜひ先生にお会いしたいと思っております。
「周期療法」の日本における「最初の井戸」を掘られたのは叢先生で、その「井戸」を掘り続けているのが私でございます。
今から8年ほど前、私が周期療法についての講演依頼を受けて以後、あっという間に井戸を掘る人が急増して、私もビックリしています。
但し、叢先生の井戸を掘り続けているのは、日本では私だけでございます。

旅の報告は、次の機会にしたいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2010-08-27 00:10 | お知らせ
40歳代半ば4人の方の妊娠-その後
 コラム第165回で、40代の方々の妊娠報告をいたしましたが、8月に入ってご当人の皆さまから、あいついでご連絡をいただきましたのでご紹介します。

当薬局の最高記録誕生
 46歳で自然妊娠された相模原市のAさんは、6月16日に無事出産されたと8月1日にお電話をいただきました。Aさんはご自分の誕生日を10日ほど過ぎていましたので、実に47歳での出産です。当日は土曜日で、朝から薬局へご来店になる方がたいへん多く、私が電話に出ることができず、スタッフが奥様とお話しをしたので、私は詳細を聞くことができませんでした。
 私が聞いていた予定日は8月でしたので、いろいろ事情ができて予定日より早い出産になったのではないかと思います。私から出産祝いの絹のクツをお送りしましたので、後日奥様からご連絡がまいりましたら、皆さまにご報告したいと思っております。
 でもすごいですね!! 46歳で自然妊娠、47歳で出産。2年ほど前、45歳で自然妊娠、46歳で自然分娩されたカナダ・トロントの奥様Hさんの記録を破るもので、当薬局のお客様の自然妊娠、出産の最高記録です。今、49歳、50歳の自然妊娠を目指す数名の奥様がおられますので、もしかすると近い将来この記録も更新されるかもしれません。

 次いで8月14日、45歳で自然妊娠し、10月に46歳で出産予定の大阪市のCさんから、ご夫婦のスナップ写真付き残暑お見舞いのおハガキが届きました。昨年11月から周期療法のお薬を3ヶ月服用され妊娠。現在32週に入り、『日に日に大きくなるお腹が愛しく、元気な胎動を感じる度に幸せを感じております』と奥様の喜びがあふれる内容です。無事出産されましたら、ご報告をくださるとありますので、その際はCさんのお話しをうかがい、読者の皆さまにご紹介いたします。

 Cさん同様、45歳で自然妊娠、10月に46歳で出産予定の川崎市のBさんは、旦那様の故郷の香港で出産されるとおっしゃっておりましたので、たぶん香港にすでに行かれているものと思います。
 出産間近に飛行機に乗ることはできませんので、妊娠7~8ヶ月のうちに行かれているものと思います。Bさんからもご報告が届きましたら、皆さまにご紹介する予定です。

 もうお一人、44歳で自然妊娠、11月に45歳で出産を予定されていた北九州のDさんは、コラムでご紹介した一ヶ月後に、残念ながら流産されたとお電話をいただきました。
 奥様はひどく落胆され、もう次の妊娠は考えたくないとおっしゃっていましたが、私は心と身体の回復ができましたら、またチャンスが到来するので、ご連絡をくださるようにお伝えいたしました。

 妊娠は、旦那様と奥様、お二人があって、お二人の健康があってこそ成り立つものだと私は思っています。
 最近来店される奥様方から、35歳を過ぎたらまるで妊娠できないというようなお話しが私の耳に入ってきます。この4名の方々のように40代半ばでも、健康なお身の準備ができれば自然妊娠、出産、そして健康なお子さんを出産できるのです!!
[PR]
by yakujudo | 2009-07-10 00:01 | タン先生の周期療法
生活が良くなる共に不妊症が増える不思議
 平成10年10月以来、一度もお休みをすることなく毎月このコラムを書いておりましたが、2月6日に厚生労働省が「官報」に交付しました『薬事法施行規則等の一部を改定する省令』について、新聞に報道されていた「漢方薬は郵送できなくなる」という一文について、多くの皆様からご心配のお電話や励ましのお手紙をいただき、その対応に追われていましたので、コラムをお休みいたしました。いつもコラムをご愛読いただいている皆様には、まずお詫びを申し上げたいと思います。現在、検討会が開かれ、継続審議中ですので、詳細が判明しましたら、この紙面でご報告させていただきます。

 私が経営している薬寿堂薬局へご来店されますお客様は、0歳の赤ちゃんから99歳のおばあ様まで広範囲ですが、やはい一番多いのは不妊症のご相談の方々です。37、38歳から45歳前後の方々が大半ですが、25歳以下、25歳~29歳、30歳~35歳前後の方々もこられます。
 私はいつも20代の方々には、「私の薬をのまなくても、皆様にはちゃんと赤ちゃんが授かるので心配ないですよ。でも何か問題があればそれを改善しましょう。ご相談ください!!」と言っております。

 最近、私共へご相談にこられます30歳前後の方々の中に、お母様が同伴されてこられる方がございます。
 私は今年60歳ですが、お母様方はだいたい60歳前後の方が多く、皆様はほぼ同じ内容のことを私にお話しくださいます。
「先生、どうしてこんなに子供ができないのでしょうか。私の若いときにはいとも簡単に子供を授かるので、私も友人たちも、どうしたら子供ができないようにするか悩んだものです。いったいどうなっているのでしょうか。私たちが生まれ育った時代は、今の時代に比べたら食べるものも満足にない不自由な時代でした。今はそれに比べて、本当に恵まれた時代なのに不思議です。先日も娘と一緒に病院へ行きましたら、若い娘さんたちが注射の順番を待っていて、私には考えられないことです」とおっしゃっていました。

 実は年末年始に不妊症の方々のご相談に行きましたタイ国でも、日本とまったく同じ状況でした。私はタイ国の皆様にいろいろと聞いてみると、一年を通して気温が30度を越えるタイでは、経済発展につれて、以前は暑い夏だけ扇風機を使用していたものが、最近は一年中クーラーの中で生活していて、祖父母、父母の代には温かいお茶や常温のお茶、ジュースを飲んでいたものが、若い人たちはいつも冷たいトロピカルジュースを飲むのが普通になっているそうです。 女性の方々はクーラーの中でほぼ素足で薄い肌着、お化粧をしているわけでもないのに、目の下がラインを引いたように黒ずんでいる方をよく見ました。内膜症や筋腫などの方が多いと思われました。また男性は、仕事に追われ、ストレスや睡眠不足の方がたいへん多かったです。
 今の日本と同様、経済発展と共に不妊症の方が増えていて、同様のことは5月に取材に行く中国の上海でも、不妊症の方が増えていると、上海の友人から聞いております。

 私はいつも多くの方々のご相談を受けていて、まずは男性、女性とも、健康な体づくりが妊娠の第一歩というお話しをしております。
 一昨年11月。46歳で女の子を出産されたカナダ、トロント在住の女性の方が、私共の薬局で自然妊娠の最高齢でしたが、4月末現在、45歳をこえて自然妊娠の方が4人出産予定となっています。
 8月に相模原市在住のAさんが47歳で、10月に川崎市在住のBさんと大阪市在住のCさんが46歳で、11月に北九州在住のDさんが出産予定となっていて、Aさんはすでに羊水検査を済ませて順調、残る三人の方も、羊水検査を受けることになっています。
 Aさんが出産を予定している病院では、4、5年に待ちだし在住のEさんが自然妊娠、44歳で出産されていて、Aさんの47歳出産は病院の新記録になると聞いております。
 Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、この4人の方々は、いずれも自然妊娠で第1子の妊娠です。無事出産できましたらご報告いたします。

 健康な体づくりは妊娠の基本ではないでしょうか。私たち夫婦も約2年間不妊治療の経験をしたからこそ本当に思うことです。
 掲載の写真は、『週刊朝日MOOK「漢方2009 漢方養生法』の取材を受けた記事です。
 生理周期の変化に合わせて、お薬を飲んでいくというこの方法は、私が20数年より日本で最初に手がけたものです!!
[PR]
by yakujudo | 2009-04-10 00:01 | 気になる話題
薬寿堂のホームページを開設しました
 いつもこのコラムをご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。
この連載は月1回のペースで、すでに10年を越える長さとなっています。
 中国漢方の考え方や中西医結合による新しい不妊治療の周期療法、また最近では私が度々行く中国雲南省の旅などについてもご紹介しております。いままでの連載のコラムは、このシリーズにすべて紹介しておりますので、ご興味がございましたら他のページもご覧ください。

 この半年ほど前よりyakujudo.com/というアドレスが加わっていることにお気づきでしょうか。実はこの新しい薬寿堂のホームページには、このコラムではスペース上収載できない内容のものを掲載しております。今回はこのホームページについてご紹介したいと思います。

 私ども夫婦は今から約20年前、日本で初めて薬膳料理を特集した、1987年4月3日発売のアサヒグラフ薬膳料理特集号で、自宅で開催しました薬膳パーティーの取材を受けております。誌面には友人達との食事の模様や、当日の料理レシピ等が紹介されていますが、このことをキッカケに、妻は横浜駅近くのカルチャーセンターや、東京ガス料理教室や横浜駅西口の調理師専門学校の先生方にも、薬膳料理の講演を行った経験を持っております。

 今回、薬寿堂のホームページを新設するに当たり、皆さまの健康に役立つ季節ごとの薬膳料理(生薬を使わず、食材の持つ効能をもとに医食同源の理解に基づくレシピ)を、写真と解説入りで掲載しています。
 今後も健康情報、アンチエイジング、美容、不老長寿等に役立つ料理を考えて掲載する予定にしております。また、タイ族、白族、納西族、チベット族など多くの少数民族の暮らす、中国南西部に位置する雲南省の料理を現地で取材し、その料理の効能、写真、レシピ等も掲載しています。今までの読者の皆さまも見たことのない、もちろん食したことのない数々の料理が登場します。

 もうひとつ、妻が自分の肌を試験台に、2年間かけて開発しました「KOCHORAN(コチョウラン)」という名のスキンケア化粧品をご紹介しております。
 コチョウランという名前の通り、日本で初めてランエキスを配合、富士山の麓にある工場で、富士山の清水を使い、ほのかなジャスミンの香りをつけたもので、友人達の評判も上々で、妻の自信作です。妻が妻自身のために作ったものです。現在、原価でお分けしておりますが、あと僅かで終了となります。ご興味のある方は、薬寿堂の店頭にてお声をおかけ下さい。

 この記事を書いていますのが12月6日ですが、年末年始に再度雲南省の昆明や、昆明から南200kmに位置する、亜熱帯のシーサンパンナへ行く予定となっていますので、新年にはまたいろいろなお食事をご紹介できると思います。また時間のゆとりがありましたら、昆明近くで、毎年500組をこえる双子の世界大会が開催されるという町にも訪問したいと考えていますので、記事をお楽しみにしてください。
[PR]
by yakujudo | 2008-01-10 00:01 | お知らせ
昨年は目標の500名に。400名が自然妊娠で
 皆さま、明けましておめでとうございます。
 私が経営している薬寿堂は、皆さまのお近くにもあるごく普通の専門薬局です。あらゆる病気についてご相談を受けておりますが、最近は不妊症のご相談に来られる方が圧倒的に多いです。おかげさまで、昨年度は、一昨年より150名多い、約500名の方々から妊娠のご報告をいただきました。私のおすすめしている中国漢方と西洋医学の理論を統合した周期療法で自然妊娠された方が400名、人工授精や体外受精を併用された方が100名となっております。お身の基礎をつくる周期療法だけでは対処できません時には、レディスクリニックもご紹介しております。
 昨年末には、妊娠、出産された方々100名のお手紙やお写真を掲載した『赤ちゃんできた! ~周期療法で赤ちゃんに恵まれた100人の手紙~』(健康情報館)を発刊できました。
 先日、この本にご登場くださいました藤沢市のYさんからおハガキをいただきました。
 
 譚先生、風の冷たい季節になりましたがお元気ですか。
『あかちゃんできた!』の御本の出版おめでとうございます。そしてお礼がたいへん遅くなってしまいましたが、御本と記念の品を送っていただいて本当にありがとうございました。自分の手紙が載っているのは何か照れ臭くもありますがとてもうれしいです。おかげさまで息子も7ヶ月になり、元気にすくすくと成長しております。今はだいぶお座りが上手になったんですよ!
 先生はこれからますますお仕事がお忙しくなるでしょうが、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。
 
 本当にうれしいお便りです。赤ちゃんに恵まれた方には、まだ結果が出ていない方々にYさん同様勇気づけてほしいです!!
[PR]
by yakujudo | 2003-07-20 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy