タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:自然妊娠 ( 38 ) タグの人気記事
楽しく子育てできる世の中を願って...最終コラム
私は朝日新聞関連の健康情報誌「朝日アドバンス」 「朝日エコー」 「朝日アベニュー」 「譚先生の漢方薬箱」などに、コラムを連載してまいりましたが、実は私にもひとり暮らしの現在86才になる義母がいて、ヘルパーの方々の手助けと妻の献身的な介護のお陰でなんとかやっているのですが、妻も疲れはててきているので、私も手伝う必要を感じ、薬局の営業を9月26日(土)で終了することになりました。
10月からは、我が家も日本の多くの皆様と同様、いよいよ老々介護です。できる限りヘルパーさんの方々のアドバイスと協力を得て、私達夫婦が助け合って、義母の介護につとめたいと思っています。
「来る限り病院に入れないでくれ!!」という義母の願いをかなえたいと思っています。

私は37年前の1月13日(日)大雪の日に、桜木町駅前に中国漢方薬寿堂薬局をオープンしました。
私の30才の最後の日に薬局をオープン、あっという間に約37年間すぎさりました。

今年は戦後70年と言われています。
私は桜木町に生まれ、地元で60数年生活してきましたので戦後の町の変化をよくおぼえています。
前回の東京オリンピックは私が高校一年生の時でした。
高速道路や新幹線も整備されて今があるのですが、大きく異なるのが少子高齢化というように、街に杖を持つ高齢者があふれ、小さな子供達が激減する時代になりました。
私はこれからの世の中には、歩道にベンチと花壇をつくり、老人や子供、妊婦さんを大切にやさしい街を整備してほしいと思います。

薬局を始めて間もなく朝日の情報誌を担当するようになり、日本でいう漢方ではなく、中国でいう中医学の考え方や、中国のいろいろな養生方法などについても解説しておりましたが、たまたま妻が子宮外妊娠をし左卵管を緊急摘出。その生まれ故郷中国浙江省杭州市で、400年15代続く中医師で親戚の何少山先生の診察を受けに妻は中国へ一時帰国。約一年半何先生の指導どおりにお薬を服用、年末に届いた先生のお手紙通り、翌年の10月に第一子長女が誕生、その後は長男、次男と順調に生まれました。
この長女誕生直前に、私の長年の北京在住の恩師叢法滋先生が来日され、当時中国で開発された中国医学と西洋医学をドッキングして考案された「周期療法」について、叢先生からお教えいただきました。

私は情報誌や、インターネットを通じ、この「周期療法」を解説してきましたので、すでに私の手をはなれ、有名になっています。
多くの皆さんが自然妊娠で健康なお子さんを授かり、楽しく子供を育てられるようないい世の中に是非ともなってほしいですね。
日本はどこから方向がかわったのでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2015-07-28 09:00 | 漢方薬箱
あの頃のことを覚えていらっしゃいますか?
赤ちゃんを望まれている皆様は、ご両親からどのようにして誕生されたかお考えになったことはございますか?
ほとんどの方々がご両親から自然妊娠で生まれてきたと思いますが、いかがでしょうか。
妊娠.出産は健康な体の準備が一番です。
男性は元気な精子が豊富にある体です。女性は元気な卵子、元気な卵巣、そして血流の良い暖かい子宮の持ち主であること。そしてお互いに良いコンディションで排卵近くにタイミングをとり、元気な精子と卵子が出会い、元気な受精卵が温かい子宮に着床して安定して育ち、無事健康な赤ちゃんが誕生して、ご両親の腕の中に抱かれることです。

人間が地球上に誕生して、約700万年経つそうです。
現在に至るまでその数が増え、72億人全世界にその分布が広がったということは、基本的には自然妊娠を繰り返して繁栄してきたのだと思います。
それでも、不妊の方がおられたのでしょう。今から約200年前に人工授精が考案され、37年前には体外受精という方法が考えだされたのです。
どちらもイギリスで考えられた方法です。
最近の36年間で、体外受精は全世界で約500万人の赤ちゃんが誕生したと言われています。すばらしいことです。
一方自然妊娠は少なく見て、1年間で5000万人、36年間で18億人誕生しているのです。
しかし実際は18億人よりずっと多いと私は思っています。

日本は今年戦後70年を迎えました。
戦後失われた人口を回復させようと「生めよ!増やせよ!」と檄を飛ばした結果、多くの子ども達が生まれました。1949年生まれの私もそのうちの1人です。
昔は檄を飛ばせばそれに応えて国民の皆さんが頑張って子供を産み、育ててくれる時代だったのでしょう。
1947年から1949年の3年間の第一次ベビーブームに約800万人、続く1950年から1952年の3年間で750万人、その後はしばらく年150万人前後でしたが、1971年から1974年の4年間の第二次ベビーブームで再び800万人の子どもが誕生しました。
実に子どもの多い時代が続きました。

出生率.出産数が減少するキッカケは、1975年に起こった第一次石油ショックです。
若い方達の中には、昔を回想するテレビ番組でも観たことがあるかもしれませんが、スーパーや商店からトイレットペーパーや洗剤が消えてなくなり、社会が一時パニック状態に陥ったことがありました。
この年からその後40年間、日本の出生数は年々減少しているのです。
一度下がった出生率はなかなか回復しないのです。その上最近では晩婚化がすすんでいるのです。
このまま進むと日本の少子高齢化は大変深刻な事態になるのではないでしょうか。

私はたくさんの子どもが生まれていた昭和30 - 40年代と現在を比較して何がどう違うのか検討してみると、何か解決策の良いヒントがあるのではないかと思っています。
元気でかわいい赤ちゃんを、皆様 授かって下さい!!
[PR]
by yakujudo | 2015-03-20 12:30 | 漢方薬箱
40代の方々から妊娠.出産のご連絡が続いています
私は妻の子宮外妊娠をきっかけに、約30年間不妊症の方々のご相談を受けて参りました。
妻が健康を取り戻した時に妊娠し、4250gの長女を出産、その後も長男次男と一本になった卵管で3人の健康な子供を授かることが出来ました。
私共の所へ来られる方々にも、健康な体の準備をして頂き、健康な子供を出産されることを理念に心掛けていています。
来店されます方々も20代、30代、40代と様々で、自然妊娠.人工受精.体外受精.顕微授精.凍結移植と、皆様の治療進行具合にそってお薬の服用を勧めております。
毎年秋から年末までは妊娠.出産の多いシーズンです。
女性の方々は何歳までも妊娠.出産が可能という訳ではありません。
どんなに医学が進歩しても人工的な子宮や卵巣が開発されない限り、残念ながら無限はないのです。
9月20日より10月10日までにご報告頂いた方々の内一部の方について、今回はご紹介させて頂きたいと思います。40代の方々から妊娠.出産のご連絡が続きましたので、今日はその内の数名の方を紹介したいと思います。

1) Aさん 東京都48歳
第1子の長男が4歳で、この度48歳で出産した第2子も男の子でした。
約4ヶ月間、周期療法のお薬で体制を整え、凍結してあった受精卵を戻し無事妊娠致しました。
その後は安胎の薬を服用し、出産予定まで継続して服用していました。
予定日を過ぎてもご連絡がなく、心配していたところ、9月20日に出産された元気な次男を連れて来店され、私が次男を抱いて記念撮影をされました。
5月中旬に定期健診で奥様から私に連絡がなかったのは前置胎盤が分かり、しばらく安静を保つために入院され、病院の先生の指示通りされていたそうです。でも無事に出産されたご連絡を頂き、私もほっと致しました。
3ヶ月間産後のお薬を飲んで体の回復につとめるように勧めましたが、奥様は2人共男の子なので出来ればもう1人女の子が欲しいと言われました。
しかし、今度もし産むことになれば、今回の出産でも色々と問題が合った上、50代で出産される奥様と子供にもリスクを伴う可能性が大きいので、もし女の子を生むとなると、ご自分の命を賭けることになります。
この2人の男の子をしっかり育てて、女の子を産むことは諦めるようお話をしました。止めるよう勧めたことは、私は正解だと思っています。

2) Bさん 石川県45歳
昨年5月に周期療法のお薬を服用して体調を整え、11月に体外受精を受け、その後は安胎のお薬を出産前日まで服用し、3,1㎏の元気な男の子を出産しました。
Bさんは何度体外受精をやっても妊娠できなかったものが、周期療法のお薬を服用して体の準備をし、初めて妊娠をしました。しかも無事に出産出来て、本当に嬉しいとお話されていました。
奥様には3ヶ月間、産後のお薬を服用して、体の回復に務めるようお勧めしました。

3) Cさん 神奈川県43歳
昨年10月に来店し、今まで5回の体外受精をされましたが、全く妊娠の気配がなく、判定は全て陰性でした。まず体調を整え、可能であれば自然妊娠を目指すこととなりました。
暫く周期療法のお薬を服用し、再度体外受精をしたところ妊娠に至り、妊娠12週目に来店された時、私に言った言葉がとても印象的でした。
“先生、妊娠なんてちょろいものです。これだけ体外受精をして、妊娠できなかったものが、ここの周期療法のお薬を併用して体外受精を受けたら直ぐ妊娠できたので、本当に妊娠は簡単なんですね。”
只今、安定していて妊娠を継続中です。

4) Dさん 神奈川県43歳
今年1月に来店し、周期療法で4ヶ月間体調を整え、5月に周期療法のお薬と体外受精を併用し、1度の体外受精で妊娠まで至りました。
現在安胎の薬を服用し、来年3月に出産予定です。
Dさんもあっと言う間に妊娠でき、特に心配も苦労もなかったと仰っています。

5) Eさん 神奈川県43歳
40代で私共の所で周期療法を服用し、2人の子供を自然妊娠で授かったEさんのご友人から“譚先生の周期療法のお薬を飲んで元気になれば、ちゃんと自然妊娠で元気な子供を授かることが出来たから是非行きなさい”と言われ、来店されました。
1年間の内に3度自然妊娠したのですが、残念ながら2度流産、3度目の正直で無事女の子を出産されました。旦那様は52歳、元気なら50代、60代、70代でも男性は子孫を残すことが出来るのです。

6) Fさん 北海道44歳
ご夫婦共に自然妊娠を望まれ、奥様は周期療法のお薬を、旦那様は補腎補精のお薬を、妊娠されるまでの約2年間服用されました。
そして、その後安胎の薬を服用され、10月に自然分娩で無事、待望の第1子の男の子を出産されました。
現在産後のお薬を服用中です。

7) Gさん 東京都40歳
6月より2ヶ月間周期療法のお薬を服用し、タイミングを取って自然妊娠されました。
8月29日から現在まで、安胎のお薬を服用中です。

8) Hさん 神奈川県43歳
現在までの7年間で、不妊治療に費やされたお金は1千万円を超えるそうです。
1年以内で妊娠に至らなければ不妊治療を止めると旦那様と合意され、来店された9月21日に仰っていましたが、今回の凍結移植で只今妊娠7週目です。
無事に出産できることを願っています。

9) Iさん 東京都44歳
ご結婚が遅く、結婚直後より休むことなく2年半ずっと体外受精の治療を受けていたにも関わらず、1度も“妊娠”という言葉が聞けませんでした。
他の先生からは“もう無理です”と言う言葉をかけられ、体外受精を止め、自然妊娠を目指したいと私共の所へ来店されました。
Iさんも同様、2年半で不妊治療に払ったお金は1千万円だそうです。1千万円は大変な金額です。私も色々と考えさせられました。
現在も治療中です。
[PR]
by yakujudo | 2014-10-29 15:00 | タン先生の周期療法
日本の生殖医療の現状について思うこと
6月1日発行の「朝日新聞グループ」紙に“日本の生殖医療”についての特集記事があり、日本の現状が詳しく書かれていましたので、そのコラムの中から一部をご紹介したいと思います。

日本産婦人科学会の集計によると2010年度体外受精で生まれた子供の数は2万8945人、2011年度は行われた体外受精は26万9659回。39歳の女性が出産に至った率は10.19%、40歳の女性は8.06%、41歳の女性は5.62%、45歳の女性は0.81%と1%を切っています。2013年では体外受精の回数は35万回を超えているそうです。
しかし回数ほどには成果が出ておらず、体外受精の補助金制度も大きく見直される事になったようです。
つまり、国として沢山のお金をかけても、期待していたほどの成果が上がらなかったので、補助金をカットしようということに至ったのだと思います。
私としては体外受精という方法で、もっと沢山の子供ができているものだと思っていましたが、こんなに成果が悪いとは残念でありません。

妊娠の基本はまず皆様の健康です。元気な精子と卵子からより良い受精卵ができます。
この受精卵が着床し、安定して妊娠を継続できる温かい子宮を準備することが大切です。
自然妊娠、人工授精、体外受精、顕微授精は精子と卵子の出会いの方法です。お二人の条件に合った方法を選択すれば良いことです。

日本の皆様はご両親、祖父母、そして先祖代々、自然妊娠で子孫が繁栄している方々が大半だと思いますが、いかがでしょうか。
妊娠を目指すご夫婦で、男性も女性も先天的な問題を持っている方は大変少ないと思います。
私達夫婦も子宮外妊娠のため、緊急手術で妻は卵管を1本切除しました。
その後約1年半の間、妻は生まれ故郷の老中医何少山先生のご指導で漢方薬を服用し、体調を回復しました。
そして老中医何少山先生から頂いたお手紙の予言通り、妊娠・出産に至り、無事4250gの長女が誕生しました。その後も長男、次男と健康な子供を3人授かることができました。
私も妻も鍼灸師の資格を持ち、鍼灸を取得していますが、特に老中医からは鍼灸をするようにと指示はありませんでしたので、妻には鍼灸を施術はしておりません。
自ら体験した不妊症を経験して、私は周期療法を皆様にお奨めするようになりました。私は周期療法に関して多くの方々からのご要望で、2001年と2002年に公演をしたところ、直後から多くの薬局の方々に参入され、あっという間に周期療法が全国に広がりました。最近ではお医者様も参入されるようになり、私自身も大変驚いております。

話は変わりますが、私は周期療法のお薬の服用と共に、お食事のお話をしております。
バランスよく季節合わせて、旬の食材を取り入れた食事をすることは基本です。
男女共に肉・魚・豆腐類のタンパク質、コラーゲンの多い鶏のスープを勧め、特に女性には鉄分を多く含む牛肉レバー類、赤身の鮪や鰹、またホウレン草、ブロッコリー、小松菜などの葉酸を含むお野菜を食すことを勧めております。
普段の食事で緑色野菜を取れば、特に葉酸の錠剤を取る必要はありません。私の妻も、母も特に葉酸を服用したことはありません。
様々な情報を取り入れることは大切ですが、世の中の情報に左右されず、補精・補血の食事を取って頂ければと思います。
[PR]
by yakujudo | 2014-08-22 04:00 | タン先生の周期療法
日本は本当に豊かなのでしょうか
この2、3年、卵子の老化や不妊症などがマスコミに大きく取り上げられています。 
私は戦後の第1次ベビーブーム(1947~1949年)の3年間のなかで最も多い、1949年生まれの269万6638人の内の一人として生まれました。
第2次ベビーブーム(1971~1974年)では毎年200万人の子どもたちが誕生しました。
第1次、第2次ベビーブームのお子さんたちは自然妊娠のほうがメインだと思いますが、沢山の子どもたちが生まれている時代にも不妊症の方はおられましたが、今の時代と違ってその数はずっと少なく、世の中でも特に不妊症が取り上げられることもなかったと思います。

第2次ベビーブーム以降、日本の出生数、出生率ともに低下していて、最近では出生数は105万から110万人、出生率は1,4%前後です。
私が生まれた第1次ベビーブームの頃は出生数260万、出生率4,5%前後。実に子どもの多い時代でした。今は子どもが1人か2人のご家族が多いですが、私は3人兄弟で友人の中には5、6人という方もおられたと思います。

今この少子化と共に不妊症が大きくマスコミに取り上げられるようになりましたが、特に第2次ベビーブームで生まれた方々以降の世代の方々で、男女ともに晩婚化が進んでいて、現在50歳以上の男性では20%、女性の方では10%の方々が未婚だそうです。
私は妻が子宮外妊娠し卵管を1本摘出後、中国杭州市の老中医のご指導で約2年間掛けて妻の健康を回復し、3人の健康な子どもたちを自然妊娠で授かった経験と、1988年9月に来日された北京市の老中医より中国医学と西洋医学の理論が合体させてうまれた周期療法を1988年10月より実施して25年になりました。

日本ではまだほとんど知られていなかった周期療法ですが、最初の10年間ご相談にこられた方は主に自然妊娠でのご相談、その後、横浜にも体外受精をされる病院が増えだし、今では自然妊娠、人工授精、体外受精、顕微授精というさまざまな方法をとっている方々がご相談に来店されます。
ご相談を受けていると、男女ともに健康でない方がいかに多いのかよく分かります。
男性では、精子数が少なく運動率のわるい方、ストレスや睡眠不足で疲労困憊の方、そして夜の性生活がおくれない方が多いです。
女性では、卵子機能の低下、骨盤内の血液循環が悪く子宮筋腫、子宮内膜症や卵巣チョコレート嚢胞を持っている方、多嚢胞性卵巣で排卵の難しい方、卵管水腫や卵管の癒着などを疑われている方、そして卵子の老化など実に様々なご相談がまいります。

今不妊で悩んでいる皆さまはご両親からほとんどの方が自然妊娠で生まれてきたと思いますが如何でしょうか?
世界を見渡してみると不思議ですね。豊かな社会では子どもが出来ず体外受精や顕微授精で子どもを授かる方々が増え、食物が少なく貧困といわれる社会で自然妊娠で子どもを授かる方々が多いのです。
皆さまは何かおかしいと思いませんか?どちらの社会で暮らしている方々のほうが健康だと思いますか?
[PR]
by yakujudo | 2014-05-03 03:00 | タン先生の周期療法
『漢方の知恵袋』差し上げます
現在不妊症で悩んでいる皆さまに、是非とも読んで頂きたい新刊がございます。
今年3月に文春新書から発売された河合蘭さん著『卵子老化の真実』です。
この本を読むと、正しい不妊症について、その治療法と現状、妊娠や出産について理解を深めることができ、皆さまの不安を解消する一助になることは間違いないと思います。
私も読んでみました。

今、日本は世界第1位の不妊大国です。体外受精数は世界第1位、でも妊娠率は上位50ヵ国中第45位。体外受精による45歳女性の出産率は0.6%、流産率は64.6%なのですが、実は30代後半、40代で出産した方の統計を見ると自然妊娠の方が一番多いというのが現状だそうです。
妊娠、出産を考えている皆さまも、自然妊娠→人工授精→体外受精→顕微授精と条件によって妊娠の手段がステップアップすることになりますが、再度ご夫婦でよくお話をされてみてはいかがでしょうか。

私たち夫婦も最初の妊娠で妻が子宮外妊娠して卵管を一本摘出、その後約2年間無排卵無月経に陥った体調を中国浙江省杭州市の老中医、何少山先生の指導を受けて無事回復し、タイミングで自然妊娠。
その後も2人を自然妊娠し、4年間で3人の子どもを授かることができました。

第1子の時、タイミング指導をして頂いた産婦人科の先生は、現在私がよく耳にする半年タイミング、半年人工授精6回、その後は体外受精というように治療を急がされることがなかったので、精神的に追い込まれることはありませんでした。
当時は体外受精という方法は大学病院で始まって間もない頃で、今日のように不妊専門病院そのものがなかった時代です。
今だったら、私たち夫婦の第1選択は体外受精ですと言われていると思います。

当店では現在、写真にあります女性の方々に役立つ「漢方の知恵袋(生理痛)(夏の冷え症)(貧血の養生)」の3部をセットにして皆さまに差し上げています。
日常の注意のほか、何を食べると体によいか、図解入りで解説されています。
このコラムをご覧になっている女性の皆さまにも差し上げたいと思います。お電話かFAX(電話と同じ番号)、ハガキ等でご連絡くださればお送り致します。

a0148348_22383224.jpg

[PR]
by yakujudo | 2013-07-05 10:05 | タン先生の周期療法
10年で届いた1500通の嬉しいお手紙
赤ちゃんを望む皆さまは、それぞれのご両親から健康なお身体で生まれてきている方がほとんどだと思います。
ですから、皆さまもまずは健康なお身体を準備することができれば、元気なお子さんを授かることができるのは当然の結果です。
昨今は少子化が叫ばれ、体外受精が話題になっていますが、今でも日本では毎年100万人を超える赤ちゃんが自然妊娠で産まれています。
ただし、条件によっては、体外受精や顕微授精を受けなければならない方もおられるのも事実です。

実は、私たち夫婦も不妊症の経験者です。
今から28年前、妻が子宮外妊娠で卵管を一本切除し、しばらく無月経無排卵で術後半年間ほど体調を崩したことがあります。
今でしたら体外受精を受けるよう勧められていると思いますが、妻は生まれ故郷の中国杭州市で代々400年続く親戚にあたる老中医、何一族の15代目、何少山先生の診察を受けるために帰国。その後は毎月症状を書いた手紙と体温表を送り、ご返事を待ってはその指示通りにお薬を服用してきました。
一年半たった1987年12月に届いたお手紙では「もう妊娠できるようになっている」というお言葉を頂くと、翌年1月末に本当に妊娠が判明、10月に第1子が誕生ということになりました。
そして第1子出産直前の9月に私の恩師、北京同仁堂医院中医科主任の叢法滋先生が再来日され、私は先生から周期療法についてご教授いただくことになったのです。

それ以来、私は周期療法をはじめて今年で25年になります。
今回は最近の10年間に、私の薬局へ送られてきた約1500名の方々の出産の喜びのお手紙や赤ちゃんの写真を整理して写真に撮りましたので、ホームページ上に掲載して、皆さまにも見ていただきたいと思っています。
赤ちゃんを待ち望んでいる皆さまにも、一日も早く元気な赤ちゃんが授かることを祈っております。

a0148348_5395627.jpg

[PR]
by yakujudo | 2013-05-01 06:00 | タン先生の周期療法
温かい巣箱とよい卵を
私たち夫婦は今から28年前、妻が最初の妊娠で運悪く子宮外妊娠になり、緊急の腹腔鏡手術で卵管を一本切除しました。
手術はうまくいったものの、手術までに数カ所で誤診が続いたこともあり、術後の体調回復に少し時間がかかりました。
そこで妻の故郷、中国浙江省抗州市で400年続く老中医の第15代目、何少山先生のご指導のもと体調の回復に努めました。
症状に合わせ毎月処方箋を送って頂き、薬を服用して約一年半経った1987年に、先生から「もう妊娠できるようになっている」というお手紙が届き、そのお言葉通り翌年1月下旬に妊娠が判明しました。

12月に届いたお手紙を見た時には私も妻も手紙を信じられませんでしたが、本当に妊娠できた現実を見て2人でびっくりしたことを今でもよく覚えています。
妊娠中はまったく問題なく、88年10月に4250gで第一子の長女が誕生、その後は翌年12月に4000gで長男、92年9月に4000gで次男が誕生しました。
子宮外妊娠で卵管を一本失い、体調を回復して3人の健康な子どもたちを自然妊娠で授かることができたことは大変幸せです。

当時、日本には不妊症専門病院がありませんでしたので、第一子の時は自宅近くの産婦人科でタイミング指導を受けましたが、第二子、三子はまったく通院することなく自然妊娠できたので、その体験から私は「妊娠は健康な体を準備することが一番大切」だと思っています。
元気な精子と卵子からできるよい受精卵、そしてこの受精卵が着床して育つ温かい子宮、鳥でいえば温かい巣箱とよい卵が大切なのです。

今、赤ちゃんを望む皆様も、お互いのご両親からほとんどの方が自然妊娠で産まれてきたと思いますが、いかがでしょうか。
今、不妊症専門クリニックは全国で700~800あります。日本は世界第一位の不妊大国だそうです。
戦後の団塊世代、団塊ジュニアと沢山のお子さんたちが自然妊娠で産まれたのは遠い昔のことではなく、わずか数十年前のことです。これは一体何が原因なのでしょうか。
もし身体にいろいろ問題があればステップアップすることも必要ではないでしょうか。
タイミング、人工受精、体外受精、顕微授精は妊娠のための手段です。妊娠・出産は身体の準備が一番大切だと私は思います。
[PR]
by yakujudo | 2013-03-01 06:00 | タン先生の周期療法
原点に戻り、健康な体づくりを
私は戦後の第1次ベビーブーム(昭和22年~24年)の中でも、最も出生数の多い年間269万6388人が誕生したうちの一人として昭和24年1月に、両親から自然妊娠・自然分娩で元気で健康な体で生まれました。
今、赤ちゃんを望まれて私どもの薬局を訪れる皆様は私と同世代、もしくはその前後の年代の両親を持つ団塊ジュニア、特に40歳前後の方々に不妊症の方々が集中しています。
男性も女性もご両親から健康に生まれることができても、その後病気をしたり、生活環境のストレスや飲食の不摂生、生活のリズムのくずれ等の影響を受けて、精神的にも肉体的にも健康を損なってしまった方が多いと思います。

先日、私は横浜から吉祥寺まで、はじめて湘南新宿ラインに乗る機会がありました。
夕方5時30分に横浜駅を出発し、途中新宿で中央線に乗り換え、無事約束の7時に到着しましたが、あまりの混雑にビックリしました。
大学へ通学していた40数年前には横浜―品川間をやはり満員の湘南電車や横須賀線に乗っていましたが、今の混み具合はそれ以上です。
毎朝毎晩、こういう電車で通勤していたら、疲労困憊で子作りもできないのは当然だろうと思いました。

その上、ワンコインで済ませる食事が主流で、男女ともしっかり昼食を食べていない方が多いのが気懸かりです。
サンドイッチやサラダ、牛丼に味噌汁、これではお腹はふくれても力が出ず、スタミナも不足してしまいます。
身体も自動車と一緒でハイオクガソリンのような栄養のある食べ物をしっかり摂らないと、男性は奥様のご期待に応えられないと思います。
精子が少なくED傾向の男性が増えるのも当然の流れで、女性もよい卵子をつくるためにはやはりしっかり栄養をとることが何より大切です!
健康な男性と健康な女性があって、健康な子どもが産まれてくるのです。

今後世界の人口が70億になると発表されてまだ数年なのに20年後には20億増えて90億人を超えると言われています。
その頃、日本の人口は現在の1億2千万人から9千万人まで減るだろうと言われています。その上、人口に占める65歳以上の割合が50%を超すようです。
人口問題は日本にとって大問題です。

先日、私どものお客様から相次いでご連絡がありました。
お一人は卵管に問題があり、第1子を体外受精と私どもの周期療法を併用して授かりましたが、第2子は私が自然妊娠を勧めた結果、先日無事に妊娠をされて「嬉しい」とお電話下さいました。
もう一人の方は、精子の問題があって顕微授精をされていましたが、治療のお休み中に体調を整えながら周期療法に取り組んで自然妊娠。「自然妊娠なんて信じられない」とやはり嬉しいご報告を下さいました。
まずは健康な体をつくること、体調を回復することが、妊娠、出産への早道ではないでしょうか。

世界の人口増は圧倒的に自然妊娠によるものです。
ご夫婦2人で力を合わせて、健康なお子様を授かることを願っています。
どうしても解決できない原因があれば、体外受精や顕微授精を検討されればよいのではないでしょうか。
まずは原点に戻り、夫婦仲良く楽しく生活して、タイミングを取って自然妊娠を目指しましょう!
子.子孫の繁栄はお二人にかかっているのです。
[PR]
by yakujudo | 2013-01-02 12:00 | タン先生の周期療法
妊娠準備の一歩とは
私は妻の子宮外妊娠による卵管摘出後の2年間や妻の体調の回復ができた時に再び妊娠できたこと、そしてその後4年間に4kgを超える3人の子どもたちを続けて出産できたこと。この実体験をきっかけに、長女の出産直前に再来日された、当時、北京同仁堂病院中医科主任医師の叢法滋先生より、中国医学と西洋医学を融合して考案された、”周期療法”を学び、現在もご相談に来店される皆様におすすめしています。

1988年9月からですから、早いもので20数年になります。
妻が不妊症に陥った当時は、特に不妊専門の病院はありませんでした。
自宅近くの産婦人科を受診、先生のおすすめで横浜の日赤病院で子宮卵管造影検査を受け、残った1本の卵管に通過障害がないことを確認。その後はクロミド、HMG、HCG、タイミング後は黄体ホルモンの補充で約半年治療を致しましたが、妻の体調が回復できず、朝はベッドから起き上がれず、足先も氷のように冷たく、疲れやすく、手術をする以前の体調とはほど遠い状態でした。
そこで妻は生まれ故郷の中国浙江省杭州市で400年続く中医師の第15代目にあたる何少山先生の診察を受けに帰国、その後は約1年半、毎月お手紙を出して何先生の指示をいただき薬を服用、1987年12月に届いたお手紙の「もうできるようになっているよ」という何先生の言葉通り、翌年の1月に妊娠が判明、順調に育って、10月に4250gの長女が誕生しました。術後2年間かかりましたが、すっかり健康を取り戻した妻は、その後いずれも4kgを超える長男、次男と2人の男の子にも恵まれ、4年間で3人の子どもを授かることができました。

この経験から私は、やはり健康な両親があって、健康な子どもを授かることができるということがよくわかりました。
今私どもへ不妊のご相談に来られる皆様は、タイミング、人工授精、体外受精、顕微授精と、各々に合った方法で妊娠を目指されています。
私は少しでも健康なお体を回復して、妊娠することをお薦めしています。

妊娠はまずはお体の準備です。
男性は元気な精子が豊富にある体、女性は元気な卵巣と温かい子宮、そして骨盤内が新鮮な血液で満たされていること、そのほか卵管や頚管粘液の問題が特になければ、大半の方は自然妊娠できるのです。
今、不妊で悩んでいる皆様は、ほぼ全員、ご両親から自然妊娠で産まれていると思いますが、いかがでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2012-07-01 10:00 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy