タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:漢方 ( 6 ) タグの人気記事
世界1位の不妊大国
日本では戦後の第1次ベビーブームで生まれた団塊世代(1947~49年、毎年260万人)、そして第2次ベビーブームの団塊ジュニア(1971~74年、毎年200万人)と、沢山の子どもたちがほぼ全員自然妊娠で産まれていた時代がつい最近までありました。

ところが、今や少子化と同時に不妊症の方が増加し、先日のNHKスペシャルで取り上げるほど大きな問題となっています。番組によれば日本は今や世界第1位の不妊大国だそうです。
2011年の出生数は前年比2万606人減の105万698人、統計をはじめた1947年以降でもっとも少なかったそうです。
105万698人のうち、体外受精で産まれたお子さんは約3万人。体外受精を受けた方は21万数千人だそうなので、残念ながら18万数千人の方は結果が出ていません。
実は私もこの数字を目にして、意外と実績は低いという印象を持ちました。
正直言って私はもっと多くの方が体外受精で成功されていると思っていました。

今、日本には世界一多い600を超える不妊専門クリニックがあります。3万人を600で割ると、1クリニックで年間50人ということになります。
 私が生まれた1949年は269万6638の子どもが誕生しています。2011年の2.56倍、日本の歴史上一番多くの子どもが産まれた年だと思います。
今どうしてこんなに子どもの数が少ないのでしょうか。

まずは晩婚、晩産化、結婚しない方の増加、経済的理由から子どもは一人でよいと思う方、子どもはいらない方、そして不妊症の方の増加などが原因でしょう。
当薬局へ不妊症のご相談に来店される方々は年齢が35~45歳くらいの方々が大変多く、ご両親たちは60~70歳前後で、ご自分たちがそれほど問題なく、自然妊娠されて子どもを少なくとも2~3人は授かっているので、息子さん、娘さんたちに子どもが出来ないことを不思議に思っている方が大変多いのです。
ご結婚が遅いことに加え、私の目からは男女とも健康でない方が増えています。
男性では精子の数が少ない、精子の運動率が低い、夜の性生活がもてない、女性では生理不順、未熟卵が沢山できてしまう、多嚢胞性卵巣症候群、内膜症、卵管の閉鎖や癒着、卵管機能の低下などいろいろな要因が関連していると思います。
私は皆さんが健康なご両親から誕生されているのですから、子どもを授かるためには、まずはお2人の健康を取り戻し、体の準備をすることが一番ではないかと思います。つまり、温かい子宮とよい受精卵、そしてお2人の条件によって、方法としてタイミング、人工授精、体外受精、顕微授精という手段を選択することです。

人間は500万年前から地球上に存在しています。今赤ちゃんをと思っている皆様のルーツは数十年、数百年ではありません。皆さまも私も、500万年前にルーツがあるのです。500万年前から基本的には自然妊娠を繰り返し、人口を増やして繁栄してきたのです。健康な体を取り戻し、沢山のお子さんを産むことが少子化問題の解決策なのではないでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2012-09-01 12:36 | タン先生の周期療法
周期療法について
このコラムは15年ほど前から、大手新聞社の情報誌に掲載していた”譚先生の漢方薬箱”の続編です。
いままでのものを詳しくお読みになりたい方、またはこのコラムの続きをお読みになりたい方は、私のホームページをご覧になって下さい。

私は30歳でこの漢方専門薬局を開局して、今年で34年目を迎えました。いろいろな年齢層の方々が、健康のご相談に来店されます。
来店される方々の中でもっとも多いのが、不妊症の方々です。
と言いますのは、私達夫婦には3人の子どもがおりますが、この3人を自然妊娠で授かる3年ほど前に妻は初めての妊娠で運悪く子宮外妊娠、その上に誤診つづきで緊急手術で左側の卵管を摘出。手術は成功したものの、手当てが遅かったために、しばらくの間、無排卵無月経に陥ってしまいました。

妻には大変気の毒なことをしました。
この後、住まいを店の近くの実家から、車で約30分ほど離れた住宅街に転居したのを契機に新居近くの産婦人科で、タイミング指導を受けることに致しました。
排卵誘発剤のクロミド、HMG+HCG注射、タイミング後は黄体ホルモンの内服と少し続けてみましたが、なかなか本来の体調が戻らないので、妻は生まれ故郷の中国浙江省杭州で400年、代々続く老中医の第15代目何少山先生の診察を受けに帰国、その後は毎月近況を伝えるお手紙を出してはご返事を待ち、漢方薬の服用を続け、地元の先生には誘発剤のクロミドをいただき、タイミング指導を受けることに致しました。

1年半ほど経った1987年の年末に、何先生の「もう出来るようになっている」というお手紙の通り、1988年1月に妊娠がわかり、同年10月に4250グラムで長女を出産しました。
その後はまったく、薬を服用することなく、病院のタイミング指導もなく、1989年12月に4000グラムの長男、1992年9月に4000グラムの次男が誕生しました。
私は人間の治癒力はすごいものだと感心致しました。

そして、長女の生まれる直前の1988年9月に、再来日された当時、北京同仁堂病院中医科主任医師の叢法滋先生より、中国医学と西洋医学を融合して考案された不妊症の新しい治療方法、”周期療法”をご教授いただき、それ以来私は赤ちゃんと望む多くのご夫婦の方々に、健康な体をつくり、健康なお子様が授かれますよう、おすすめしています。
[PR]
by yakujudo | 2012-05-06 15:00 | タン先生の周期療法
チャングムさんの中医学に思う中医学の物差し
 読者の皆様は、毎週土曜日、夜11時40分よりNHKで放映されている“チャングムの誓い”をご 覧になられていますでしょうか。実は私は偶然にこの番組を目にしたとき、最初は“冬ソナ”の時代劇 版でもやっているのかと思っていました。ところが、画面に生薬を入れる百味箪笥や、数々の生薬の原 品が映し出されているのを見て、この番組を見ることにしました。
 王様を中心とする周囲の方々の権力闘争と、皇室の方々の健康を管理する医官、主人公の医女チャン グムさんの復讐というストーリーですが、実は9月中旬に放送された、王様が病気になられた時のシー ンに私はビックリいたしました。

 王様が重度のご病気になられた場面で、3人の医官が診察の結果、王様は陽虚寒(正気が衰え、体が 冷え込んだ状態)と診断され、体を温め、正気を増す朝鮮人参を主剤とした附子理中湯(ぶしりちゅう とう)を服用いたしましたが、病状はまったく改善の兆しなく、日々悪化してしまいました。
 王様が発症する直前に、たまたま王様と同じ病状の方を見ていた医女のチャングムさんは、王様の病 状は陽虚寒ではなく、体の中に過剰な湿と熱のこもった湿熱状態なので、清熱燥湿作用のある、竜胆瀉 肝湯で対処すべきだと主張、医官の方々と協議して、医官がチャングムさんに診察をまかせました。
 結果としてチャングムさんの言うとおり、王様が危機を脱し健康を取り戻されましたが、テレビのお 話とはいえ、チャングムさんの医術のすごさに心から感銘いたしました。
 チャングムさんは、お薬の決定ばかりか、病状にあった食事、経絡の流れを改善するためのハリ治療 と、すべてをこなしてしまう、これが本当の漢方医の姿だと、テレビ画面を見て感銘いたしました。
 この番組は韓国のものですが、医術はすべて中国医学そのものでした。
 私は漢方薬、ハリ・灸の勉強を約40年やっていますが、チャングムさんの足下にも遠く及ばないと つくづく感じました。

 この王様の治療シーンを見て、現状の日本の漢方治療について、私は多くの疑問と心配をしておりま す。私は、西洋医学と中国医学を合わせた中西医合作による不妊症の周期療法をおすすめしていますが 、頭の中には、常に西洋医学の物差しと中国医学の物差しとの、2本の物差しを持って毎日仕事をして おります。
 たとえば、円柱の茶筒でも、上から見れば円形に、真横から見れば長方形に見えますように、見方を 変えると同じものが異なるものに見えると思います。
 漢方医学というのは、西洋医学の血液検査やCT撮影による病状判定による物差しと異なり、常に病 気の二面性を考える(たとえば、実熱、虚熱、実寒、虚寒)という物差しが必要なのです。この漢方の 物差しを考えて対処しないと、王様と同様、病状の悪化を招くおそれがあるのです。特に日本の漢方で いう「虚」は体の弱い人、「実」は体の丈夫な人という概念ではなく、「虚」は不足、「実」は過剰と いうことが大切な考え方です。「実」が体の丈夫な人をさすのであれば、「実」の人は永遠に病気にな らないはずです。

 先日、私の薬局へ不妊症のご相談にこられたお客様が、某有名病院で処方された四つの漢方エキス剤 を持参されました。当帰芍薬散、温経湯、大建中湯、柴苓湯(小柴胡湯合五苓散)です。これは、本当 に寒熱、虚実という物差しをお持ちで処方されたのか私は疑問を感じています。丁度10年ほど前世間 を騒がせた、“小柴胡湯の副作用問題”を再発させないようご注意いただきたいと思います。私は漢方 薬の乱用が大変心配です。
[PR]
by yakujudo | 2006-10-10 00:01 | 気になる話題
11月8日、年間300人目到達
 この原稿を書いております平成14年11月7日(木)までに、今年になって不妊症、不育症のご相談に来られました方々の内、計299名の方々から妊娠のご報告をいただきました。1月20名、2月25名、3月17名、4月40名、5月49名、6月29名、7月26名、8月32名、9月24名、10月27名、11月(7日まで)10名となっております。
 年頭、本年度は300名を目標にしていましたので、一両日中には目標を達成できるでしょう。11月、12月は毎年妊娠のご報告がピークとなる時期ですので、年末まであと何人の方々からご報告をいただけるか楽しみにしております。
 昨年4月にテレビ東京の”わっつ!! NEW”、10月にはオレンジページの”ベーネベーネ”に中国漢方と西洋医学の統合不妊症治療法である周期療法が紹介され、多くの方々がご来店くださり、不妊症に悩まれる多くの方々から妊娠のご報告をいただいて、この仕事をやっていて本当に良かったと思います。
 本年も12月1日発売の健康情報誌”しゃきっと”(ビジネス社)、12月10日発売予定の”すてきな奥さん”別冊”赤ちゃんが産みたい”(主婦と生活社)の2誌で周期療法が紹介されます。この情報誌をご覧になり、初めて周期療法を目にされる方も多いのではないでしょうか。
 ”しゃきっと”、”赤ちゃんが産みたい”、このホームページのバックナンバーや、不妊症、不育症の方々が参加されている掲示板をご覧になりますと、周期療法の詳細をご理解いただけるものと思います。
 この原稿を整理している11月8日(金)に、今年度300人目となる妊娠のご報告をいただきました。横浜市在住のKさん、42歳。8月9日より周期療法の薬を服用され、約3周期の服用で自然妊娠されました。無事出産されますこと、お祈りしております。
  (2002.11.27)
[PR]
by yakujudo | 2003-03-10 00:01 | タン先生の周期療法
不妊の原因は双方に問題がある場合が多い
 少子化が大きな問題となっていますが、子どもが少なくなるのは、子どもを生まないご夫婦が増えていると同時に、子どものできないご夫婦が急増しているからではないでしょうか。
 現在、私どもへご相談に来られている方々は男女とも35歳を中心に、男性では28歳から45歳まで、女性では28歳から43歳までの方々です。以前は奥様が主流でしたが、最近ではご夫婦で来られる方が多くなっています。一方に問題のある方が少なく、双方に問題のある方が大変多いのです。
 女性は、
 (1)不妊外来へ全く行ったことのない方
 (2)以前通院していた方
 (3)現在通院している方
 の3タイプです。
 通院されている方の中には、妊娠できずに人工授精、体外受精、顕微授精と進んで、体調をくずされている方も多いのが現状です。私はできれば自然に子どもに恵まれるよう、健康な男性、健康な女性を作るお手伝いをしていますが、人工的な手段をとる場合でも、やはり健康な体を作ることが一番の基本ではないかと考えます。体調が悪くては、どうやっても子どもはできないのではないでしょうか。
 男性には動・植物薬を配合した補精・補腎薬による精子の数・活動率の改善を、女性には周期療法による月経周期の健全化をおすすめします。薬の服用とともに、体を冷やすと機能は不活発になりますので、生ものや冷たいものを少なく、足腰を冷やさないよう、またアルコールの過飲は精(活力)を消耗するので、男性にはアルコールを少なくしていただいております。
[PR]
by yakujudo | 2001-05-10 00:01 | 不妊症解説
はじめに
私は漢方の勉強を始めて三十数年になります。いろいろな病気について勉強してきましたが、私がたびたび不妊症についてご紹介しておりますのは、十五年ほど前、結婚して間もなく、私の妻が子宮外妊娠をわずらい、体調をくずしたことがきっかけです。
 お腹を切ることなく、警友病院の甘先生にしていただいた内視鏡による手術のおかげで、術後の回復はよかったのですが、手術を受けるまでに二、三の病院で誤診され、体をこわしていた妻は、本来の体調にはほど遠い状態になっていました。
 そこで故郷の中国浙江省杭州の名医、何少山先生の診察を受けに行き、それから二年間、先生の指示通りの漢方薬を服用して体の回復に努めました。そのおかげで現在健康な三人の子供に恵まれました。
 そして十年ほど前に私は北京同仁堂病院主任、叢法滋先生の不妊治療を勉強する機会があり、その中で、中国医学と西洋医学をドッキングした中西医合作による最も新しい不妊治療法、周期療法を学ぶことができました。それ以来、月経周期の変化に応じて、薬の服用を変えて体を整えるこの方法を実践してきました。
 私が新聞などに連載しているコーナーで、周期療法をご紹介して二年ほど経過しましたが、読者の方々で百人以上が妊娠、出産され、お役に立てたことを本当にうれしく思っております。(2001.05)
[PR]
by yakujudo | 2001-05-01 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy