人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:漢方薬 ( 3 ) タグの人気記事
元気な体をつくって!!元気な子供を生んで!!元気な日本をつくろう!! その1
今年もたくさんの方々から、赤ちゃんのお写真付き年賀状が届きました。
ご一緒に写っているご家族の皆様の嬉しそうな笑顔を見ていると、私も大変嬉しく、今年も皆様のお役に立てますよう更なる精進をと、心に誓っております。
昭和39年生まれ、46歳の奥様からも、昨年11月に無事男の子を出産されたとのおハガキとお電話がございました。もちろん自然妊娠です。
もうお一方、昭和40年生まれ、45歳で1月6日出産予定の、自然妊娠の方がいらっしゃいます。現在、出産のお知らせが届くのを待っているところです。
1月末には、例年通り、店内のお写真をすべて貼り替える予定です。毎年、年初の私の楽しみです。

私は、妻の子宮外妊娠がきっかけで、25年前から不妊症にかかわるようになりました。
緊急手術は成功したものの、術後の体調がなかなか回復しないので、妻の生まれ故郷、中国杭州市の親戚に当たる老中医、何少山先生の診察を受けるために帰郷、その後は毎月先生に体調の変化をお知らせし、返信を待って、先生の御指示通りに漢方薬を1年半服用しました。「もう、赤ちゃんが出来る健康な体になっているよ。」というお手紙が1987年12月に届き、翌年1月末に、先生のお手紙の通りに妊娠しました。
手術後は無排卵無月経になっていた体調が回復したのを、実際に目の当たりにし、“凄い”ということを実感しつつ、長女が誕生、その後はお薬を服用することなく2人の男の子にも恵まれ、結局3人の子供を授かりました。
3人とも大変健康で、いずれの子も体重4kg以上で生まれ、特に大きな病気にかかることもなく、現在22歳、21歳、18歳にまで成長しています。

私は、不妊症のご相談に来られます皆様に、「健康な体をつくりましょう」「元気な体づくりをしましょう」と提案しています。
勿論、旦那様と奥様が“健康なお二人”でいらっしゃるからこそ、健康なお子様を授かることができると、私は自らの体験を基にお話をさせて頂いております。
私のこのような考え方を、皆様はどう思われますでしょうか?

私は、妻の2年にわたる不妊治療を見ていて、妊娠は体の準備とタイミングが一番大切なことだと感じました。
元気な体で元気な子供を授かり、元気なお母さんが育てる。私の一番の目標です。
また、精神的な面も大事です。焦らず、毎日を楽しく過ごすこと。
お休みの日は映画を観に行ったり、ショッピングに行ったり、外食したりと、お二人の時間を大切にして下さい。
赤ちゃんが誕生して、お二人で楽しくデートしていたことが懐かしく思えるような時が、きっと訪れます。
焦らず、お互いにプレッシャーをかけないことです!!
by yakujudo | 2011-03-03 03:24 | 不妊症解説
不妊症に使う薬、山茱萸について
 先日、読者の方から、山茱萸(さんしゅゆ)という漢方薬はどういうものでしょうか?というご質問をいただきましたのでお答えしたいと思います。

 山茱萸は、皆さま良くご存じの漢方薬『八味丸』(八味地黄丸も同じものです)を構成する生薬の一つです。八味丸は八味とありますように、熟地黄(じゅくじおう)、山薬(さんやく)、山茱萸(さんしゅゆ)、沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんぴ)、桂皮(けいひ)、附子(ぶし)という八つの生薬から構成されています。補陰(ほいん)、補血(ほけつ)という滋養作用を持つ主薬の熟地黄を補佐する目的で、滋陰作用と消耗を防ぐ作用を持つ山茱萸が配合されているのです。
 固渋薬(こじゅうやく)に分類される山茱萸は、『漢薬の臨床応用』(中山医学院編)には、ミズキ科山茱萸の果実を乾燥したもの(核をとって果肉を用いる)、味は酸・渋、性は微温、薬理作用は補益肝腎、渋精(じゅうせい)、斂汗(れんかん)と記載されています。
 老化に伴う頻尿、夜間尿、耳鳴、腰や膝のだるさ、痛むときには熟地黄や山薬を配合し、インポテンツや早漏には鹿茸(ろくじょう)や補骨脂(ほこつし)などを配合するとあります。

 私が不妊症に使用するお薬のうち、補腎補精の薬には、山茱萸は必ずといって良いほど配合されていますが、山茱萸は主剤ではなく、補佐する薬です。私の約40年の経験上、単味で山茱萸を不妊症の薬として試用したことはまったくございません。私の中国の恩師の方々もまったくないと聞いております。
by yakujudo | 2006-06-10 00:01 | 漢方のお話
不妊症周期療法は人それぞれの症状ごとに
 先日私どもへご来店くださいましたお客様から”先生の不妊症周期療法では、皆さままつたく同じ漢方薬を飲んでいると、インターネットの掲示板に書き込んでありますが本当ですか”とご質問を受けました。私は”いいえ”と答えまして、以下のようなご説明をいたしました。
 同じ漢方薬の配合を服用されている方もいるし、状況に応じて処方の内容を変えなければならない時や、他の薬を加えなければならない時、また服用法を変えなければならない時や周期療法では対応できないので他の方法をとる時などいろいろです。
 例えば生理痛のある方、卵管の通りの悪い方、体温の上昇の悪い方、高プロラクチン血症の方、アトピー性皮膚炎の方、流産直後の方、内膜症・子宮筋腫ある方、無排卵、無月経の方、月経周期の悪い方、また医師のホルモン療法や人工授精、体外受精、顕微授精などを受けている方などは、治療をされている状況の変化をお聞きしながら周期療法の薬や服用方法を変更しないと対応できないのです。
 私の店のスタッフたちは、いろいろなご質問が電話やフアックスでよせられ、それぞれに私が対応していることをよく承知しております。私は周期療法を十数年やってきております。基礎理論は同じでも対応はいろいろです。私のやっている周期療法は、私の経験を積み重ねてきたものです!!
 今後も精進を重ねて、ご期待にそえるよう頑張りたいと思っております。
by yakujudo | 2002-10-30 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy