人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:温かい子宮 ( 3 ) タグの人気記事
人もトリも巣作り次第
 5月から6月にかけて、皆さまのお住まいのお近くにも、例年通り燕がやってきたでしょうか。
 私は横浜市内の住宅地に住んでおりますが、今年も最寄りの駅構内に燕が巣作りをして、産卵、孵化、雛を育てて、再び南の空へとかえってゆきました。小枝や土で作られた巣は、構内の天井近くの壁に張り付くようにしてありますが、時にはもろくも崩れてしまうこともあるので、最近は駅員さん達が、巣箱が壊れないようにと板を張って補強しています。やさしい人たちの手助けのおかげで、燕も安心して子育てができますので、来年もこの場所に戻ってくるでしょう。楽しみです。

 もうひとつ、私の家から歩いて1分程のところに、緑に囲まれた大きな公園があります。公園には20m位に伸びた高い木もたくさんる中で、下からは見づらい木のテッペン近くに、少し大きめの木の枝で作った巣の中でカラスが雛を育てています。大きくなった雛が巣立ちの準備に木の低いところまでおりてきて、人を恐れることなく枝にとまっているのを見て、この近くの木の上の方にカラスが巣作りをしていることに気付きます。近くに親カラスが必ずこちらを見て警戒しているので、子カラスに手を出すのは禁物です。
 実は以前、私どものお客様で、妊娠初期に自転車走行中、子育て中の親カラスに背後から襲われ、転倒してケガをし、救急車で運ばれて入院、赤ちゃんを流産してしまったという悲しい事件がありましたので、この事件以降、妊娠初期の方々には、自転車に乗らないよう、カラスには注意をするようお話をしております。

 今回このコラムで、燕とカラスの巣作りと子育ての話を紹介いたしましたのには訳がございます。 私は不妊症のご相談に来られます方々に、いつも温かい巣箱と卵の話はたいへんわかりやすいと、ご好評をいただいていますので、今回ご紹介させていただきます。

 皆さまから10mほど先の木の上に三つの巣箱があるとしましょう。遠目に見るとどれも同じ大きさで同じように見えても、近くに寄って見てみると、一つめはワラできれいに編んだ温かい巣箱、二つめは、ワラと小枝でできた冷たい巣箱、三つ目は太めの枝でできた冷たい巣箱です。よい卵が育つのは一つめの巣箱で、二つめ、三つめの巣箱では、どんなによい卵を置いても不安定ではないでしょうか。人間も同じで、きれいな血液で満たされた温かい子宮に、旦那様の元気な精子と奥様の質の良い卵子からできた、グレードのよい受精卵が着床して、安定して妊娠が継続できれば、元気なお子さんを元気なお母様の腕に抱いていただけるものと思います。
 子宮外妊娠のため、卵管を1本摘出後、一時手当の遅れから体調を崩した私の妻が、周期療法のお薬を服用して体調を回復、自然妊娠で3人の健康な子どもを授かることができました。私は妊娠は健康な身の準備こそが大切だと痛感いたしました。自らの体験があるからこそ、皆さまに周期療法をおすすめできるのです。

 6月より薬寿堂のホームページが始まっております。四季に応じたお食事とレシピも公開しております。日頃の皆さまの健康に役立つ情報を、今後もどんどん出してゆきたいと考えております。
 第1回の雲南省昆明の昼食をアップいたしました。次回は7月20日過ぎに夏を健康に過ごすための食事5品を、写真、レシピ付きでご紹介できますよう、現在準備中です。
by yakujudo | 2007-08-10 00:01 | 不妊症解説
子宮、卵巣、骨盤内の血流の良さが大切
 周期療法のお薬を服用される方々からお受けするご質問の中で多いのが〝先生、私はいつ妊娠できるでしょうか?〟〝この薬を飲めば必ず妊娠できますか?〟〝こちらを紹介してくれた友達は薬を飲んだらすぐ妊娠できたのですが、私もすぐ妊娠できますか?〟等です。
 私の答えは、〝私にはいつ妊娠できるかわかりません。この薬を飲んだら妊娠できるということではありません。お友達とあなたが同じ期間で妊娠できるかどうかはお答えできません。なぜなら、残念ながら私どものお薬には、精子は配合されていないのです。でもお体の準備、つまり旦那様と奥様の準備ができて、タイミングが合えば、必ず結果が出るのですよ。〟というものです。

 私の考える妊娠は、よい受精卵と温かい子宮を準備するということです。よい受精卵は、旦那様の精子と奥様の卵子からできるもの。男性の場合、精子の数や活動率、直進率は肉体疲労や精神疲労に大きく影響を受けるのです。いつでもよい状態という方は少なく、検査の結果が変動する方がたいへん多いので、一回の検査で判断できませんから、日頃からコンディションを整えることが必要です。
 また、女性の場合、温かい子宮は新鮮な血液が常に供給されていて、妊娠から出産に到るまで継続できるというものです。子宮や卵巣は下腹部に位置するものですが、子宮や卵巣の血流だけではなく、骨盤内の血流がよい状態に保たれることが大切だと考えています。骨盤内の血流がよければ足もとへの血流もよく、今年のような寒い冬でもそれほど足先の冷えない体になるのです。
by yakujudo | 2005-08-10 00:01 | 不妊症解説
赤ちゃんはいつ? まず温かい巣づくりを
 不妊症のご相談にこられる方々に多いご質問で、「先生、私はいったいどれ位の期間で、赤ちゃんができますか?」というものがあります。私は「おすすめしている周期療法で、3~6カ月位で妊娠されている方々が多いけれども、正直言ってわかりません。奥様の身体がととのえばできるというものでもないし、旦那様の協力も必要ですし、お二人の身体がととのっていても、やはりいつということはわからない」とご返事しております。

 2月におみえのT区Yさん(32歳)や、4月におみえの東京都S区Sさん(38歳)のように、タイミングよく、周期療法の高温期のお薬、10日間を服用して妊娠された方もあれば、98年10月より、3度の流産を経験されて、本年5月20日に、無事女の子を出産されたA区Aさん(35歳)のような方もおられます。YさんとSさんは周期療法の最短記録で、Aさんの2年8カ月は最長記録です。

 私はいつも奥様方に申し上げているのは、赤ちゃんを運んでくるコウノトリが、いつ飛んできてもよいように、身体の準備をととのえておこうということなのです。折角コウノ鳥が来ても、巣箱となる“温かい子宮”を常に用意しておかないと、コウノトリは赤ちゃんをおろさず、飛び去ってしまうでしょうし、不充分な温かさの子宮では、流産したり、身体の弱いお子さんが生まれたり、子育てをする奥様自身のお身も、健康を維持できないのです。
by yakujudo | 2002-06-20 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy