タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:少子高齢化 ( 7 ) タグの人気記事
あの頃のことを覚えていらっしゃいますか?
赤ちゃんを望まれている皆様は、ご両親からどのようにして誕生されたかお考えになったことはございますか?
ほとんどの方々がご両親から自然妊娠で生まれてきたと思いますが、いかがでしょうか。
妊娠.出産は健康な体の準備が一番です。
男性は元気な精子が豊富にある体です。女性は元気な卵子、元気な卵巣、そして血流の良い暖かい子宮の持ち主であること。そしてお互いに良いコンディションで排卵近くにタイミングをとり、元気な精子と卵子が出会い、元気な受精卵が温かい子宮に着床して安定して育ち、無事健康な赤ちゃんが誕生して、ご両親の腕の中に抱かれることです。

人間が地球上に誕生して、約700万年経つそうです。
現在に至るまでその数が増え、72億人全世界にその分布が広がったということは、基本的には自然妊娠を繰り返して繁栄してきたのだと思います。
それでも、不妊の方がおられたのでしょう。今から約200年前に人工授精が考案され、37年前には体外受精という方法が考えだされたのです。
どちらもイギリスで考えられた方法です。
最近の36年間で、体外受精は全世界で約500万人の赤ちゃんが誕生したと言われています。すばらしいことです。
一方自然妊娠は少なく見て、1年間で5000万人、36年間で18億人誕生しているのです。
しかし実際は18億人よりずっと多いと私は思っています。

日本は今年戦後70年を迎えました。
戦後失われた人口を回復させようと「生めよ!増やせよ!」と檄を飛ばした結果、多くの子ども達が生まれました。1949年生まれの私もそのうちの1人です。
昔は檄を飛ばせばそれに応えて国民の皆さんが頑張って子供を産み、育ててくれる時代だったのでしょう。
1947年から1949年の3年間の第一次ベビーブームに約800万人、続く1950年から1952年の3年間で750万人、その後はしばらく年150万人前後でしたが、1971年から1974年の4年間の第二次ベビーブームで再び800万人の子どもが誕生しました。
実に子どもの多い時代が続きました。

出生率.出産数が減少するキッカケは、1975年に起こった第一次石油ショックです。
若い方達の中には、昔を回想するテレビ番組でも観たことがあるかもしれませんが、スーパーや商店からトイレットペーパーや洗剤が消えてなくなり、社会が一時パニック状態に陥ったことがありました。
この年からその後40年間、日本の出生数は年々減少しているのです。
一度下がった出生率はなかなか回復しないのです。その上最近では晩婚化がすすんでいるのです。
このまま進むと日本の少子高齢化は大変深刻な事態になるのではないでしょうか。

私はたくさんの子どもが生まれていた昭和30 - 40年代と現在を比較して何がどう違うのか検討してみると、何か解決策の良いヒントがあるのではないかと思っています。
元気でかわいい赤ちゃんを、皆様 授かって下さい!!
[PR]
by yakujudo | 2015-03-20 12:30 | 漢方薬箱
元気な高齢者やシニア世代の方々が増えています
少子高齢化社会の日本では、それは大変喜ばしい事です。
しかし一方、少子化は日本の将来にとって今以上に大きな問題になります。

中国では約30年間続いた一人っ子政策の間も、年間約1800万人の子どもが生まれています。
それでも若者層を増やす為に政策転換をはかり、今後は毎年3000万人前後の子どもが生まれてくると思います。
一方の日本の少子化はいつからはじまったと思われますか?
第二次ベビーブームの4年間で約800万人の子ども達が生まれた直後の1975年から出生数.出生率共に低下しはじめ、今年で約40年間も続いているのです。
1975年の出生数160万人から20年かけて減少し、1995年には120万人、さらに20年かけて現在は約100万人前後まで出生数が減少してしまったのです。
その上、晩婚化、出産の高齢化となり、5年前から体外受精の補助金制度なるものも出来ました。
しかし補助金制度は、少子化を根本的に解決する方法にはならないのではないでしょうか?
体外受精という方法のない時代に、たくさんの子ども達が主に自然妊娠で生まれているのです。

日本では昔から結婚適齢期という言葉がよく使われていました。
戦後、団塊世代の1人として生まれた私の若いころも、早い方では20~25歳、平均的には25~30歳、少し遅い方でも30~35歳までには、大半の方々は結婚され、第一子を授かり出産されていたと思います。
いつの頃からでしょうか、日本で適齢期という言葉が死語になってしまったのは?

66歳になった今、人の一生を振り返った時、適齢期という言葉は実に的確な言葉だと私は思います。
多くの方々が適齢期に結婚された時代は、生まれてくる子供たちも多く、不妊症の方は少なく、今のように大きな社会問題になる事はなかったのです。
私は日本で生まれ育った中国人華僑ですが、大陸に暮らす中国人にとっては今も昔と同様に、適齢期という言葉は生きています。決して死語にはなっていないと思います。
今中国では、一人っ子政策で生まれた子ども達が正に現在30歳前後の結婚適齢期ですので、中国で生まれ育った私の妻のタブレットには毎日のように中国の友人や同級生達、そして親戚から娘や息子達の結婚式の写真、生まれた孫たちの写真が次から次へと送られてきます。

最近日本では、少子高齢化に続いて、男女共同参画社会や子育て支援が話題になっています。
中国では以前から男女共同参画社会です。ご夫婦共働きの方がほとんどです。でも日本のように疲れ果てているご夫婦は見たことがありません!
個人で事業をされている方々にとっては定年はないのですが、一般の会社や役所にお勤めの方々は、男性は60歳、女性は55歳が定年です。
定年後は皆さん年金暮らしに入ります。
日本のように60歳定年を延長して65歳、70歳まで働く、年金の受給を延期する、年金を減額するというような話は余り聞いたことがありませんので、皆さん定年でリタイアし、その後の人生を楽しく暮らすと決めている方が大変多いのにはビックリします。
子育て支援は退職された主におじいちゃん.おばあちゃんの役目です。
ただし大きい会社や工場には託児所が整っているところも多いのです。
[PR]
by yakujudo | 2015-02-20 12:47 | 漢方薬箱
旦那様は奥様の立場に立って
皆さんは健康なご両親から健康なお体で生まれてきたと思いますがいかがでしょうか?赤ちゃんを望んでいる方々には是非とも元気な赤ちゃんを授かってほしいと思います。

私たち夫婦も最初の妊娠で残念なことに子宮外妊娠してしまい、卵管を一本摘出後、約2年間かけて体調の回復に努め、無事自然妊娠し、4年間で3人の4㎏を超える健康な子ども達を授かった経験を持っています。ご夫婦二人の健康があってこそ、健康な赤ちゃんをコウノトリは運んでくるのです。皆さんのご両親、祖父母も、そしてご先祖の方々も、代々健康なお身体を引き継いで、今の皆さまが生まれてきたはずです。

日本では戦後の1947年から49年の第1次ベビーブームで毎年260万人、続く71年から74年の第2次ベビーブームでは毎年200万人を超える新生児が生まれてきた歴史を持っています。その当時は体外受精は皆無で、多くの方々が自然妊娠で出産されています。第2次ベビーブーム以後、新生児が毎年徐々に減少していて、今では毎年105万人前後にとどまっているのです。最近3年間では、第1次ベビーブームで生まれた方々(私も含む)が65歳を迎え、約800万人の方々が老人の仲間入りをしているのに対し、新生児は約315万人、その差は実に485万人です。今後も約25年間、毎年150万人から200万人の方々が65歳を迎えるので、日本の少子高齢化は今後爆発的に新生児の誕生がない限り、今の現状では改善することのできない、近い将来の日本にとって避けることのできない大問題です。

妊娠は旦那様の元気な精子と、奥様の元気な卵子からできる良い受精卵と、この受精卵が着床して安定して育つ温かい子宮が必要です。以前は妊娠は自然妊娠か人工授精でしたが、2010年にノーベル医学生理学賞を受賞された故ロバート.エドワーズ先生が研究された体外受精や顕微授精という方法で、卵管に問題のある方、精子に問題のある方、受精障害のある方々にも、妊娠できるチャンスが拡大されました。これは本当に素晴らしいことです。

妊娠するための方法はいろいろと増えましたが、やはり妊娠の根本はよい受精卵と温かい子宮の準備ではないでしょうか。妊娠は当面の目標ですが、妊娠が安定して継続でき、無事に元気なお子さんを出産し、ご両親の腕の中に抱いていただくことが、一番の目的であり、喜びです。

妊娠.出産はまずはご夫婦の協力が必要です。お二人でよく話し合って方法を選択されることです。私たち夫婦も外妊の手術後1年を経過したときに、2人でじっくり話をしたことを今でもよく覚えています。その話し合いが妻の心の重圧を軽くできたそうです。妊娠は男性より女性の方に大きな心と体の負担が掛かるものです。男性の方々、一度奥様の立場に立って考えてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2013-11-05 16:30 | タン先生の周期療法
豊かになってなぜ人口は減少?
 7月に行われた参議院議員選挙の際、テレビに出演されていた候補者のお一人が、「今後、日本の人口は、毎年約80万人の減少が予測されています」と話されていました。将来このお話が事実となれば、15年後には1200万人の減少となり、現在の日本の総人口の約1割の減少となり、少子高齢化はすごいスピードでやってくるのです。この人口減少は、皆さまが心配されている年金、医療、介護ばかりか、日本経済に大きな影響を及ぼすことは必至と思います。予測されるこの人口減少を解決する最良の方法は、いうまでもなく、女性の方々に一人でも多くの元気な赤ちゃんが授かることです。
 私は俗にいう団塊世代で、戦後のベビーブームに生まれました。私の両親も含め、団塊世代の親たちは現在80歳前後になられていると思いますが、昭和20 年代前半は終戦後間もない頃で、現在に比べて食糧事情も生活環境もひどく悪かったはずなのに、たくさんの子どもが誕生しているのです。 小学校、中学校、高校とすべて公立学校へ通学していましたが、いつもクラスメイトは60人近く、教室の後ろまで生徒でいっぱいでした。先日、中学三年生の次男に「君のクラスは今何名くらいいるのか?」とたずねましたら、「ぼくのクラスは30人くらいだ」と答えが返ってきました。私のクラスの半分の人数が今のクラスとはとびっくりしてしまいました。私は3人兄弟ですが、私の級友達も皆さん沢山のご兄弟をお持ちでした。3人兄弟は普通で、多い方では6~7 人、中には10人を超える方もおられました。おそらく一人っ子の方はなかったように思います。今私の息子の友達は、3人兄弟は珍しく、二人兄弟の方が多く、一人っ子という方もたくさんおられます。残念ながら望んでも次の子を授かれなかった方、出産してもその後の子育てと教育を考えると経済的負担が大きそうなので次の子を断念された方、はじめから決めておいた人数以上は産まないという計画出産の方も多いと思います。
 出産されるお子さんの数の減少と共に、不妊症の方の増大で、なお一層少子化が進んでいるというのが、日本の現状と言うことではないでしょうか。私や私の親たちの年代の者は、この現状を見て「こんなに豊かな時代になっているのにどうして!」とすごく不思議に思っている方は多いでしょう。

 私は22年前、妻が最初の妊娠で子宮外妊娠、緊急手術で卵管1本を無事に摘出したものの、発見の遅れから体調を崩し、排卵ができなくなったため、自宅近くの産婦人科で誘発剤のクロミドをいただき、2年間タイミング指導を受けました。また、体調の回復のために妻の生まれ故郷、中国淅江省杭州市で16代、 400年間続く親戚の老中医何少山先生(周期療法を考案した夏桂成先生のご友人)のご指導で漢方薬を1年半併用しました。何先生から「もうできるようになっている」というお手紙が届いた翌月、体調を回復した妻がお手紙の内容通り妊娠、10月に4250gの長女を出産致しました。その後はまったくお薬を服用することなく、体調を回復した妻は、4000gを超える男の子二人を出産致しました。私は西洋医学、中国医学の両方のすばらしさを実体験しました。
 丁度20年前、長女が産まれる前日の9月12日、再来日された北京の叢法滋先生から周期療法のお話をうかがったとき、中国医学で体調を回復、妊娠した妻を見ている私は、その瞬間から周期療法を勉強しようと決めました。

「健康な子どもは健康な両親から授かるものです」

 最近、このコラムから発信した周期療法が全国的に有名になっていると私の耳に入ってきます。日本で最初に周期療法を実践したのは私です。
 私、「譚先生の周期療法」は、何少山先生と叢法滋先生の経験と理論を合体させたもので、私独自のものです。
[PR]
by yakujudo | 2007-10-10 00:01 | 気になる話題
必ず二人の健康な体が必要
 最近、少子高齢化が社会問題になると同時に、不妊症の方の増加も話題になっています。私は昭和24年(1949年)生まれ、俗にいう団塊の世代ですが、私を生んだ母の年代も私の年代も、現在のように食物があふれている時代ではなくむしろ食物の少ない時代でしたが、周囲の友人たちから〝不妊〟という言葉はあまり耳にしなかったように思います。
 私どもへ不妊のご相談に来られます方々は、男女とも20代後半から40代半ばの方々が多く、世にいう団塊ジュニアの方々がメインです。食糧事情の良い時代に育っているので体格がよく、外見上は健康に見えるのに実際は半健康体の方が多いと思われます。
 妊娠には旦那様の元気のよい精子と奥様の成熟度のよい卵子からできる、グレードの高い受精卵と、この受精卵が着床し安定して育つ、新鮮な血液で満たされる温かい子宮が必要です。安定した状態を保って出産まで到達できれば、奥様の腕の中に元気な赤ちゃんを抱くことができるのです。
 私との話の中で、検査を受けられた結果を見せ、〝ぼくが良くて悪いのは彼女の方〟、逆に〝私はよくて彼が悪いからできない〟とおっしゃるご夫婦がおられますが、私は妊娠は一方だけがよければできるものではなく、必ず二人の健康な体が必要なんですよと、よく話しております。
 また妊娠は、精神的なことも大事で、毎日楽しく暮らしていると、ホルモンの分泌もバランスもよくなるのです、とも話しております。
[PR]
by yakujudo | 2007-04-10 00:01 | 不妊症解説
子供は1人といわずに2人、3人と
 日本の将来にとって一番の問題は“少子高齢化”だと私は思います。ピラミッド型の人口構成ならば安心して高齢者の方々を支えることができます。でも逆三角形の人口構成では不安定なのは当然のことです。
 中国では長年“一人っ子政策”で人口増加を抑えてきましたが、やはり人口構成の高齢化もあり、最近では“一人っ子政策”が緩和されはじめていると聞きます。ですから、最近の発表では人口が13億人を越えて増加の方向へ向かっているのではないでしょうか。

 今の日本では、国策で“一人っ子政策”をとっているわけではないのに、2人目、3人目を生まないご夫婦はたいへん多いと思います。やはり子供の教育費や生活面での負担が大きいからではないでしょうか。

 私どもへご相談に来られます方々のうち、第一子をご希望される方は約90%、残り10%くらいの方々が第二子、第三子ですが、中には第四子のご希望で来られる方もあります。私は是非とも沢山のお子さんを生んでほしいと思います。我が家も3人の子供がおります。私も妻も3人兄弟です。子供たちに聞くと3人兄弟はたいへん楽しいと答えます。
 私たち夫婦は順調に3人の子供を授かったのではありません。妻は結婚後まもなく妊娠できましたが子宮外妊娠し、その発見が遅く卵管を1本切除致しました。その後約2年半、排卵障害に陥り、お医者様からクロミドをいただき、同時に周期療法で体調をととのえ第一子を授かりました。第一子を出産後は、本来の順調な身体に戻り、その後はお薬を服用することなく子供を授かることができました。3人とも体重4kg以上で生まれ、現在17、16、13歳となっています。健康そのものです。
[PR]
by yakujudo | 2005-05-10 00:01 | 気になる話題
健康な子どもは健康な両親から
 21世紀は少子高齢化がさらに加速されることでしょう。これから誕生されるお子さん達は、家族の宝であるばかりか、日本の宝だと私は思っております。だからこそ健康な子どもを授かることは私の願いです。健康な子どもが生まれるには、まず健康な体を持っているご両親が必要です。
 中国医学では、「先天の精(腎精ともいう)」といって、両親から受け継ぐ生命エネルギーを豊富に持って生まれるか、否かが、誕生した子どもの成長を左右するものと考えます。腎精が多いほど、丈夫な骨や歯を形成できるので、しっかりした骨格を持つことができ、脳の発達にもよいのです。
 次に、生後に腎精を補うのは、脾(胃腸や膵臓などの消化器)と肺(呼吸器)です。脾から吸収される食物の栄養と、肺から吸収される空気が結合して「後天の精」を形成して、先天の精の不足を常に補充して体の成長が進むものと考えます。  腎精が多く、脾と肺の丈夫なお子さんは元気がよく、腎精が少なく脾と肺の弱いお子さんは虚弱ということになります。また、本来腎精が多く丈夫な体を持っていても、冷たい飲みものをとり過ぎて脾をこわしたり、風邪をこじらせて肺を弱くしてしまうと、虚弱な体質になってしまうのです。
 私のおすすめしている周期療法や動物生薬を含む補腎薬は、健康なご夫婦をつくる大変よい手段と、私は確信しております。
[PR]
by yakujudo | 2001-05-30 00:01 | 漢方のお話
Powered by Yakujudo Pharmacy