タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:妊娠 ( 21 ) タグの人気記事
旦那様は奥様の立場に立って
皆さんは健康なご両親から健康なお体で生まれてきたと思いますがいかがでしょうか?赤ちゃんを望んでいる方々には是非とも元気な赤ちゃんを授かってほしいと思います。

私たち夫婦も最初の妊娠で残念なことに子宮外妊娠してしまい、卵管を一本摘出後、約2年間かけて体調の回復に努め、無事自然妊娠し、4年間で3人の4㎏を超える健康な子ども達を授かった経験を持っています。ご夫婦二人の健康があってこそ、健康な赤ちゃんをコウノトリは運んでくるのです。皆さんのご両親、祖父母も、そしてご先祖の方々も、代々健康なお身体を引き継いで、今の皆さまが生まれてきたはずです。

日本では戦後の1947年から49年の第1次ベビーブームで毎年260万人、続く71年から74年の第2次ベビーブームでは毎年200万人を超える新生児が生まれてきた歴史を持っています。その当時は体外受精は皆無で、多くの方々が自然妊娠で出産されています。第2次ベビーブーム以後、新生児が毎年徐々に減少していて、今では毎年105万人前後にとどまっているのです。最近3年間では、第1次ベビーブームで生まれた方々(私も含む)が65歳を迎え、約800万人の方々が老人の仲間入りをしているのに対し、新生児は約315万人、その差は実に485万人です。今後も約25年間、毎年150万人から200万人の方々が65歳を迎えるので、日本の少子高齢化は今後爆発的に新生児の誕生がない限り、今の現状では改善することのできない、近い将来の日本にとって避けることのできない大問題です。

妊娠は旦那様の元気な精子と、奥様の元気な卵子からできる良い受精卵と、この受精卵が着床して安定して育つ温かい子宮が必要です。以前は妊娠は自然妊娠か人工授精でしたが、2010年にノーベル医学生理学賞を受賞された故ロバート.エドワーズ先生が研究された体外受精や顕微授精という方法で、卵管に問題のある方、精子に問題のある方、受精障害のある方々にも、妊娠できるチャンスが拡大されました。これは本当に素晴らしいことです。

妊娠するための方法はいろいろと増えましたが、やはり妊娠の根本はよい受精卵と温かい子宮の準備ではないでしょうか。妊娠は当面の目標ですが、妊娠が安定して継続でき、無事に元気なお子さんを出産し、ご両親の腕の中に抱いていただくことが、一番の目的であり、喜びです。

妊娠.出産はまずはご夫婦の協力が必要です。お二人でよく話し合って方法を選択されることです。私たち夫婦も外妊の手術後1年を経過したときに、2人でじっくり話をしたことを今でもよく覚えています。その話し合いが妻の心の重圧を軽くできたそうです。妊娠は男性より女性の方に大きな心と体の負担が掛かるものです。男性の方々、一度奥様の立場に立って考えてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2013-11-05 16:30 | タン先生の周期療法
嬉しい妊娠.出産のご報告
この仕事をしていて一番嬉しいのは妊娠、出産のご報告を頂いた時です。
今回は最近頂いた2通のお手紙をご紹介します。

「昨年の今頃、通院していたクリニックにて内膜症がひどいため妊娠は難しいと言われ、落ち込んでいた時、先生のホームページに出会いました。
先生とお会いして『内膜症だって赤ちゃんは出来るから大丈夫』と話して励ましていただき、とても元気になれました。
周期療法を始めてすぐに妊娠がわかり、主人とも本当に良かったと喜びました。
雨の日に薬局に伺うと『こんな雨の日は暖かくして家でお茶でも飲んでいなさい』と笑顔で話してくださり、先生の優しさに心癒されました。
娘は4カ月になり、笑顔も多くすくすくと成長しています。
落ち着きましたら娘とともに先生に会いに行きたいと思いますのでよろしくお願い致します。本当にありがとうございました。」

「私は結婚して1年子どもができず、もうすぐ30歳というあせりから病院へ行きました。
色々な検査をした結果、一つ問題があり、『自然妊娠は難しい』とのこと。旦那も職業柄出張が多く、排卵日に家にいないこともあったので、『少しでも確率が高いなら』と迷わず人工授精を行うことにしました。
しかし病院は平日しか空いていないし、旦那は4時半や5時に出勤しなくてはいけない日も多く、もらった精子を温めたり、自分の出勤時間をずらしてもらったりと、とても大変でした。注入するのも痛くて辛い思いもしました。
人工授精を行えばすぐに子どもができると思い、我慢していましたが、大間違い!なかなか妊娠することなく、回数を重ねるたびに下がっていく確率に不安な毎日を過ごしていました。
その頃はグレープフルーツジュースが良いと聞けばそれを飲み、ザクロジュースが良いと聞けばそれにすがり...体外受精をするかどうか話し合ったこともありますし、子どもができないことをお互いのせいにして大ゲンカしたこともありました。
そんなある日出会ったのが譚先生でした。先生の本を読んで気持ちがスーッと楽になりました。
その月は思い切って人工授精をしないことに決め、2人の時間を楽しみました。
すると次の月…なんと妊娠していることがわかったのです。病院の先生もびっくり。
その後もつわりもなく、何の問題もなく、先月無事に女の子を出産しました。
先生、本当にありがとうございました。」

赤ちゃんを待ち望んでいる皆さまが一日も早く元気な赤ちゃんを授かることを心から祈っています。
[PR]
by yakujudo | 2013-09-01 08:10 | タン先生の周期療法
東日本大震災と、それに続く原発事故に思う
皆様におかれましては、東日本大震災の被災はございませんでしたでしょうか、お見舞い申し上げます。

3月11日の地震はすごかったですね。私は横浜で生まれ育って62年間、こんなに大きな地震は初めてです。
以前から心配されていた東海沖地震がとうとう来たのかな、と思いました。
まさか、震源が東北から茨城沖という広い範囲とは予想もしませんでした。後になって考えますと、それ以前に同震源域で中程度の地震が頻繁に起こっていたことが思い出されます。

大地震、そしてその後の大津波で多くの町が、まるで空爆にでも遭ったかのような壊滅状態になっているのをテレビ画像で目にして、非常にショックを受けました。
どこの町も瓦礫の山と化し、約3万人もの方々が死亡あるいは所在不明となってしまい、真に残念です。
実は、私の仕事の関係者が千葉県から青森県の太平洋沿岸に移り、薬局を経営されていて、その方々が住んでいらっしゃった地域の町々が津波で跡形も無く流されてしまいました。
音信不通が続き大変心配しておりましたが、地震から2週間が経過した3月25日に、その内2名の方の安否確認が取れ、少しだけほっとしました。

この地震に続いて福島の原発事故、本当に心配です。
毎日発表される情報なども二転三転しますし、いったいどこまで安全でどこまで危険なのか、本当のところの正確な情報を知りたいと願うばかりです。
汚染された水なども「海に流しても心配ない」などと言ってますが、私にはとても信じられません。
汚染された魚、奇形の魚でも網にかかったら、どうするのでしょうか。
それから対処すれば間に合うという問題ではない筈です。
一日も早く、終息して、放射能汚染の無い安全な日本に戻って欲しいです。

人間は生きていく上で、おいしい水、おいしい空気、おいしい食物は一番大切なものです。
放射能による海洋汚染、大気汚染、土壌汚染は多くの方々の健康に影響します。
一度汚染されてしまうと、元の状態を取り戻すのに大変長い時間を要します。
人間にとって、自然と共存して生きていくことは、とても大切なことです。
それなのに、人は得てして自然の摂理を破ってしまいます。今回の事故も、人間の奢りによるものではないでしょうか。
もっと地球を大切に、もっと自然を大切に、地球や自然は無限ではありません。

私はこの薬局で二十数年間、不妊症の方々のご相談を受けております。
一人でも多くの方々に妊娠していただき、健康な赤ちゃんを授かっていただきたいと願っています。(出来れば自然妊娠で!!)
ご相談に来られる女性の方々の中には、地震以後は精神的に動揺されていたり、地震に続く原発騒動により妊娠.出産に対して先行きの不安を感じていたりする方が、少なくありません。
一日でも、一分でも早く、安心安全な日本を取り戻して欲しいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2011-04-19 15:26 | 気になる話題
元気な体をつくって!!元気な子供を生んで!!元気な日本をつくろう!! その1
今年もたくさんの方々から、赤ちゃんのお写真付き年賀状が届きました。
ご一緒に写っているご家族の皆様の嬉しそうな笑顔を見ていると、私も大変嬉しく、今年も皆様のお役に立てますよう更なる精進をと、心に誓っております。
昭和39年生まれ、46歳の奥様からも、昨年11月に無事男の子を出産されたとのおハガキとお電話がございました。もちろん自然妊娠です。
もうお一方、昭和40年生まれ、45歳で1月6日出産予定の、自然妊娠の方がいらっしゃいます。現在、出産のお知らせが届くのを待っているところです。
1月末には、例年通り、店内のお写真をすべて貼り替える予定です。毎年、年初の私の楽しみです。

私は、妻の子宮外妊娠がきっかけで、25年前から不妊症にかかわるようになりました。
緊急手術は成功したものの、術後の体調がなかなか回復しないので、妻の生まれ故郷、中国杭州市の親戚に当たる老中医、何少山先生の診察を受けるために帰郷、その後は毎月先生に体調の変化をお知らせし、返信を待って、先生の御指示通りに漢方薬を1年半服用しました。「もう、赤ちゃんが出来る健康な体になっているよ。」というお手紙が1987年12月に届き、翌年1月末に、先生のお手紙の通りに妊娠しました。
手術後は無排卵無月経になっていた体調が回復したのを、実際に目の当たりにし、“凄い”ということを実感しつつ、長女が誕生、その後はお薬を服用することなく2人の男の子にも恵まれ、結局3人の子供を授かりました。
3人とも大変健康で、いずれの子も体重4kg以上で生まれ、特に大きな病気にかかることもなく、現在22歳、21歳、18歳にまで成長しています。

私は、不妊症のご相談に来られます皆様に、「健康な体をつくりましょう」「元気な体づくりをしましょう」と提案しています。
勿論、旦那様と奥様が“健康なお二人”でいらっしゃるからこそ、健康なお子様を授かることができると、私は自らの体験を基にお話をさせて頂いております。
私のこのような考え方を、皆様はどう思われますでしょうか?

私は、妻の2年にわたる不妊治療を見ていて、妊娠は体の準備とタイミングが一番大切なことだと感じました。
元気な体で元気な子供を授かり、元気なお母さんが育てる。私の一番の目標です。
また、精神的な面も大事です。焦らず、毎日を楽しく過ごすこと。
お休みの日は映画を観に行ったり、ショッピングに行ったり、外食したりと、お二人の時間を大切にして下さい。
赤ちゃんが誕生して、お二人で楽しくデートしていたことが懐かしく思えるような時が、きっと訪れます。
焦らず、お互いにプレッシャーをかけないことです!!
[PR]
by yakujudo | 2011-03-03 03:24 | 不妊症解説
お互いを労り夫婦仲よく過ごせば赤ちゃんが
a0148348_10514472.jpg 私は1949年(昭和24年)に横浜で生まれた中国人華僑です。私は横浜に暮らして5代目。祖先は横浜の開港の頃にはどうも中国から日本へ来たようです。
 戦後貧しい時代に生まれた団塊世代の私にとって、今、恵まれた時代に生まれ育った方々が“少子化、不妊”で困っていることは、正直言って信じがたいことです。
 私は、子宮外妊娠のため卵管を1本摘出、その後しばらくの間、無排卵、無月経となった妻を見ていて、妻ほど身を壊しても2年間をかけて身を回復すれば、ちゃんと自然妊娠でき、3人の子供を授かることが出来たのを見ていますので、ご相談にこられますご夫婦の方々には、是非とも体調をととのえ、まずは自然妊娠していただきたいと思っています。体調をととのえることは、自然妊娠、人工授精、体外受精、顕微授精と、妊娠のための方法、手段が異なっても基本だと思います。
 ご相談をいただく皆様には、新鮮なサラサラ血液で満たされる温かい子宮(奥様)と、よい受精卵(旦那様の元気な精子と、奥様の元気な卵子)を用意しましょうとお話ししています。
 よい受精卵が温かい子宮に着床し、妊娠中も受精卵に酸素と栄養と温度が安定して供給され、よい状況が出産まで保てれば、丈夫なお子さんを授かることが出来るのは明白です。

 写真の2体のお人形は、8月中旬より、上海→昆明→厦門へ取材旅行に行きました際に、妻が持ち帰ったものです。
 上段のものは、雲南省の少数民族の婚礼の衣裳を身につけています。めでたいときは赤です。人形の下に金色のプレートが貼ってあります。その上に「百年好合(バイネンハオハー)」と文字が刻まれています。つまり、「いつまでも仲よく」という意味です。楽しく仲よく日々を送っていると、やがて下の段の民族衣装を身につけた人形のように、二人にはさまれた赤ちゃんが授かるのです。
 読者の皆さまも、この人形のように、ご夫婦仲よくお互いを労って、旦那様が陽の時は奥様が陰に、旦那様が陰の時は奥様が陽になってください。陽と陽、陰と陰だと、磁石と同じで、お互いに反発することになります。私も25年夫婦やってきてよくわかったのは、陰陽のバランスこそが、永年夫婦を平穏無事にやってゆくための、一番の秘訣だということです。
 妊娠、出産、育児と、私は常にご夫婦で取り組んで欲しいと思います。ただし女性の負担は男性よりはるかに大きいですので、旦那様がそのあたりをよく理解されてほしいと思います。
 でも残念なことに、このコラムを書いている私も、この陰陽のバランスが時に崩れて妻とけんかになることもあるのです。まだまだ修行のたらないことを日々反省しています。
[PR]
by yakujudo | 2008-10-10 00:01 | 不妊症解説
「年齢的限界」超えて妊娠
 先日私の手元に届きました、二通のお手紙をご紹介いたしましょう。

最初はKさんからのお便りです。

 先生、ご報告のお便りがすっかり遅くなってしまいすみません。
 44歳直前に結婚し、県内でも有名な産婦人科で「年齢的にもう限界」と言われました。体外受精も考えましたが、確率が低い上、時間的にも金銭的にも無理があり断念しました。その夜して」と、インターネットでいろいろ検索しましたが、みんな年齢的にアウト。主人が図書館から借りてきてくれた本をみて、周期療法のホームページを見つけ、だめもとで先生に電話し、すぐに基礎体温表を送りました。
 「高温期と低温期に分かれているから大丈夫ですよ!」と先生に明るい声で言われ、目の前がパッと開けたような気がしました。それでも「体調がよくなるだけでもいい」ぐらいの軽い気持ちでした。高温期が長くなり、体調・肌の艶も良くなったような感じがしました。
 飲み始めて2~3ヶ月目くらいに高温期が15日続き、「もしかして」と思っていましたが、生理が始まってしまいました。
 そして半年後、高温期の16日目に妊娠判定でプラスが出ました。自営業で、重い物を持たなければいけなかったので先生に相談すると、「今が一番大切だから、仕事は休ませてもらいなさい。自分がご主人に話してもいいよ」と言ってくださいました。
 その10日後病院に行き、正常な妊娠だと言われました。20週まで安胎の薬を処方していただきました。妊娠38週目の8月25日に帝王切開(大事をとって)で身長51cm、体重3453gの元気な男の子を出産することができました。
 先生とは遠く離れていて、一度もお会いしたことがないのに、身体的だけでなく、精神的にも最高のケアを受けることができました。
 45歳からの子育ては、体力的にきついと感じることもありますが、今までの人生で、妊娠、出産は一番貴重な経験だったように思います。この子を神様からの授かり物と思い、大切に育てていきたいと思っています。

 二通目は、カナダ在住のHさんからのお便りです。

 譚先生お元気ですか? おかげさまで19週目の超音波(血液検査も含めて)検査の結果は、母子ともに順調とのことでした。19週の時点では、胎盤の位置が低いという話がありましたが、さほど心配はいらないと言われました。今回の超音波検査で子どもは女の子だと言われ、主人はニンマリ、私はそっかあ~のリアクション(私は男の子かと思ってました)。妊娠できるか?と先生のお薬を毎日飲んでいたときには、性別なんてどうでもよかったのに人間は勝手なものですね。順調にいけば12月のはじめに出産です。
 一人で十分と思っていたのに、まだ一人目が無事に産まれていないうちから、もしかしたらもう一人頑張れる?なんて思えるから不思議です。その時は先生にまたお世話になると思います。宜しくお願いします。

 HさんもKさん同様45歳の自然妊娠です。7月22日に届いたお手紙の時点で妊娠22週目です。このまま無事に進まれて、元気な女の子の誕生のお知らせをお待ちしております。 今年はKさんHさんのほか、2月に50歳の方、6月に45歳の方お二人、7月に47歳の方から自然妊娠のご報告をいただきました。50歳の方は現在音信不通で、その後の経過は不明です。45歳のお二人の方は、お一人は5週過ぎに、もう一人の方は10週過ぎに残念ながら流産。47歳の方はこの原稿を書いています8月3日現在、妊娠を継続中です。

 読者の皆さまは、女性の方は何歳くらいまで妊娠、出産が可能だと思われますか。
 男性の方は、今まで私の店では65歳が最高齢でしたが、今年は70歳を超えるお父さんが誕生されましたので、今度はぜひとも80歳を超えるお父さんの誕生を目標にしたいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2007-09-10 00:01 | タン先生の周期療法
「思ったより早く妊娠できて驚きました」36歳の方お二人から
 最近届きましたお二人(ともに36歳)の周期療法を体験されたお手紙をご紹介しましょう。

 2月4日に先生の元へ伺ったAと申します。その節はたいへんお世話になりました。あれからいただいたお薬を服用し、高温期は普段より少し低かったのですが(36.5℃前後)いつもより安定していました。
 生理予定日になっても高温が続き、生理になる様子もなかったので検査をしたところ、陽性反応が出ました。
 今回は年齢や子育て、仕事などのストレスもあるので、あせらずに半年くらいは体調をととのえる期間というつもりでおりましたので、こんなに早く妊娠できるとは思ってもいなかったことでとても驚きました。
 3月11日に病院で診察を受け、胎のうの確認ができました。つきましては続きのお薬をいただきたく、ご連絡かたがたご報告をさせていただきました。

 昨年7月よりお薬を服用させていただき、約半年で無事に妊娠することができましたBです。
 特に不妊治療を受けていたわけではありませんが、36歳という年齢から1日でも早く子供を授かりたいと心から願っておりました。
 お薬を服用してからすぐに理想的な体温に変わり、「この体温ならすぐに妊娠するから安心しなさい」と譚先生から言われ、今か今かと待ちわびておりました。
 約半年が経った頃、もうそろそろ妊娠してもよいのでは……と思った矢先に妊娠反応があり、本当に半年以内で妊娠できたことに本当に驚きました。出産予定は10月3日です。紀子様とほぼ同じ時期です。
 初めての妊娠生活で不安もたくさんありますが、無事に元気な赤ちゃんを産んで譚先生にご報告できるように頑張りたいと思います。


[PR]
by yakujudo | 2006-01-10 00:01 | タン先生の周期療法
子宮、卵巣、骨盤内の血流の良さが大切
 周期療法のお薬を服用される方々からお受けするご質問の中で多いのが〝先生、私はいつ妊娠できるでしょうか?〟〝この薬を飲めば必ず妊娠できますか?〟〝こちらを紹介してくれた友達は薬を飲んだらすぐ妊娠できたのですが、私もすぐ妊娠できますか?〟等です。
 私の答えは、〝私にはいつ妊娠できるかわかりません。この薬を飲んだら妊娠できるということではありません。お友達とあなたが同じ期間で妊娠できるかどうかはお答えできません。なぜなら、残念ながら私どものお薬には、精子は配合されていないのです。でもお体の準備、つまり旦那様と奥様の準備ができて、タイミングが合えば、必ず結果が出るのですよ。〟というものです。

 私の考える妊娠は、よい受精卵と温かい子宮を準備するということです。よい受精卵は、旦那様の精子と奥様の卵子からできるもの。男性の場合、精子の数や活動率、直進率は肉体疲労や精神疲労に大きく影響を受けるのです。いつでもよい状態という方は少なく、検査の結果が変動する方がたいへん多いので、一回の検査で判断できませんから、日頃からコンディションを整えることが必要です。
 また、女性の場合、温かい子宮は新鮮な血液が常に供給されていて、妊娠から出産に到るまで継続できるというものです。子宮や卵巣は下腹部に位置するものですが、子宮や卵巣の血流だけではなく、骨盤内の血流がよい状態に保たれることが大切だと考えています。骨盤内の血流がよければ足もとへの血流もよく、今年のような寒い冬でもそれほど足先の冷えない体になるのです。
[PR]
by yakujudo | 2005-08-10 00:01 | 不妊症解説
ほぼ毎日、妊娠・出産報告
 先日、私どもへおいでになったお客様が、東京の某有名不妊クリニックで漢方薬は不妊症に効きますかとおたずねしましたら、先生から、漢方薬を服用して妊娠するのは”たまたま”だとお答えいただいたそうです。私はお客様に「この薬寿堂はほぼ毎日がたまたまですね。たまたま妊娠され出産された方々が、こんなにたくさんのお手紙、お写真を送ってくださるんです」とお答えしたものでした。
 今回は、最近届きましたお手紙をご紹介いたします。

 こんにちわ。鹿児島県に住むTです。昨年9月にお伺いし周期療法1カ月で妊娠し、今年6月9日に男の子を無事出産いたしました。幸せな気持でいっぱいです。漢方との出会いにとても感謝しています。ありがとうございました。

 こんにちわ。茨城県のTです。昨年暮れから薬を飲み始め、途中仕事が忙しくて途切れてしまったのですが、今年の夏に再び送っていただき飲んだところ高温期が20日続きました。今日妊娠検査薬ではっきりとした陽性反応が出て、飛び上がって喜びました。今週末に病院へ行こうと思います。
 33歳、結婚8年目にしてやっとできました。譚先生のおかげです。この薬を飲んでいれば『絶対にできる!!』という前向きな気持になれました。先生のホームページや『あかちゃんできた!』を何度も読んだからです。先生本当にありがとうございました。
[PR]
by yakujudo | 2005-02-10 00:01 | タン先生の周期療法
流産2回の後、内膜症を乗り越え、周期療法で妊娠
 ロンドンで自爆テロが起こりました翌日7月8日(金)の開店直後に、ロンドン在住のSさんから、妊娠反応が出たとのお電話をいただきました。
 Sさんには3月から周期療法のお薬を約4カ月間服用いただきましたが、いろいろな方法を考えてお薬を調剤したという経過がございます。

 Sさんは自然妊娠による流産を2回経験され、重度の内膜症の治療のため、二度の開腹手術をされています。現在もロンドンのお医者さんにかかり、再発している内膜症の腹腔鏡手術による措置を選ぶか体外受精による妊娠を目指すかと迷っておられました。
 9月までに自然妊娠できなければ体外受精に踏み切ろうとされているとのご意思をうかがい、私も周期療法による妊娠、内膜症の治療による妊娠を提案しました。いろいろとご相談して、周期療法(内膜症を考慮した内容)による妊娠を目指しまし、今回、妊娠のご報告をいただいたわけです。
 妊娠されましたら、お医者様のお薬も服用することになっていましたが、テロの影響で交通が全面ストップしてしまい、不安もあって外出もできず大変にお困りのご様子でした。私はすぐに続きの高温期と安胎方を送らせて頂きました。
 その後連絡もなく、私も心配しておりましたが、8月12日ファックスが届きました。

 「いつもお世話になっております。ロンドン在住のSです。
 おかげさまで奇跡的に妊娠することができ、6週目で胎児の心拍を確認することができました。8週目の超音波検査では、胎児の心音を聞くことができ感動しました。
 2回の流産を経験した身としては、まだまだ気の抜けない日々を送っております。主治医からは、膣剤とミニアスピリンが処方され現在も継続中です。そろそろ安胎のお薬が亡くなりますので、送っていただければと思います。」
[PR]
by yakujudo | 2004-12-10 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy