タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:夫婦 ( 7 ) タグの人気記事
年齢よりも健康な身体が大切
赤ちゃんを望んでいる皆様へ私から質問です。
皆さんはご両親から自然妊娠で生まれましたか?そしてご両親もそれぞれのおじいちゃん、おばあちゃんから自然妊娠で生まれましたか?
ぜひ一度確かめてみて下さい。
皆さんの祖先を遥か昔までさかのぼっても、ほぼ全員が自然妊娠でこの世に生まれていると思います(ごく少数の人は人工受精かもしれません)。
人間は今から500万年前に地球上に生まれたと言われていますので、今地球上で生活している皆様の祖先は500万年の間、自然妊娠で命を授かり、繁栄を続けてきているのです。

なぜこのようなお話から始めたかというと、最近、体外受精を紹介するテレビ放送を見た方々から「先生、卵子は老化するというのは本当ですか?」とよくご質問を受けます。
私は「人間は永遠に老化しない人はいないので、老化と共に卵子も老化するのはごく当たり前ですね」とお答えします。
ただし、今から50~60年前の老人と今ではまったく異なります。
私は今年63歳になりますが、私が5歳~10歳の頃を思い浮かべると、当時還暦を迎えた方と、今の60歳を比べてみると、昔の方は本当に老人だったという印象があります。
平均寿命もその当時に比べたら男女共に、20歳以上あがっています。
また、体の衰えは個人差が大きいと思いますが、現在、女性の閉経の平均年齢は51歳。今年56歳になる私の妻が出産をした病院の先生から体力を聞かれ、一度ホルモン検査の測定をしたところ、まだまだ元気でAランクと先生から太鼓判を頂きました。
ですから、昨年私どもへおいでになったお客様の知人の方々がそれぞれ53歳、52歳で自然妊娠で出産されたと伺って、私は納得できるのです。
もちろん、ご夫婦ともにお身体が元気だということが一番大切ですが。

閉経の早い方では40歳前後の方もいれば、遅い方では60歳近くの方もいらっしゃいます。
男性も同様で、元気であれば70歳代でもお父さんになれる方もいれば、40歳前後で精力減退、またストレスがもとで、夜の生活をもてないという方もおられます。
中国でも、問題のある方々には、体外受精や顕微受精が施行されていますが、もともと中国人は、健康な赤ちゃんは健康なご両親から生命エネルギーの”先天の精”を受け継ぐと考えるので、両親が健康であるということは大きな要素となります。
元気ではないご両親から生まれる子どもは、もともと生命力の弱い子どもではないのです。

ですから、妊娠を考える時、まずは健康な旦那様、奥様になることを考えて下さい。
今、日本は世界でも有数の不妊大国です。昨年体外受精で生まれたお子さんは2万7千人(全国の体外受精をできる施設は現在800ヵ所)で、自然妊娠のお子さんは105万3千人。計108万人です。
これは、私が生まれた昭和24年の約半数です。
少子化を止めるためにも皆様が健康な体を取り戻し、自然妊娠で子どもを沢山産みましょう!
[PR]
by yakujudo | 2012-04-10 06:00 | タン先生の周期療法
「親」と「愛」と言うパネルの文字について
この写真は上海のホン虹チャオ橋空港と言う搭乗口のロビーにあったものです。公益広告作品展と言うものに入選した作品で、実に考えさせられる作品でしたので、このコラムにご紹介することに致しました。
私は現在62歳で、今から50年ほど前、横浜にある横浜山手中華学校へ通学していました。私が小学校5年生の時、担任の先生から今まで一生懸命に覚えていた難しい漢字を、これからは簡略文字で覚えるようにと言われたことをよく覚えています。
例えば“學”から“学”へ、“漢”から“汉”の様に、中国ではこの50年間、この様な簡略文字が主流になって使われています。
これらのことから、若い人達は元の字を知らず、本来の字の持つ意味を理解していないのではないか?と言う意味が込められ、作られた作品です。
a0148348_16232030.jpgこの写真の“亲”と言う略字は、“親”と言う漢字の略字です。今は右の“見”が省略され、この様な字になっています。“見”と言う字は会うと言う意味があり、“見”に行かなければ“親”と言う字にはなれず、忙しくとも時間を作って親に会いに行くべきではないか、と言う問いかけをした作品です。
次に“爱”と言う略字は、“愛”と言う漢字の略字です。
a0148348_16271324.jpg“愛”は“心”が省略され、“心”と言う字が省略されていても、“心”があることを忘れてはいけないと言う意味が込められているそうです。
私は結婚して今年で27年目を迎えます。“親”と“愛”を結びつけると“親愛”と言う文字になります。夫婦はこの親愛なる関係の一番でありたいと、この文章を書いていて反省しております。
[PR]
by yakujudo | 2011-08-25 16:27 | 旅のお話
お互いを労り夫婦仲よく過ごせば赤ちゃんが
a0148348_10514472.jpg 私は1949年(昭和24年)に横浜で生まれた中国人華僑です。私は横浜に暮らして5代目。祖先は横浜の開港の頃にはどうも中国から日本へ来たようです。
 戦後貧しい時代に生まれた団塊世代の私にとって、今、恵まれた時代に生まれ育った方々が“少子化、不妊”で困っていることは、正直言って信じがたいことです。
 私は、子宮外妊娠のため卵管を1本摘出、その後しばらくの間、無排卵、無月経となった妻を見ていて、妻ほど身を壊しても2年間をかけて身を回復すれば、ちゃんと自然妊娠でき、3人の子供を授かることが出来たのを見ていますので、ご相談にこられますご夫婦の方々には、是非とも体調をととのえ、まずは自然妊娠していただきたいと思っています。体調をととのえることは、自然妊娠、人工授精、体外受精、顕微授精と、妊娠のための方法、手段が異なっても基本だと思います。
 ご相談をいただく皆様には、新鮮なサラサラ血液で満たされる温かい子宮(奥様)と、よい受精卵(旦那様の元気な精子と、奥様の元気な卵子)を用意しましょうとお話ししています。
 よい受精卵が温かい子宮に着床し、妊娠中も受精卵に酸素と栄養と温度が安定して供給され、よい状況が出産まで保てれば、丈夫なお子さんを授かることが出来るのは明白です。

 写真の2体のお人形は、8月中旬より、上海→昆明→厦門へ取材旅行に行きました際に、妻が持ち帰ったものです。
 上段のものは、雲南省の少数民族の婚礼の衣裳を身につけています。めでたいときは赤です。人形の下に金色のプレートが貼ってあります。その上に「百年好合(バイネンハオハー)」と文字が刻まれています。つまり、「いつまでも仲よく」という意味です。楽しく仲よく日々を送っていると、やがて下の段の民族衣装を身につけた人形のように、二人にはさまれた赤ちゃんが授かるのです。
 読者の皆さまも、この人形のように、ご夫婦仲よくお互いを労って、旦那様が陽の時は奥様が陰に、旦那様が陰の時は奥様が陽になってください。陽と陽、陰と陰だと、磁石と同じで、お互いに反発することになります。私も25年夫婦やってきてよくわかったのは、陰陽のバランスこそが、永年夫婦を平穏無事にやってゆくための、一番の秘訣だということです。
 妊娠、出産、育児と、私は常にご夫婦で取り組んで欲しいと思います。ただし女性の負担は男性よりはるかに大きいですので、旦那様がそのあたりをよく理解されてほしいと思います。
 でも残念なことに、このコラムを書いている私も、この陰陽のバランスが時に崩れて妻とけんかになることもあるのです。まだまだ修行のたらないことを日々反省しています。
[PR]
by yakujudo | 2008-10-10 00:01 | 不妊症解説
必ず二人の健康な体が必要
 最近、少子高齢化が社会問題になると同時に、不妊症の方の増加も話題になっています。私は昭和24年(1949年)生まれ、俗にいう団塊の世代ですが、私を生んだ母の年代も私の年代も、現在のように食物があふれている時代ではなくむしろ食物の少ない時代でしたが、周囲の友人たちから〝不妊〟という言葉はあまり耳にしなかったように思います。
 私どもへ不妊のご相談に来られます方々は、男女とも20代後半から40代半ばの方々が多く、世にいう団塊ジュニアの方々がメインです。食糧事情の良い時代に育っているので体格がよく、外見上は健康に見えるのに実際は半健康体の方が多いと思われます。
 妊娠には旦那様の元気のよい精子と奥様の成熟度のよい卵子からできる、グレードの高い受精卵と、この受精卵が着床し安定して育つ、新鮮な血液で満たされる温かい子宮が必要です。安定した状態を保って出産まで到達できれば、奥様の腕の中に元気な赤ちゃんを抱くことができるのです。
 私との話の中で、検査を受けられた結果を見せ、〝ぼくが良くて悪いのは彼女の方〟、逆に〝私はよくて彼が悪いからできない〟とおっしゃるご夫婦がおられますが、私は妊娠は一方だけがよければできるものではなく、必ず二人の健康な体が必要なんですよと、よく話しております。
 また妊娠は、精神的なことも大事で、毎日楽しく暮らしていると、ホルモンの分泌もバランスもよくなるのです、とも話しております。
[PR]
by yakujudo | 2007-04-10 00:01 | 不妊症解説
不妊症を解決するのは、栄養よりも健康な夫婦
 前々回このコラムで、私がアフリカのケニアに不妊症の周期療法のお薬を郵送していること、食糧事情が大変悪いのにもかかわらず、たくさんのお子さんが誕生していることをご紹介しましたところ、読者の皆さまから、食糧事情も生活環境も良く生活の豊かな現在の日本に、なぜ不妊症で悩む方々が多いのかというご質問がまいりましたので、私の思うところをお話ししたいと思います。

 私は昭和24年(1949年)生まれの56歳、俗に言う団塊の世代です。昭和22年~25年生まれは、約1,000万人と言われていますが、その時代は戦後間もない頃で、食糧は決して豊富ではなかったと思います。もしかすると現在のケニアに近かったのではないでしょうか。
 食物は十二分になく、今の人たちほどの体格に恵まれていなくても、当時の親たちは健康な身体を持っていたのでしょう。また、日本の復興に燃えていて、将来に対する夢と希望をもって毎日を一生懸命に生きていて、ストレスなど無縁であったと思います。つまり心身共に健康であったからこその結果です。

 現在不妊症で悩んでおられるご夫婦の数は年々増加しているのですが、いろいろな検査をしてもまったく異状が見当たらず、現在の医学では原因不明という方々も多くおられます。また、器質的、機能的な原因のある方々では、不妊の原因の約6割が女性側に、約4割が男性側にあると先日のテレビ番組で専門家が発言されていました。
 原因を軽減するには、日常生活の改善を図ることが不可欠ではないでしょうか。女性の場合は、冷たい飲み物の飲み過ぎ(ファミレスのドリンクバーでの冷たいドリンクの飲み放題は、私から見ると”毒”そのものです)、薄手の肌着の着用で足腰が冷え、その結果として子宮や卵巣を含む骨盤内の血流が悪化し子宮や卵巣の働きの低下を招いている方々が大変多いと思います。
 また男性では、肉体疲労よりも仕事のストレスからくる精神疲労の加重から、身体がオーバーヒートを起こしていて、精子の減少、運動性・直進性の低下、EDへとつながる方が大変多いと思います。

 私は不妊症のご相談をお受けするスタンスとして、『必ず健康なご夫婦が必要だ。健康なお二人を用意する』という私の主義主張を持っているので、ご相談に来られるご夫妻には、”どちらかが悪い、という考え方はございません”という私の姿勢をご理解いただくことにしております。
 ”私が悪い””あなたが悪い”という考えを持っていては、子どもはなかなか授からないのではないでしょうか。

 最近ご相談に来られます方々が、インターネットの根拠のない情報に振り回されていてお気の毒に思います。
 ベビーブームの頃、冬の短い期間にみかんは出回ってもグレープフルーツはありませんでした(私が初めてグレープフルーツを見たのは大学生の時です)。豆腐や納豆は食べても、豆乳を飲んでいる人もほとんどなく、イソフラボンを飲んでいる方は皆無でした。コーヒーや紅茶は少し贅沢な飲み物で、カフェインの多い緑茶を飲んでいる方が大半でした。でも皆さん元気な子どもを産んで元気なお母さんになっています。少し頭を冷静ににして暮らしてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2005-03-10 00:01 | 不妊症解説
70歳代の旦那様、46歳以上の奥様のご出産を目標に
 今年もまた一年が暮れようとしています。この一年、ご愛読ありがとうございました。
 ところで、高齢出産は奥様だけでなく、旦那様の高齢化もすすんでいます。昨年は旦那様56歳、奥様41歳、今年は旦那様64歳、奥様39歳のご夫妻にお子様が授かりました。来年はご希望があれば、70歳代のおとうさんが誕生されればと、私の目標のひとつとなっております。皆さまもご存じのように、世の中には70歳代のおとうさんは決して多くはないですがいらっしゃるのです。
 もう一つ私が目標にしているのが46歳を超える女性の方の妊娠と出産です。今年はお二人の方々が妊娠されましたが、残念ながら流産されてしまいました。お一人は46歳、16週での流産、お一人は18週で、双子を流産されたしまいました。でもお二人とも現在周期療法のお薬を服用され、再挑戦されています。

 私は基本的に排卵できる女性の方々は妊娠される可能性を持っておられると考えているので、ご来店いただきますか田方には、周期療法のお薬を服用いただいております。可能性とすれば低い確立かも知れませんが、妊娠についてはいろいろと不明な点も多いので、予期せぬ良い結果がもたらされることもありますので、わたしはあきらめずに頑張りましょうと奥様を励ましております。
 
 また、最近ご相談を受けておりますのが、卵子提供による体外受精を目指されている方々からのものです。
 韓国での卵子提供による移植の治療を受けている方々で、私は移植の日程に沿って、お医者様の治療に併用して周期療法のお薬を服用いただいております。
 女性の方々に精神的、肉体的な大きい負担がかかることを、男性の方々にご理解いただく必要があると思います。
[PR]
by yakujudo | 2004-01-10 00:01 | タン先生の周期療法
不妊症にはなによりもまず、夫婦間の理解を
 私のおすすめしている不妊症の周期療法(女性)や、動物生薬を含む補腎補精(男性)で、身体が改善されると、私もお客様も、アッと驚くほどの早さで、妊娠される方がおられます。
 2月に来店された横浜市戸塚区のYさん32歳と、川崎市宮前区のNさん29歳のお二人から、周期療法15日間で、自然妊娠されたとのご報告を受け、お役に立てたこと、大変うれしく思います。しかし、体調は整っているのに、なかなか妊娠されない方もございます。体温表では整っていても、いまいち、身体の内部が整っていないこともありますし、ご夫婦の相性が合わないというのではなく、卵子と精子の相性が合わないということかもしれません。でも身体が本当に整えば、卵子と精子の相性も、ピタリと合うようになるのです。
 不妊症といえば、以前は女性だけの来店でしたが、私がこのコーナーにご紹介しました後にはご夫婦で来店される方々が大変多くなり、現在お2人でお薬を服用されているケースが一番多くなっております。
 しかし、私が最近、心配しているのは、ご夫婦のセックスライフの変化です。体温表を見せていただくと、排卵期に合わせて、月に1回のみという方が、実は大変多いのです。タイミングをはかってというのは理解できるのですが、これではなかなか自然妊娠できないのは当然と私は考えております。
 また、ご夫婦の会話が少ないのでしょうか、お子様を望まれているのにもかかわらず、お互いをよく理解していない方にも多く、「悪いのは私ではなく、あなただ」と罵声をあびせている方も時々ございます。私は不妊症の解決はご夫婦お二人と考えていますので、どちらか一方の責任という考えはございません。ぜひ仲良く取り組まれてご出産、ご懐妊の喜びをご自分たちのものにしていただきたいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2002-04-20 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy