タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:叢法滋 ( 4 ) タグの人気記事
私が早々に周期療法に興味を持った訳は…
 今年も昨年誕生された赤ちゃんのお写真が沢山送られてきました。いつものように、その内の約100枚をアルバムの台紙20枚に並べ、昨年のものと交換して店内の壁にはらせていただきました。かわいい笑顔の赤ちゃんの写真は私にも、ご来店されます皆様にも大きな励みとなります。今年もまた頑張って多くの方々にこの喜びを届けたいと思います。

 最近ご来店されます多くの方々から「“周期療法”という言葉がインターネット上にあふれていて、どれも同じ内容のものが出ているのを先生はご存じですか?」とよく言われております。
 実は5~6年前まで、“周期療法”を実施していたのは日本ではこの私だけでした。またインターネット上にも、私の書いているこのコラムしかありませんでした。なぜこんなに“周期療法”が氾濫するほど多くなったのか、その理由はこの私が一番よく知っておりますが、私の口から詳しくお話をするつもりはございません。

 私が“周期療法”に取り組むようになったのは、私の妻が子宮外妊娠の手当の遅れから、卵管を一本摘出後無月経無排卵に陥り、その回復のため、妻の生まれ故郷、中国の浙江省杭州市の老中医、何少山(かしょうせん)先生の指導のもと、漢方薬を約一年半服用して体調を回復、“もう出来るようになっている”というお手紙が届いた翌月、妻の妊娠が判明、1988年の10月に4250gの長女を出産いたしました。
 この出産の直前の9月に、北京の叢法滋(そうほうじ)先生が再来日され、“不妊症の弁証論治”という講演の中で、中国で考案された中西医合作による、新しい不妊対策法の“周期療法”を紹介されました。当時、多くの方々が先生の講演を聴いたはずですが、私以外どなたも興味がなかったようで私だけが興味を持ち、試行錯誤を重ね今も毎日勉強をしているということです。
 私は妻の不妊がなければ、たぶん特に興味を持つこともなく通り過ぎたと思います。妻の不妊の治療をご指導いただいた何少山先生と初来日された時から約25年、ご指導をいただいている叢方滋先生との出会いがなければ、今皆様が目にする“周期療法”は、日本には存在していないと思います。
 長女の誕生以降、まったくお薬を服用することなく身体を回復した妻は、さらに二人の男の子を出産いたしました。長女同様二人の弟も4kgオーバーで出産、三人とも特に大きな病気をすることもなく、現在20歳、19歳、16歳になりました。

 私は、妊娠の第一歩は健康な体づくりだと思っています。健康な男性と女性、よい受精卵と温かい子宮、健康な子どもを授かるには健康な両親が必要です。私はご相談に来られます皆様にも、是非とも健康なお子さんを授かってほしいと思います。条件が整えば、できれば自然妊娠で、でもいろいろな事情で条件が不充分であれば人工授精、体外受精、顕微授精とステップアップを考えてください。妊娠、出産の大きな役割を担うのは女性です。女性は偉大です。

 このコラムは、1998年10月以来、地元の朝日新聞情報誌『朝日アドバンス』『アサヒネット(旧「朝日エコー」)』『朝日アベニュー』の三誌に連載を続けてきたものです。この三誌の内の朝日アドバンスが、4月から突然休刊になるため、他の二誌もしばらくお休みをとることになりましたが、この健康情報館や私のホームページは、今後も毎月更新する予定です。
 ご愛読いただいている皆様はビックリされるかもしれませんが、私はまったくのパソコン音痴ですので、原稿はすべて私が原稿用紙に手書きしているものです。その原稿をそれぞれの管理者の方に依頼して、ネットに掲載していただいています。ですから私にはメールアドレスがないのです。メールをいただいても私にはご返事を差し上げることができません。もちろんケイタイも持っていません。
 今後も私はパソコンを勉強する予定はありませんので、ご質問のある方は、お手紙、お電話、FAX等でご連絡くださいますようにお願いいたします。地元や近県の方でしたら、ご遠慮なくご来店ください。私でお役に立つことであれば、できる範囲でお答えいたします。

 1月14日、娘の成人式の二日後に、私は満60歳になりました。結婚も遅く、子どもも遅く、私の人生は同級生の友人たちよりも、約10年遅れています。あと10年、70歳になりましたら、めでたくリタイアをしたいと考えています。
 10年後の2019年、社会は大きく変化して、まさしく高齢化社会にしたことを多くの方々が感じることでしょう。私も自分を浦島太郎になってしまったと思うでしょう。
[PR]
by yakujudo | 2009-03-10 00:01 | タン先生の周期療法
周期療法20年
a0148348_1040132.jpg 私は1988年9月、二度目の来日をされた、北京同仁医院中医師主任医師、叢法滋(そうほうじ)先生の“不妊症の弁証論治”というご講演の中で、お話しをされた人工周期療法に大変興味を持ち、この20年間、研鑽をしてまいりました。実は、この周期療法に出会えたのは、私の運命だと思っています。私が周期療法を手がけていなければ、日本にはなかったと言っても過言ではないのです。
 私の妻は結婚約一年後、はじめての妊娠で運悪く子宮外妊娠、誤診続きで、まるで廃人同様、ひどい貧血で顔面蒼白、床から起きあがることもできなくなり、その当時では珍しい腹腔鏡による緊急手術で、難を逃れることができましたが、その後は無排卵無月経が続いて、根本的な体調の回復ができませんでした。
 妻は22歳まで、中国淅江省杭州市で生まれ育ちましたが、意を決し、親戚に当たる400年16代続く中国では全国的に有名な医家、老中医何少山(かしょうざん)先生の診察を受けるために帰国、その後約二年間、自宅近くの産婦人科医から処方されたクロミドと、何先生から毎月郵送されてくる指示通り中成薬を吹くよう、年末に届いた何先生のお手紙に“もうできるようになっている”というお言葉通り、年明けの1月に妻の妊娠が判明、叢先生来日の翌月に4250gの長女が誕生致しました。娘の出産直前に拝聴いたしました、西洋医学と中国医学を合わせて考案された周期療法は、娘が受けた治療法と重なるものが大きかったのです。

 長女を出産後、体調を取り戻した妻は、翌年12月に長男を、3年後の9月に次男を無事に出産、3人とも4kgを超え、現在19歳、18歳、15歳と、特に大きな病気をすることもなく、皆健康に育っています。叢先生のご講演を聴いた方は沢山おられたはずなのに、興味を持ったのは私だけでした。最近急にインターネットに周期療法という字があふれていると、私の薬局に相談に来られる方々からお聞きしております。ごく近い将来今の倍になるという情報を私は知っております。なぜ急に増えたのでしょうか?急に何かに目覚めたのでしょうか?私の口から言うのは控えましょう。
 中国人は“最初に井戸を掘った人を絶対に忘れません”。日本の周期療法の井戸を掘ったのは叢先生で、私はその後ずっと掘り続けています。最近井戸を掘る方が急増してビックリです。
 私の周期療法は、何少山先生と叢法滋先生の教えを基本に行っているものです。後発の方々と違う部分が多いので、以前より“譚先生の周期療法”と区別させていただいております。“譚先生の周期療法”は薬寿堂だけのものです。
 他のホームページで、たぶん皆さまは夏桂成(かけいせい)先生のお名前を目にされることが多いと思います。5年ほど前夏先生は初来日直後、私を訪ねてこられ、ご一緒に会食をしました時に、私の妻が何少山先生と親戚で、しかも約2年間個人的に指導を受け、3人の子どもを授かりその後周期療法をずっと実施していると聞いて、なるほどと納得されていました。夏先生のお仕事をされている病院へは、いつでも個人的に来てくださいと言われています。
 この20年間を振り返って、私の薬局へご相談に来られます方々で、私の妻ほどお身をこわされている方は一人もいません。私からみたら皆さんはずっとずっと健康です。もっともっと自信を持ちましょう。毎日は楽しく、旦那様とは仲良く暮らしましょう。健康な赤ちゃんは近い将来、日本全国、全世界の皆さまの腕の中にやってきます。“私たち夫婦が証明です”!!  今、私は20数年間を振り返って、周期療法の本を制作しています。近日中に皆さまにご案内できると思います。

 私はこの周期療法で授かった赤ちゃんのご報告をいただくと、中国杭州市で特注した絹のクツをさし上げています。3000、5000、10000足と計18000足を発注して、現在約5000足が手元にございます。ですから、この20年で、約13000人の方々へさし上げました。私へ届く赤ちゃんのお写真は、日本全国、全世界から毎年200枚以上、先日も一週間でニューヨーク、ニュージャージー、北京、ソウル、マドリードの方々からあいついで、妊娠のご報告をいただきました。ニューヨークとニュージャージーの方は、お友だち同士、二人から同じ日の同じ時間のご報告をいただき、私も彼女たちもビックリです。ニューヨークとマドリードのお二人は日本で出産することが決まっています。
 先週も、ハワイ、カナダ、パリ、上海、青島から私の薬局へ来訪されました。
 実は今年の12月末からは、タイ国バンコク在住の中国福建省出身の経済界で活躍されている皆さまから、息子夫婦に子どもが出来ないので、皆おじいちゃん、おばあちゃんになれず困っているので、是非来てほしいとご要望があり、年末年始を利用して行く予定にしております。日本の皆さまにご迷惑のかからないよう、日程が決まりましたらご報告致します。
[PR]
by yakujudo | 2008-08-10 00:01 | タン先生の周期療法
日本に不妊症周期療法が紹介された経緯は
 先日、ロシアのユーリヤ・イワーノヴナ・コルシコーヴァ医学博士が、通訳の方々を同伴して来店されました。先生は日本で不妊症の周期療法を最初に実践したのが私だということを聞いて、いろいろと話を聞きたいと、遠路わざわざ来日されたそうです。

 たぶんインターネットでは、周期療法は南京の夏桂成先生が考案された方法であることがたくさんのホームページに紹介されていることと思いますが、夏桂成先生が初来日されたのは3年前のことです。
 周期療法をはじめて日本に紹介したのは、今から18年前、1988年9月に二度目の来日の際「不妊症の弁証論治」を講演された、私の恩師、叢法滋先生なのです。その講義の中に、中成薬の人工周期療法というものがありました。実は、88年10月に誕生した私の長女は、妻が85年3月に妊娠、外妊ということがわからず、6月に腹腔鏡による緊急手術で卵管を1本切除、その後手当の遅れで排卵が起こらず、体調も崩してしまったので、排卵誘発剤の服用で排卵を起こし、妻の親戚にあたる淅江省杭州市の老中医・何少山先生の指導のもと、漢方薬を服用して体調をととのえた結果としてできたという経緯があります。長女誕生後は、翌年に長男が、その3年後の9月には次男が生まれました。
 長男と次男の時には、まったく薬を服用することなく授かった私は、叢先生の講義にたいへん興味を持ち、叢先生の方法と何先生の時に経験した方法を取り入れて、この18年間研鑽を重ねてまいりました。
 周期療法とは運命的な出会いを感じています。最初に10年間コツコツと勉強してきて、この周期療法はきっと皆さまのお役に立つものと確信ができましたので、新聞に初めて紹介し、それはインターネットの『健康情報館』にも掲載され、夏桂成先生の来日後はいろいろと広まったということです。
 夏先生と何先生は旧知の間柄で、夏先生が来日された際に、私が何先生と親戚だと聞いてびっくりされていました。何先生のお宅は、約400年、16代続く婦人科を専門とする中医の家系で、現在長女の何嘉琳先生が淅江省中医院で診療にあたられ、長男と次男のお二人は、イタリアのローマで中医師として活躍されておられます。
a0148348_19452981.gif

 コルシコーヴァ先生は、約1時間、私の妊娠に対する考え方、周期療法の詳細、高度医療との併用など多岐にわたって質問をされ、この薬局には世界中からご相談が来ているので、現在の日本と同様、少子化で困っているロシアにもたくさんの不妊症で悩んでいる方々がいるので、今後私どもへ紹介するとおっしゃって代えられました。 後日、ロシア語と日本語のお手紙が送られてまいりました。
[PR]
by yakujudo | 2006-04-10 00:01 | タン先生の周期療法
師からのヒントで高プロラクチン血症に使う炒麦芽が誕生
 私が元北京同仁堂病院主任、叢法滋先生から不妊症の周期療法をご教授いただいて10数年が経ちました。今も毎日が試行錯誤の連続で、お客様から教わることが多く、勉強の必要を痛感しています。
 最近お客様から”日本で周期療法を最初に実施したのは、譚先生ですね!?”というおたずねが多いので、”間違いなくそうです”とお答えしています。また、”譚先生の周期療法はどこでも受けられますか?”ほかの薬局の周期療法と違いますか?というおたずねも多いのですが、”周期療法の理論は同じかもしれませんが、私は今まで積み重ねてきた多くの経験に基づきいろいろな療法をアドバイスしています。周期療法のみで妊娠される方、排卵誘発剤やホルモン補充療法を併用して妊娠される方、人工授精、体外受精、顕微授精との併用で妊娠される方、また、最近はいろいろな事情により卵子提供による体外受精を受けて妊娠をめざし方々からもご相談を受け、周期療法のお薬を服用いただいております。
 高プロラクチン血症に服用する炒麦芽(いりばくが)にも、その誕生には誰も知らないエピソードがあります。
 周期療法を教えていただいた叢先生と我が家で会食しましたときに、不妊症の治療について中国の秘法のお話しがありました。その中に麦芽についての話があったのです。私は翌日、早速に麦芽を取り寄せ、毎日深夜まで家の鍋で炒ってはふるいにかけ、分包してお客様にお出しし、煎じて服用していただいたのです。その後、この麦芽を服用に手間がかからない形にして飲みやすくしてはどうかとの提案があり、現在出回っているエキス粉末が誕生したのです。ここで紹介している周期療法とは、このようなさまざまな工夫を重ねてきた私だけの周期療法なのです。
[PR]
by yakujudo | 2004-09-10 00:01 | 漢方のお話
Powered by Yakujudo Pharmacy