タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:出産 ( 10 ) タグの人気記事
嬉しい妊娠.出産のご報告
この仕事をしていて一番嬉しいのは妊娠、出産のご報告を頂いた時です。
今回は最近頂いた2通のお手紙をご紹介します。

「昨年の今頃、通院していたクリニックにて内膜症がひどいため妊娠は難しいと言われ、落ち込んでいた時、先生のホームページに出会いました。
先生とお会いして『内膜症だって赤ちゃんは出来るから大丈夫』と話して励ましていただき、とても元気になれました。
周期療法を始めてすぐに妊娠がわかり、主人とも本当に良かったと喜びました。
雨の日に薬局に伺うと『こんな雨の日は暖かくして家でお茶でも飲んでいなさい』と笑顔で話してくださり、先生の優しさに心癒されました。
娘は4カ月になり、笑顔も多くすくすくと成長しています。
落ち着きましたら娘とともに先生に会いに行きたいと思いますのでよろしくお願い致します。本当にありがとうございました。」

「私は結婚して1年子どもができず、もうすぐ30歳というあせりから病院へ行きました。
色々な検査をした結果、一つ問題があり、『自然妊娠は難しい』とのこと。旦那も職業柄出張が多く、排卵日に家にいないこともあったので、『少しでも確率が高いなら』と迷わず人工授精を行うことにしました。
しかし病院は平日しか空いていないし、旦那は4時半や5時に出勤しなくてはいけない日も多く、もらった精子を温めたり、自分の出勤時間をずらしてもらったりと、とても大変でした。注入するのも痛くて辛い思いもしました。
人工授精を行えばすぐに子どもができると思い、我慢していましたが、大間違い!なかなか妊娠することなく、回数を重ねるたびに下がっていく確率に不安な毎日を過ごしていました。
その頃はグレープフルーツジュースが良いと聞けばそれを飲み、ザクロジュースが良いと聞けばそれにすがり...体外受精をするかどうか話し合ったこともありますし、子どもができないことをお互いのせいにして大ゲンカしたこともありました。
そんなある日出会ったのが譚先生でした。先生の本を読んで気持ちがスーッと楽になりました。
その月は思い切って人工授精をしないことに決め、2人の時間を楽しみました。
すると次の月…なんと妊娠していることがわかったのです。病院の先生もびっくり。
その後もつわりもなく、何の問題もなく、先月無事に女の子を出産しました。
先生、本当にありがとうございました。」

赤ちゃんを待ち望んでいる皆さまが一日も早く元気な赤ちゃんを授かることを心から祈っています。
[PR]
by yakujudo | 2013-09-01 08:10 | タン先生の周期療法
高齢妊娠には、出産まで注意深くケアを
 2005年8月までに周期療法のお薬を服用して妊娠され現在も妊娠が継続中の方々の内、体外受精との併用された最高齢の方はTさんで47歳(昭和33年生)、また自然妊娠の最高齢の方は44歳(昭和35年生)のSさんとなっています。
 自然妊娠の方はやはり44歳(昭和36年生)のYさんが現在18週で続いています。このまま無事に妊娠が継続されれば,Tさんが48歳、SさんとYさんのお二人が45歳での出産となります。
 昨年も45歳の方が3人(自然妊娠1人、体外受精2人)出産されていますので、3人の方々には元気なお子さんを出産され、元気なお母さんとなられますよう、現在は安胎方を服用いただいております。
 通常は12週まで安胎方を服用いただくのですが、三人の方々には20週まで服用いただくことにしています。それでも心配なときには、出産の直前まで服用いただくことにしています。
 先日、自然妊娠されたSさんから、次のようなファックスが届きました。

 こんにちは。いつもお世話になっております。
 私は先日(7月27日)に自宅検査で陽性反応が出て、先生にグラフを見ていただきましたSです。
 その5日後、近くの病院で診ていただき、妊娠反応は出ているが胎芽は見えず、高温期のお薬を服用しながら今日までおりました。
 以前より診ていただいている不妊治療の病院で再検査をしたところ、超音波で着床しているのが見えました。感激で、即勤務中の主人にメールをしてしまいました。まだつわりやだるさはありませんが、安定期に入るまで大切に育んでいきたいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2004-11-10 00:01 | タン先生の周期療法
45歳からの連続妊娠、出産。お体の回復からスタート
 昨年(2004年)、不妊症で周期療法のお薬を服用され、45歳で出産された方が3人(滋賀県、愛知県、千葉県。お二人は体外受精と併用、お一人は自然妊娠)おられます。
 そのうちのお一人、愛知県のAさんは、昨年11月に第一子を出産(体外受精と周期療法の併用)、今年6月に入って第二子を計画したいとのご連絡をいただきました。実はAさんからは11月の出産直後に、年齢的なゆとりがないのでなるべく早く次を考えたいとの相談を受けましたので、まず3カ月の間産後のお薬を服用してお体の回復を、産後6カ月間は子育てに専念していただきその後の体調をみて周期療法を再開するお約束をしていました。
 4月に46歳になられ、これから妊娠、出産の期間を計算すると、46歳のうちの出産はちょっと難しいかもしれません。47歳での出産になりそうですが、ぜひ頑張っていただきたいと思います。私も精一杯応援して参ります。
[PR]
by yakujudo | 2004-08-10 00:01 | タン先生の周期療法
健康で頭の良い子が授かる!!周期療法
 6月初旬に、アメリカ在住のFさんとKさんから、相次いでご連絡をいただきました。
 現在アメリカのバージニア州にお住まいのFさんは、4年ほど前にハワイから不妊のご相談に来店されました。その時には、周期療法のお薬を二周期服用されて妊娠、無事女の子を出産されました。その後自然に任せ様子を見ていましたが、第二子が授からないので、再度周期療法のお薬を服用してお体をととのえ、妊娠に臨みたいとのご連絡をいただきお薬を郵送しました。
 その後お薬が到着したとのお知らせの手紙に同封されて、かわいいお嬢様のお写真が届きました。お手紙の最後に「写真でおわかりのように、問題なく、伸び伸び成長しております。6月で3歳ですが、頭も良く、健康で優しい良い子です。」とありました。実はこの言葉は、周期療法でお子様を授かった皆さまから私が日頃頂戴している言葉なのです。

 ニューヨークに在住のKさんは、インターネットでこのホームページを見つけられた方です。三度の流産を繰り返し、ぜひとも次の妊娠は出産まで進んで元気なお子様を授かりたいとお電話をいただきました。
 初回のお薬は東京在住のお母様がご来店くださり、翌日飛行機に乗ってニューヨークに届けられ、その翌月にはご夫婦でニューヨークからご来店くださいました。
 6カ月の服用で4度目の妊娠をされ、通常12週まで服用いただく安胎法を20週まで服用いただき、順調に経過されているとのご連絡をいただきましたが、過去の度重なる流産の不安から、生まれる直前まで安胎方を服用いただくことにし、お産後は100日間お体をケア市内といけないので、東京のお母様にニューヨークへおいでいただいて、助けていただくようお話しをしました。
 6月9日にそのお母様から、無事女の子を出産されたとのお電話をいただきましたので、産後の回復に役立つお薬3カ月分とお祝いのピンクの絹のクツを送らせていただきました。Kさんのお子さんも、頭も良く、健康で優しい良い子に成長されると思います。
[PR]
by yakujudo | 2004-07-10 00:01 | タン先生の周期療法
周期療法による45歳の方お二人の第二子出産
 45歳で出産されました、愛知県のNさんと、滋賀県のYさんのお二人からご連絡をいただきました。
 Nさんは初産で、6月に男の子を出産されましたが、できるだけ早くに次の子を産みたいのでどうしたらよいか、というご相談を受けました。
 渡しはまず、産後のお薬を3か月間服用してお身を回復して、現在母乳で育てていらっしゃるとのことですので、6か月間は母乳で育て、7か月目に催乳ホルモンのプロラクチンを下げる目的で麦芽を服用して断乳し、生理周期が回復したら再び周期療法でお身をととのえ、次の妊娠に向けて頑張りましょうとお約束いたしました。
 近い将来、第二子を妊娠され無事出産できましたら、奥様は無論のこと、私もたいへんうれしいです。
 
 一方YさんはNさんと同様10月に第二子の男の子を出産されました。奥様からは、38歳の時に出産され、現在7歳になられているおじょう様が、白い産着を着た弟さんを、うれしそうに抱いているお写真をお送りいただきました。
 ご夫妻も待ちに待った第二子の誕生ですが、おじょう様も弟さんができて大変喜ばれていると、奥様からお電話をいただきました。
 38歳の出産と45歳の出産は大分違うとのこと、これからの育児は大変だと思うけれども、是非とも頑張っていきたいとおっしゃっておられました。
 
 NさんとYさん、お二人の赤ちゃんが元気に育つこと、私も応援しております。
 
〓〓 ご来店いただく皆さまへのお知らせ 〓〓
 このホームページをご覧になって、ご相談にお越しいただくことも多くなっていますが、薬寿堂薬局の定休日が平成17年1月より日曜・祝日に加え、第1、第3月曜日も定休日となります。ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。
[PR]
by yakujudo | 2003-12-30 00:01 | タン先生の周期療法
出産は「大産」、流産は「小産」 流産後のケア
 中国では,出産は大産(ターツアン),流産は小産(シャオツアン)と言います。
 以前にもこのコラムで出産後の養生についてご紹介しましたが、出産後100日は、母子ともに身の回復や感染予防のために外出を避け、身の養生にに努めることは、今も中国人にとっては誰もが知っている常識です。
 やはり日本でも昔は、産後や流産後は身の養生をする必要があるということは常識であったはずですが、最近はこの考え方がかなり変わったように私の目に映るのはどうしてでしょうか。

 出産や流産は病気ということではありませんが、身にとっては病気よりもはるかに大きな負担だと思います。
 大きなお腹をかかえ、やっと出産された方々も喜びはつかの間で、その後の3~4か月続く育児は睡眠もあまりとれず、出産の喜びがあったからこそ耐えられるというものではないでしょうか。
 読者の方々にも、残念ながら流産を経験された方々がおられると思いますが、妊娠期間が少し長い方では、流産後に胸がはり、中にはお乳が出てくる方もいらっしゃいます。これは出産でもないのに,流産後にお乳を出す催乳ホルモンのプロラクチンが高くなるためです。この状況を見れば、2~3か月の短い妊娠期間の方でも、出産後と同じだということがわかっていただけると思います。
 私は、流産後の手当てのお薬を1~3周期服用いただき、自然排卵が起こり生理が来たことを確認した時点で回復とみて、その後が周期療法で妊娠を目指していただいております。

※3月末に朝日新聞社から発売される『週刊朝日別冊「漢方」』に、譚先生のインタビューと周期療法の紹介記事が掲載されるとのことです。ご覧になってみてください。
[PR]
by yakujudo | 2003-07-30 00:01 | 不妊症解説
百通の手紙を今秋出版
 5月末までの妊娠報告212名に加え、6月14日までの2週間に19名の方々からご報告をいただき、現在231名の妊娠となっております。
 今のペースで妊娠のご報告をいただけたら、7月末までに300名、9月末に400名、11月末には500名を超えることができるものと、私も期待をしております。

 6月2日にご報告をいただいた横浜市在住のAさん43歳は、昨年3月末より漢方のお薬の服用を開始され、約8カ月間の周期療法で自然妊娠されその後順調に経過、8月に出産予定日を迎えられるとのこと。Aさんの残ったお薬をプレゼントされた義妹Bさんがおいでになりました。Bさんは、Aさんから”あなたもお薬を飲んで体調を整えたら、私と同様きっと子どもが授かるから”と励まされ、来店されました。1日も早く成果が出ることを私も願っております。

 この1~2年間で、周期療法で妊娠された方々、出産された方々からのお写真やお手紙が数百枚になっています。このうちの100通のお手紙を抜粋して、お薬の服用期間や経過、私のコメントを付け加え、今秋に出版できるよう現在作業を進めております。
 これから周期療法をされる方、現在されている方、また不妊症でお悩みの多くの方々にきっとお役に立つものと思い、制作することにいたしました。”生の声、生のご意見、生の感動”を皆さまにお伝えできるものと確信します。
 できあがりました際には、皆さまにご紹介させていただきます。
[PR]
by yakujudo | 2003-05-30 00:01 | お知らせ
高齢妊娠、今年、これまでの最高は45歳
 中国漢方と西洋医学の統合不妊症治療法である周期療法のお薬を服用されている皆さまから、続々と妊娠のご報告をいただき、本当にうれしく思います。
 1月34名、2月39名、3月46名、4月54名、5月は12日までで11名。これを合計しますと、今年はすでに184名の方が妊娠のご連絡をくださいました。
 周期療法で体づくりをし体外受精で妊娠された川崎市のKさん(45歳)が、今年現時点での最高齢で現在妊娠12週。
 滋賀県K市のFさんと横浜市のNさんのお二人が、周期療法による自然妊娠の最高齢で43歳です。
 皆さま無事に妊娠が進み、出産されますことを私も案じております。

IVFをキャンセルし自然妊娠に成功

 4月に送られてきたファックスをご紹介いたしましょう。

 譚先生、お久しぶりのファックスになります。
 私は1月の中旬から1か月半周期療法でお薬を飲んで、赤ちゃんを授かることができました。現在は4か月に入りました。
 私たちが先生のところに行った時は、IVFの予定でしたが、先生とお話しをしている間に、やっぱりできれば自然妊娠をと思い、IVFをキャンセルして見事に赤ちゃんを授かることができました。しかもまさかの自然妊娠で、本当に信じられないことでした。
 つわりも軽く、お腹の赤ちゃんも無事に順調に大きくなっています。本当に先生と出会えて良かったと思います。本当にありがとうございました。そして不妊で悩んでいるたくさんの方々の力になってあげてください。
 埼玉県北足立郡 Sさん
 
 実は、前出の横浜のNさんも埼玉県のSさんと同じケースなのでした。
[PR]
by yakujudo | 2003-05-20 00:01 | タン先生の周期療法
うれしい妊娠、出産報告がつぎつぎと
 昨年度は、1月20名、2月25名、3月17名の妊娠報告をいただきましたが、本年度は、1月34名、2月39名、合わせて73名の方から妊娠報告をいただき、2カ月間で昨年1~3月62名を越えました。この原稿を書いている3月15日までの3月分は24名であり、今年になってからの合計は97名のハイペースです。今年の目標400名はきっとクリアできるでしょう。

 1月と2月に届きました二通のおハガキをご紹介いたしましょう。

 ごぶさたしております。昨年はお世話になりました。不妊症治療をしても、なかなか妊娠することができませんでしたが、漢方を服用するようになって2ヵ月で妊娠することができ、とても信じられませんでした。
 流産も経験していたので、今回も妊娠を継続できるか不安でしたが、安胎の漢方も服用して継続できました。
 平成14年12月27日に、無事女の子を出産することができました。おかげさまで母親になれて幸せな日々を送っています。ありがとうございました。
  (東京都足立区 I・Kさん)

 今年1月8日午前に、お店の法へうかがいましたSでございます。このたび妊娠することができまして、病院へ行って来ました。無事正常な妊娠をしておりました。予定日は10月10日ということです。
 だんだんとつわりが始まってきました。1月にお店にうかがい、2月にはこのような良い結果になって本当にうれしく思います。ありがとうございました。
 多くの人に先生のことをお知らせしたいと思います。先生もお身体くれぐれもご自愛くださいませ。ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
  (東京都板橋区 S・Sさん)

-------------------------

スキンケアー(基礎美容)教室 5月開講


 私どもへご来店いただくお客様の大半は女性です。”いつも美しく、いつまでも美しく”あってほしいと私は思っております。そこで、スキンケアの専門の先生をお願いし、季節の変化に合わせたテーマによるスキンケアー(基礎美容)の教室を5月より12月まで毎月1回開催します。通して参加していただくとプロと同様のスキンケアの技術をマスターできるものと確信します。ぜひご参加ください。

場 所:AN(エーエヌ)横浜ビルの8階(私の店「薬寿堂薬局」の4軒隣りにあるビルです)
開催日とテーマ:
    5月 7日(火) 初夏の紫外線
    6月10日(火) ゆううつな梅雨の過ごし方
    7月 8日(火) 汗のトラブル
    8月12日(火) お手入れ不足の肌に
    9月 9日(火) 強い日差しとクーラーの冷却を交互に受けた肌のお手入れ
    10月 8日(水) 乾燥→シワ対策 パート(1)
    11月12日(水) 乾燥→シワ対策 パート(2)
    12月10日(水) 乾燥からくる体のかゆみに
時 間:14時と17時30分の2回 (1回1時間30分)
定 員:毎回15名(先着申込順)
参加費:1,000円(1回) 中国茶、中国菓子付き
お申込:薬寿堂薬局まで (薬局へ直接か電話045-231-2993で)

(テーマ、日程、時間等に変更が生じた場合は、お申込みの方にご連絡を差し上げます)
[PR]
by yakujudo | 2003-04-30 00:01 | タン先生の周期療法
体温表でわかる妊娠~出産の様子
 女性の皆様は婦人体温表をお付けですか?少なくとも結婚されたら妊娠の有無にかかわらず、自分の体調を知りうるひとつの指針になるので測定されることをお勧めいたします。
 私共へ不妊症のご相談にこられる大半の方が体温表を付けていらっしゃいますが、中には体温測定にストレスを感じて付けたくないと言われる方もいらっしゃいます。体温湖定をしてもきれいな理想の二層にならない、高温層が続かない、されいな二層になっているのになぜ私は妊娠できないのだろうと、長い間体温の変動に一喜一憂され、疲れてしまつたのです。
 二層の体温にならないと本当に妊娠できないものでしょうか。ここに四つの体温表のパターンをのせました。いずれも妊娠している方のものです。(1)のパターンばかりか、意外と多いのが(2)のパターンです。(3)は妊娠しますが、体温が不安定なように子宮の中の血流も不安定なのでしょうか、流産しやすい体温表です。(4)のパターンは二層ですが、低温層に比べ高温層が低いので子宮の中も冷たいのでLょう。胎児の発育が悪く不育の傾向がありますので、(3)(4)のパターンで妊娠されましたら、流産の予防の手当てをして安静にすれば、流産せず無事に出産まで進むことができると思います。
a0148348_12423821.gif

[PR]
by yakujudo | 2002-09-20 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy