タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:出産報告 ( 4 ) タグの人気記事
ほぼ毎日、妊娠・出産報告
 先日、私どもへおいでになったお客様が、東京の某有名不妊クリニックで漢方薬は不妊症に効きますかとおたずねしましたら、先生から、漢方薬を服用して妊娠するのは”たまたま”だとお答えいただいたそうです。私はお客様に「この薬寿堂はほぼ毎日がたまたまですね。たまたま妊娠され出産された方々が、こんなにたくさんのお手紙、お写真を送ってくださるんです」とお答えしたものでした。
 今回は、最近届きましたお手紙をご紹介いたします。

 こんにちわ。鹿児島県に住むTです。昨年9月にお伺いし周期療法1カ月で妊娠し、今年6月9日に男の子を無事出産いたしました。幸せな気持でいっぱいです。漢方との出会いにとても感謝しています。ありがとうございました。

 こんにちわ。茨城県のTです。昨年暮れから薬を飲み始め、途中仕事が忙しくて途切れてしまったのですが、今年の夏に再び送っていただき飲んだところ高温期が20日続きました。今日妊娠検査薬ではっきりとした陽性反応が出て、飛び上がって喜びました。今週末に病院へ行こうと思います。
 33歳、結婚8年目にしてやっとできました。譚先生のおかげです。この薬を飲んでいれば『絶対にできる!!』という前向きな気持になれました。先生のホームページや『あかちゃんできた!』を何度も読んだからです。先生本当にありがとうございました。
[PR]
by yakujudo | 2005-02-10 00:01 | タン先生の周期療法
周期療法で不妊症から妊娠、出産された方々の最近のお手紙
 前回の妊娠報告に続き、今回は最近いただいております出産報告をご紹介いたします。

 Yさん(東京都 2月6日、女の子出産)
 連絡が遅くなり申し訳ありません。9か月に入り切迫早産になり入院、逆子だったので、帝王切開での出産になりました。
 無事生まれた時は、本当にホッとしました。今6か月になり、表情も増え、大変ながらも毎日がんばっています。
 子どもを抱くことができたのも譚先生のおかげです。本当にありがとうございました。

 Sさん(東京都 6月8日、女の子出産)
 ご報告が遅くなりました。陣痛3分でもダメで、緊急帝王切開になりましたが(へその緒が、首に巻いてました!)無事生まれました。何ごともなく、私も元気で、本当に先生のおかげ様です。今後は老体にムチ打ってがんばります。
 結婚16年目にやっと家族になれたので……本当にありがとうございました。

 Iさん(新潟県 7月14日、女の子出産)
 御無沙汰しております。7月14日に2720gの女の子を無事出産しました。先生のおかげで我が子を抱くことができる幸せをかみしめております。
 本当にありがとうございました。まずはお知らせまで。

 Hさん(愛知県 6月16日、双子の男の子出産)
 双子の育児は大変ですが、無事出産し、現在もすくすく育っています。これも譚先生に昨年8月に伺って話を聞いていただき、薬の効果はもちろんですが、励ましのおかげだと感謝しております。
 本当にありがとうございました。連絡が遅くなって申し訳ありません。

 Tさん(千葉県 5月31日、男の子出産)
 薬寿堂のみなさん、お久しぶりです。
 5月31日に無事男の子を出産しました。念願の子宝に恵まれ、とてもみなさま方に感謝しています。
 妊娠が分かってからも先生には、いろいろとアドバイスや励ましていただき、がんばってこれました。今まで本当にありがとうございました。遅くなりましたが、ご連絡させていただきました。くつもありがとうございます。
 
 Kさん(神奈川県 7月2日、男の子出産)
 譚先生、薬寿堂の皆さま、お元気で活躍のことと存じます。
 昨年9月末、知人の紹介で譚先生にご指導いただきました。お陰様で、一周期お薬を飲み終わらない内に妊娠することができました。
 7月2日3224g、長男が産まれました。微弱陣痛で入院して4日かかりましたが、赤ちゃんが元気でしたので、なんとか自然分娩で産むことができました。これも漢方のお薬のお陰ではないかと思います。結婚4年目、待ち望んでいましたので、本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
 これからも、ますますのご活躍とご健康をお祈りいたします。

 今回は、6名の方々の出産報告を紹介させていただきました。
 不妊症でご来店いただく皆さまにおすすめしている周期療法で妊娠され、無事出産されました方々のお手紙は、私にとって一番うれしいことです。元気なお子さんを元気なお母様に抱いていただくことは、一番の幸せだと思います!!
[PR]
by yakujudo | 2003-11-30 00:01 | タン先生の周期療法
さまざまなタイプの不妊症相談例
今回は最近いただいた、妊娠報告のお手紙をご紹介しましょう。


 千葉県 Nさん
 こんにちは。今年は酷暑でしたが、体調崩されてませんでしょうか?ずいぶんと連絡が遅れてしまいましたが、つわりも納まり安定期を過ぎたのでご連絡させていただきました。
 今年に入って子供が出来にくいことが判明し、すぐに別のところで漢方治療を始めたのですが、あまりにも高額なため、続けるかどうかと悩んでいた折、先生の存在を知り、4月にお伺いしました。
 先生にお会いしてお話しし勇気づけられたので、一年は頑張ってみようと一周期分飲み終えたところで妊娠が判明しました。
 先生に他の方々のお手紙をみせていただいて、私の場合はそんなにうまくいかなくてもゆっくり続けようと思っていたので、こんなに早くできて驚いています。
 来年早々には出産報告したいと思います。本当にありがとうございました。


 福岡県 Kさん
 譚先生へ いつもお電話でお世話になっています福岡のKです。
 この度は、漢方の周期療法一周期で見事に妊娠することが出来ました。
 今までタイミング法5回、AIH5回と、次のステップアップを考えるように病院で言われ、どうしても体外受精には進めませんでした。そして今回AIH6回目と漢方のおかげで、一周期で妊娠できて夢のようであり、たいへんうれしいです。やっと私のところにも赤ちゃんがやってきてくれました。たいへんうれしいです。
 心拍も取れた頃にのどの痛みと湿疹がひどくなって入院になった時も、先生はすぐにひきますよって言ってくれたり、安心させてくれました。先生のおっしゃる通り湿疹も4日でひき、無事退院することができました。
 最初は薬物中毒であると言われすごく不安でした。結果はウイルスであることがわかりこれも心配でしたが、風疹以外なら大丈夫と言われ、先生も心配してくださいました。
 先生にはほとんど毎日のように電話で相談にのっていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


 大阪府 Kさん
 譚先生、こんにちは。3日に電話及びFAXでお薬を処方していただいたKと申します。
 薬を一周期半ほど飲み続けた後、めでたく妊娠していることがわかりました。ほんとうにありがとうございました。現在妊娠5か月で、来年の1月12日が予定日です。
 先日までつわりが辛く、先生へのご報告がたいへん遅くなってしまい申し訳ありません。
 先生の薬を飲みはじめたのと同じ頃、主人と新婚旅行以来初めてゆっくりと海外旅行に行けたので、ストレスから解放されたのと、両方のおかげと思っておりますが、あまり早いできごとにびっくりしております。
 今はつわりも少し落ち着いてきて、ベビーちゃんに会える日を楽しみに過ごしています。本当にどうもありがとうございました、これからもますます多くの方がこの喜びを授かれますよう、先生よろしくお願いします。


 Nさんが行かれた千葉県の薬局では、15日分のお薬の代金が7万円だったそうで、聞いた私もビックリしてしまいました。
 福岡県のKさんは、下垂体を刺激しないと排卵できないので、排卵誘発剤HMGを使用するAIHと周期療法を併用していただきました。
 大阪府のKさんは精神的なストレスが大きな要因で、その解消と共にお身がととのい、妊娠できたものと思います。

[PR]
by yakujudo | 2003-11-20 00:01 | 不妊症解説
不妊症の方100人の妊娠・出産報告『赤ちゃんできた!』できました。
a0148348_23562366.jpg10月15日までに、本年度届きました妊娠のご報告は、366名となっております。残りの2か月半、どの位の数字まで伸びるのか、私も楽しみにしております。
 沢山の妊娠、出産報告を戴いていますが、手紙、ハガキ、FAXで戴いたご報告のうち100名の方々のお便りをまとめた『赤ちゃんできた!』(健康情報館)が完成しました。
 この本を編集するに当たって、私の手元にあります皆さまからのお手紙を全て読み返し、思い出せます限り色々とコメントを書きましたが、妊娠、出産されました方々の喜びは無論のこと、それまでの思いやご苦労が目に浮かぶようです。
 18年前、私の妻も最初の妊娠が子宮外妊娠で発見が遅れ、開腹手術を避けられない状態でしたが、予後を考えてくださった先生がその頃はまだ世の中にあまり認知されていなかった腹腔鏡の手術をしてくださいました。
 手術のおかげで、閉塞をおこした卵管を摘出していただき危険な状態は回避できましたが、本来の体調はなかなか回復できず2年間苦労しました。その2年間に西洋医学と中国医学のおかげで体調を回復し、3人の子供達に恵まれた経験を持つ私が、両医学を融合させた周期療法に出会ったことは奇遇であり、皆さまのお役に立てることになったのは本当に幸せなことです。このエピソードも本のあとがきに詳しく書かせていただきました。また、次の100名の方々をご紹介できますよう、精進したいと思っております。
[PR]
by yakujudo | 2003-07-10 00:01 | お知らせ
Powered by Yakujudo Pharmacy