タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
タグ:冷え症 ( 1 ) タグの人気記事
”冷たい子宮”の現れ-手足の冷え、生理痛、不妊
 先日、ある地域紙の編集室から、読者から”冷え症”ついての質問をいただいているとの連絡をもらいましたので、今回は女性の”冷え症”について、私の思うところを述べたいと思います。
 手足の冷えは、末梢への血液の供給不足や、血管の運動性の問題ということでしょうが、女性の冷え性は、私は”冷たい子宮”を改善することがキーポイントと考えております。
 子宮の位置している骨盤内の血液の循環が悪く供給が少ないと、血液は骨盤内で冷たくなり、冷たくなった血液が足先へ送られ、足先でさらに冷えた血液が骨盤に戻ってきて骨盤内をいっそう冷やして、結果として”冷たい子宮”が形成されるのだと思います。そして”冷たい子宮”の現れとして、手足の冷え、生理不順、生理痛、不妊といった諸症状を呈するものと思われます。
 冷え症を治すには、血液の働きを高める補血薬、血液の流れを促進する補気薬、血液のうっ血を改善する活血化淤薬、手足の末端を温める温陽薬などを配合して”温かい子宮”を作ることが最善ではないでしょうか。
 また、日常生活では、冷たい飲み物やなまものをとりすぎないこと、手足が冷えないよう靴下をはき、腰回りも冷えないよう適度な厚さで保温性のある肌着を身につけることも大切です。血液循環の悪い方は、軽い運動をされることも大切だと思います。
[PR]
by yakujudo | 2002-12-10 00:01 | 不妊症解説
Powered by Yakujudo Pharmacy