タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:健康 ( 13 ) タグの人気記事
年齢よりも健康な身体が大切
赤ちゃんを望んでいる皆様へ私から質問です。
皆さんはご両親から自然妊娠で生まれましたか?そしてご両親もそれぞれのおじいちゃん、おばあちゃんから自然妊娠で生まれましたか?
ぜひ一度確かめてみて下さい。
皆さんの祖先を遥か昔までさかのぼっても、ほぼ全員が自然妊娠でこの世に生まれていると思います(ごく少数の人は人工受精かもしれません)。
人間は今から500万年前に地球上に生まれたと言われていますので、今地球上で生活している皆様の祖先は500万年の間、自然妊娠で命を授かり、繁栄を続けてきているのです。

なぜこのようなお話から始めたかというと、最近、体外受精を紹介するテレビ放送を見た方々から「先生、卵子は老化するというのは本当ですか?」とよくご質問を受けます。
私は「人間は永遠に老化しない人はいないので、老化と共に卵子も老化するのはごく当たり前ですね」とお答えします。
ただし、今から50~60年前の老人と今ではまったく異なります。
私は今年63歳になりますが、私が5歳~10歳の頃を思い浮かべると、当時還暦を迎えた方と、今の60歳を比べてみると、昔の方は本当に老人だったという印象があります。
平均寿命もその当時に比べたら男女共に、20歳以上あがっています。
また、体の衰えは個人差が大きいと思いますが、現在、女性の閉経の平均年齢は51歳。今年56歳になる私の妻が出産をした病院の先生から体力を聞かれ、一度ホルモン検査の測定をしたところ、まだまだ元気でAランクと先生から太鼓判を頂きました。
ですから、昨年私どもへおいでになったお客様の知人の方々がそれぞれ53歳、52歳で自然妊娠で出産されたと伺って、私は納得できるのです。
もちろん、ご夫婦ともにお身体が元気だということが一番大切ですが。

閉経の早い方では40歳前後の方もいれば、遅い方では60歳近くの方もいらっしゃいます。
男性も同様で、元気であれば70歳代でもお父さんになれる方もいれば、40歳前後で精力減退、またストレスがもとで、夜の生活をもてないという方もおられます。
中国でも、問題のある方々には、体外受精や顕微受精が施行されていますが、もともと中国人は、健康な赤ちゃんは健康なご両親から生命エネルギーの”先天の精”を受け継ぐと考えるので、両親が健康であるということは大きな要素となります。
元気ではないご両親から生まれる子どもは、もともと生命力の弱い子どもではないのです。

ですから、妊娠を考える時、まずは健康な旦那様、奥様になることを考えて下さい。
今、日本は世界でも有数の不妊大国です。昨年体外受精で生まれたお子さんは2万7千人(全国の体外受精をできる施設は現在800ヵ所)で、自然妊娠のお子さんは105万3千人。計108万人です。
これは、私が生まれた昭和24年の約半数です。
少子化を止めるためにも皆様が健康な体を取り戻し、自然妊娠で子どもを沢山産みましょう!
[PR]
by yakujudo | 2012-04-10 06:00 | タン先生の周期療法
東日本大震災と、それに続く原発事故に思う
皆様におかれましては、東日本大震災の被災はございませんでしたでしょうか、お見舞い申し上げます。

3月11日の地震はすごかったですね。私は横浜で生まれ育って62年間、こんなに大きな地震は初めてです。
以前から心配されていた東海沖地震がとうとう来たのかな、と思いました。
まさか、震源が東北から茨城沖という広い範囲とは予想もしませんでした。後になって考えますと、それ以前に同震源域で中程度の地震が頻繁に起こっていたことが思い出されます。

大地震、そしてその後の大津波で多くの町が、まるで空爆にでも遭ったかのような壊滅状態になっているのをテレビ画像で目にして、非常にショックを受けました。
どこの町も瓦礫の山と化し、約3万人もの方々が死亡あるいは所在不明となってしまい、真に残念です。
実は、私の仕事の関係者が千葉県から青森県の太平洋沿岸に移り、薬局を経営されていて、その方々が住んでいらっしゃった地域の町々が津波で跡形も無く流されてしまいました。
音信不通が続き大変心配しておりましたが、地震から2週間が経過した3月25日に、その内2名の方の安否確認が取れ、少しだけほっとしました。

この地震に続いて福島の原発事故、本当に心配です。
毎日発表される情報なども二転三転しますし、いったいどこまで安全でどこまで危険なのか、本当のところの正確な情報を知りたいと願うばかりです。
汚染された水なども「海に流しても心配ない」などと言ってますが、私にはとても信じられません。
汚染された魚、奇形の魚でも網にかかったら、どうするのでしょうか。
それから対処すれば間に合うという問題ではない筈です。
一日も早く、終息して、放射能汚染の無い安全な日本に戻って欲しいです。

人間は生きていく上で、おいしい水、おいしい空気、おいしい食物は一番大切なものです。
放射能による海洋汚染、大気汚染、土壌汚染は多くの方々の健康に影響します。
一度汚染されてしまうと、元の状態を取り戻すのに大変長い時間を要します。
人間にとって、自然と共存して生きていくことは、とても大切なことです。
それなのに、人は得てして自然の摂理を破ってしまいます。今回の事故も、人間の奢りによるものではないでしょうか。
もっと地球を大切に、もっと自然を大切に、地球や自然は無限ではありません。

私はこの薬局で二十数年間、不妊症の方々のご相談を受けております。
一人でも多くの方々に妊娠していただき、健康な赤ちゃんを授かっていただきたいと願っています。(出来れば自然妊娠で!!)
ご相談に来られる女性の方々の中には、地震以後は精神的に動揺されていたり、地震に続く原発騒動により妊娠.出産に対して先行きの不安を感じていたりする方が、少なくありません。
一日でも、一分でも早く、安心安全な日本を取り戻して欲しいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2011-04-19 15:26 | 気になる話題
一番大事な食事のお話
現在、日本にはあらゆる食料が輸入され、飽食時代と言われているのに、若い方々の中には飢餓状態の方が増えているのだそうです。
食べるものがないからではなく、主食を食べずにお菓子やケーキなどの副食ばかりを取っている方、間違ったダイエットのためにしっかりと食事を取らない方、食費を倹約するため必要以上に減食している方、忙しく仕事に追われて食事をしていない方、食事代わりにサプリメントを掌に一杯のせて飲んでいる方..
ちゃんと食べるものを食べていなければ、体の健康を保つことができないのは当たり前のことです。

皆さんは、衣食住の中で何を一番大事に考えていらっしゃいますか?
中国人である私は、食を一番と考えております。
しっかり食事を取って、体の健康をつくってこそ元気なお子さんを授かることができると思いませんか?
元気なご両親から元気なお子さんを、これはご両親としての最低限の義務だと私は思っております。
食物の栄養は体内へ取り込まれ、漢方で言う精(せい)と血(けつ)を構成します。
精は腎精(じんせい)といって、体の活力源です。ホルモンの生産や生殖に関連しています。
血は肝血(かんけつ)といって、血液に含まれる成分とその働きをいいます。ホルモンの分泌、生理周期に関連します。
精と血は、車で言えば燃料に当たる重要な部分ですので、食物をバランスよくしっかり取ることは大切なことなのです。

今年の3月より、来店される皆様から体によい食事を紹介して欲しいというご要望があり、まずクコの実クルミの実カシューナッツの実と、補精作用の強い実を使用したお料理を3回連続でご紹介させて頂きました。その後は中国式茶碗蒸し、夏場の暑さに負けないように冬瓜のスープをご紹介しています。
毎回ホームページにも写真とレシピをご覧頂けるようにしてあります。
今後も私の妻に協力してもらい、季節に合わせた内容で体を元気にする食事を連載する予定です。

また、昨年末より、私達夫婦が製作しました『健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる食事法』という、不妊を改善する食事レシピ本、DVDが8月4日よりインターネット(http://www.tandvd.com/)から発売されています。
皆様のお役に立てて頂けましたら、私も妻も大変嬉しく思います。
妻は以前、横浜そごうデパートの読売文化センターや、東京ガスの料理教室等で薬膳料理を教えていたことがございまして、美味しくて簡単にできる料理を本とDVDの中でご紹介しております。

私には結婚以来ずっと心掛けていることがございます。
26年前、私達夫婦の結婚式に来賓としてご出席下さいました、当時の筑波大学大学長、福田信之先生が祝辞の中で仰っていたお話を、私は今も鮮明に憶えています。
「夫婦が長年仲良くやっていく秘訣は、旦那さんはしっかり働いて奥さんの財布を一杯にしてあげること、奥さんは旦那さんの胃袋をいつも一杯にするよう毎日美味しい料理をつくること。そうすれば、仕事を終えたら奥様の食事を楽しみに、家へ早く帰ってくるんです。」というお話でした。
皆様のご参考になればと思い、今回このコラムに書くことに致しました。
[PR]
by yakujudo | 2010-08-29 21:59 | タン先生の周期療法
必ず二人の健康な体が必要
 最近、少子高齢化が社会問題になると同時に、不妊症の方の増加も話題になっています。私は昭和24年(1949年)生まれ、俗にいう団塊の世代ですが、私を生んだ母の年代も私の年代も、現在のように食物があふれている時代ではなくむしろ食物の少ない時代でしたが、周囲の友人たちから〝不妊〟という言葉はあまり耳にしなかったように思います。
 私どもへ不妊のご相談に来られます方々は、男女とも20代後半から40代半ばの方々が多く、世にいう団塊ジュニアの方々がメインです。食糧事情の良い時代に育っているので体格がよく、外見上は健康に見えるのに実際は半健康体の方が多いと思われます。
 妊娠には旦那様の元気のよい精子と奥様の成熟度のよい卵子からできる、グレードの高い受精卵と、この受精卵が着床し安定して育つ、新鮮な血液で満たされる温かい子宮が必要です。安定した状態を保って出産まで到達できれば、奥様の腕の中に元気な赤ちゃんを抱くことができるのです。
 私との話の中で、検査を受けられた結果を見せ、〝ぼくが良くて悪いのは彼女の方〟、逆に〝私はよくて彼が悪いからできない〟とおっしゃるご夫婦がおられますが、私は妊娠は一方だけがよければできるものではなく、必ず二人の健康な体が必要なんですよと、よく話しております。
 また妊娠は、精神的なことも大事で、毎日楽しく暮らしていると、ホルモンの分泌もバランスもよくなるのです、とも話しております。
[PR]
by yakujudo | 2007-04-10 00:01 | 不妊症解説
不妊症を解決するのは、栄養よりも健康な夫婦
 前々回このコラムで、私がアフリカのケニアに不妊症の周期療法のお薬を郵送していること、食糧事情が大変悪いのにもかかわらず、たくさんのお子さんが誕生していることをご紹介しましたところ、読者の皆さまから、食糧事情も生活環境も良く生活の豊かな現在の日本に、なぜ不妊症で悩む方々が多いのかというご質問がまいりましたので、私の思うところをお話ししたいと思います。

 私は昭和24年(1949年)生まれの56歳、俗に言う団塊の世代です。昭和22年~25年生まれは、約1,000万人と言われていますが、その時代は戦後間もない頃で、食糧は決して豊富ではなかったと思います。もしかすると現在のケニアに近かったのではないでしょうか。
 食物は十二分になく、今の人たちほどの体格に恵まれていなくても、当時の親たちは健康な身体を持っていたのでしょう。また、日本の復興に燃えていて、将来に対する夢と希望をもって毎日を一生懸命に生きていて、ストレスなど無縁であったと思います。つまり心身共に健康であったからこその結果です。

 現在不妊症で悩んでおられるご夫婦の数は年々増加しているのですが、いろいろな検査をしてもまったく異状が見当たらず、現在の医学では原因不明という方々も多くおられます。また、器質的、機能的な原因のある方々では、不妊の原因の約6割が女性側に、約4割が男性側にあると先日のテレビ番組で専門家が発言されていました。
 原因を軽減するには、日常生活の改善を図ることが不可欠ではないでしょうか。女性の場合は、冷たい飲み物の飲み過ぎ(ファミレスのドリンクバーでの冷たいドリンクの飲み放題は、私から見ると”毒”そのものです)、薄手の肌着の着用で足腰が冷え、その結果として子宮や卵巣を含む骨盤内の血流が悪化し子宮や卵巣の働きの低下を招いている方々が大変多いと思います。
 また男性では、肉体疲労よりも仕事のストレスからくる精神疲労の加重から、身体がオーバーヒートを起こしていて、精子の減少、運動性・直進性の低下、EDへとつながる方が大変多いと思います。

 私は不妊症のご相談をお受けするスタンスとして、『必ず健康なご夫婦が必要だ。健康なお二人を用意する』という私の主義主張を持っているので、ご相談に来られるご夫妻には、”どちらかが悪い、という考え方はございません”という私の姿勢をご理解いただくことにしております。
 ”私が悪い””あなたが悪い”という考えを持っていては、子どもはなかなか授からないのではないでしょうか。

 最近ご相談に来られます方々が、インターネットの根拠のない情報に振り回されていてお気の毒に思います。
 ベビーブームの頃、冬の短い期間にみかんは出回ってもグレープフルーツはありませんでした(私が初めてグレープフルーツを見たのは大学生の時です)。豆腐や納豆は食べても、豆乳を飲んでいる人もほとんどなく、イソフラボンを飲んでいる方は皆無でした。コーヒーや紅茶は少し贅沢な飲み物で、カフェインの多い緑茶を飲んでいる方が大半でした。でも皆さん元気な子どもを産んで元気なお母さんになっています。少し頭を冷静ににして暮らしてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2005-03-10 00:01 | 不妊症解説
食事もさることながら、健康と前向きな心を
 私のおすすめしている<タン先生の周期療法>は、日本全国ばかりか世界中からお問い合わせを頂いています。
 最近お薬をお送りしていますのは以前よりもさらに地域が広がり、ヨーロッパではイギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、スイス等、アジアでは韓国、中国(上海、香港、広州)、フィリピン、台湾、タイ、シンガポール等、北米ではカナダ、合衆国(ニューヨーク、テキサス、バージニア、フロリダ、カリフォルニア、オハイオ、ペンシルバニア等)、そのほか、グアム、サイパン、オーストラリア等です。
 6~7月にこの<たん先生の周期療法>が「Yahoo!」の話題のサイトにマークアップされ、「不妊症」ワードの検索でもトップページに紹介されたことから、一層広範にご覧いただくようになり、私が世界中の方々に対応しているのをご覧になったアフリカのケニア、ナイロビに在住のAさんからお問い合わせをいただきました。お話しをうかがってお薬を郵送させていただきましたが、そのAさんとのお話しをご紹介したいと思います。

 Aさんがおっしゃるには、アフリカは貧しくて、現地の方々は少量のトウモロコシの粉末とお肉を食べていて、けっして満足な食事を摂っているとは思えないのに、こどもはがたくさん生まれているのが不思議だと言うのです。
 私は、少ない食事であっても身体的に健康だと言うこと、もうひとつ、日本の社会と異なり、精神的ストレスが少ないので、心身共に健康だということではないかと考えました。この私も昭和24年生まれ、俗に言う団塊の世代です。その頃の日本は今のアフリカのように食物は豊富ではなかったと思います。そしてストレスよりも、希望に燃えている時代だったのではないでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2005-01-10 00:01 | タン先生の周期療法
健康で頭の良い子が授かる!!周期療法
 6月初旬に、アメリカ在住のFさんとKさんから、相次いでご連絡をいただきました。
 現在アメリカのバージニア州にお住まいのFさんは、4年ほど前にハワイから不妊のご相談に来店されました。その時には、周期療法のお薬を二周期服用されて妊娠、無事女の子を出産されました。その後自然に任せ様子を見ていましたが、第二子が授からないので、再度周期療法のお薬を服用してお体をととのえ、妊娠に臨みたいとのご連絡をいただきお薬を郵送しました。
 その後お薬が到着したとのお知らせの手紙に同封されて、かわいいお嬢様のお写真が届きました。お手紙の最後に「写真でおわかりのように、問題なく、伸び伸び成長しております。6月で3歳ですが、頭も良く、健康で優しい良い子です。」とありました。実はこの言葉は、周期療法でお子様を授かった皆さまから私が日頃頂戴している言葉なのです。

 ニューヨークに在住のKさんは、インターネットでこのホームページを見つけられた方です。三度の流産を繰り返し、ぜひとも次の妊娠は出産まで進んで元気なお子様を授かりたいとお電話をいただきました。
 初回のお薬は東京在住のお母様がご来店くださり、翌日飛行機に乗ってニューヨークに届けられ、その翌月にはご夫婦でニューヨークからご来店くださいました。
 6カ月の服用で4度目の妊娠をされ、通常12週まで服用いただく安胎法を20週まで服用いただき、順調に経過されているとのご連絡をいただきましたが、過去の度重なる流産の不安から、生まれる直前まで安胎方を服用いただくことにし、お産後は100日間お体をケア市内といけないので、東京のお母様にニューヨークへおいでいただいて、助けていただくようお話しをしました。
 6月9日にそのお母様から、無事女の子を出産されたとのお電話をいただきましたので、産後の回復に役立つお薬3カ月分とお祝いのピンクの絹のクツを送らせていただきました。Kさんのお子さんも、頭も良く、健康で優しい良い子に成長されると思います。
[PR]
by yakujudo | 2004-07-10 00:01 | タン先生の周期療法
不妊症周期療法で成功! 2通のお手紙
 7月中に届いた2通のお手紙をご紹介いたします。
 1通目は福岡県春日市のSさん(36歳)からのものです。
「拝啓 昨年末2回目の周期療法をしていただき、2回目の体外受精で妊娠することができました。8月には出産予定です。もっと早くご報告すべきだったのですが、遅れてしまい申し訳ありません。胎児もすくすく育っており(現在約2000g)、ありがとうございました。本当に周期療法で健康な体力づくりができたのが、体外受精を成功へと導いたのだと思っています。
 私自身、子宮内膜症、チョコレートのう症、卵管閉鎖、筋腫などの数々の障害があり、自然に妊娠するのは難しいとのことで、体外受精を選択せざるをえなかったのですが、この妊娠を機に少しでも病気が改善すればと思っております。本当にありがとうございました。
 2痛目は東京都台東区のTさん(33歳)からのものです。
 前略、3月16日に初めて先生のところへお伺いしてから、4周期で自然妊娠できました。今月がダメならば体外受精するつもりの矢先のできごとだったため、とても驚いております。
 病院での薬の副作用により体調も悪くなり、落ち込んだ時もありましたが、そんな状況を先生に相談するたびに先生の自信あふれる対応に触れ、希望をとり戻せたように思います。とにかく今は体を大事にして、良いご報告ができるようにと思っています。本当にありがとうございました。
[PR]
by yakujudo | 2003-01-10 00:01 | タン先生の周期療法
不妊症の解決は健康な体づくり
 不妊症の周期療法は、体温表の変化に応じて薬を飲み続ける方法です。体温の変化が婦人体温表の裏表紙のようなきれいな二層にわかれ、高温期の後に訪れる生理期にはサラサラとした鮮血がたくさん排出され、血塊を含まず、生理痛もないという状況に改善されてくると、そろそろ体調が整い、妊娠が近づいてきています、というお話をしております。
 といいますのは、高温期には本来、子宮の中に新鮮な血液がたくさん集まっているはずなのに、次の生理の様子をおうかがいすると、血液がドロドロとしていて血塊を含み、生理痛を伴う状況となっている方が不妊症の方に多いのです。体温表上では、高温が保たれているのに子宮の中には新鮮な血液が充分に集まっていないので、受精したとしても着床しないし、着床したとしても妊娠が継続できない環境となっているのです。
 先日、民放のテレビ番組に不妊治療を専門とされている福岡のA先生が出演されて、その中で、不妊症の方は子宮の内膜が薄く、この内膜が厚くなっていくことが不妊治療のこれからの一番の課題だというお話をされていました。私は体温表の改善とそれに伴う生理の状況改善が子宮の様子をよく反映しているものと思います。
 私は、不妊症の解決の第一歩として、男女とも健康な体づくりから始めることをおすすめしています。
[PR]
by yakujudo | 2001-11-30 00:01 | タン先生の周期療法
ホルモン分泌の低下に応じた漢方薬、化粧品
 皆様は”女性のお肌の曲がり角”は何歳位とお考えでしょうか。私は35歳前後と思っております。女性の一生は7の倍数で変化するとご紹介しましたように、28歳(7×4)から35歳(7×5)をピークに、35歳を過ぎるとホルモンの生産と分泌が低下しますので、肌の老化も徐々に起きてくるのです。
 皮膚のくすみやしみは急速にではなく、日を追って現れますので、気がつかない方も大変多いのです。中国の女性に比べ、日本の女性の肌の老化症状は、早く訪れています。35歳から42歳では血虚といって、血液の働きが低下し、ホルモン分泌も低下するので、皮膚や毛髪に潤いがなくなっていきます。当帰、芍薬、何首烏などの補血薬を補充するとよいです。
 顔の両頬に蝶々の羽根の型に似た形のしみ(肝斑)が現れる42歳から49歳、俗にいう更年期年齢はホルモンの分泌低下とともに、自律神経のバランスがくずれますので、補血薬に加え、ハッカ葉、柴胡などの疏肝理気薬が必要です。
 そして49歳の閉経期を過ぎたら、ホルモンの生産を高め、体の老化を予防する紫河車〈プロセンタ〉や鹿茸、杜仲、枸杞子などの補腎薬を補充して、いつまでも若く健康な体を維持することです。
 また、最近中国では、抗酸化食品の沙棘油(サージオイル)が美容面で大きく注目されています。肌のくすみ、しみなど前述の薬と併用されるとよりよい効果が得られます。内服ばかりでなく、お手持ちの美肌クリームにこのサージオイルを少量(2%位の割合)加えて使用されることも大変よいことです。もちろん、強い紫外線を避けて、皮膚を保護されることも必要です。
[PR]
by yakujudo | 2001-08-20 00:01 | 漢方のお話
Powered by Yakujudo Pharmacy