タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:体外受精 ( 9 ) タグの人気記事
恩師を訪ねて、久しぶりの北京へ
9月19日より、私の恩師、元北京同仁堂中医科主任医師の叢法滋先生にお会いするため、中国北京市まで行って参りました。
北京の飛行場へは雲南省へ行くときに何度か乗り継ぎで立ち寄っていますが、実に25年ぶりです。

私が25年前、北京を初めて訪れた時の印象は、道幅が広く、車の数が少なく、高い建物と言えばホテルだけだったことをよく憶えています。
25年経った今、広い道の両側には高層ビルがギッシリと建っていて、道路には沢山の車が走っていました。

商業の中心地で約3000万人が居住する上海と比べると、人口約1500万人の北京は、やはり落ち着いていて、政治の中心地という感じを受けます。
日本の銀座に当たる王府井は、ゆっくりとお買物を楽しめる印象で、いつ行っても人波で混雑している上海の中心地、日本の新宿や渋谷に当たる南京路とは大きな違いです。

今回9月23日から始まる中秋節(お月見祝いの休日)の直前でしたので、中国の方々は月餅を親戚、友人に差し上げる習慣がありますので、この月餅を配る方々の車で道路は大渋滞、先生とはお会いすることができず、お電話で色々とお話をすることになりました。
今、北京の車は420万台あるそうです。25年前は、タクシーさえつかまえることができなかったことを考えると、浦島太郎の世界です。

先生とは、最近の不妊症の現状と日本の現状についてお話を致しました。
中国では一般的に20代半ばから20代後半の方々の結婚が多いので、出産も20代の方が大半で、30代前半の方は急に少なくなり、30代後半、40代の方はほぼいない位だそうです。
赤ちゃんの産まれている実数は政府から公式な発表が無いのですが、多分、年間2000万人位と思われます。

中国でも体外受精は行われていて、チベット自治区、ウイグル自治区を除く全ての省、自治区に、2006年の調べで、88箇所の体外受精の施設が政府の認可を得て造られています。
体外受精は自費で、約1万5千元(日本円で25万円)、治療を受けている女性は30代前半までの方が多く、40歳前後の方は少ないそうです。
体外受精を受けたいご夫婦は事前に政府から子供の出生許可を取らなければなりません。
中国では自然妊娠で産まれる方が圧倒的に多いので、体外受精で産まれる方がどれくらいで、新生児に対して何%なのかは不明です。
一方、現在日本では晩婚化が進み、出産は20代後半が多く、次いで30代後半、そして30代前半となっているそうです。
昨年は新生児が120万人、この内、約2万人が体外受精で誕生しています。

最近の日本と中国の出産と体外受精について、ご紹介致しました。
中国では体外受精は全て国の管理下で行われ、かなりの高率で成功していると聞いております。
また、日本では行われていない「卵子提供」も、1人の方の卵子を無償で5人の方に提供が許されているそうです。

先日、この体外受精を開発されたロバート・エドワーズ英ケンブリッジ大名誉教授にノーベル賞が贈られました。
30数年間に世界で約400万人を超える赤ちゃんが誕生していることは、大変な偉業です。

私は不妊のご相談に来店されます方々には、まずは男女とも健康なお体をつくることをお勧めしています。
健康な体づくりの延長線上に妊娠があって、健康なお子さんを授かるのではないでしょうか。
あとはお二人の条件によって自然妊娠、人工授精、体外受精、顕微授精という手段を選択されることだと思います。

私どもに周期療法の講演をされるために来日された際、南京中医薬大学付属病院の夏桂成教授が、以前にエドワーズ教授とお会いしたときに、「周期療法で体質を改善し、体外受精をすることは、大変よいことだ!!」というお言葉を頂いたそうです。

お話の最後に、叢先生から、女性の方々に是非ともお勧めしたいという、お茶の調合法を伝授されてきました。
体を温め、心をリラックスし、血と気の流れを良くして、ストレスの解消にも良いというものです。
実は現在、試作品を作っておりますので、完成しましたら、皆様にご紹介したいと思っております。
[PR]
by yakujudo | 2010-12-20 23:13 | 旅のお話
不妊、10組中1組が、7組中1組に
 新しい年を迎えて例年のように100名をこえる方々から、赤ちゃんのお写真付き年賀状やお手紙が届き、1月末には店内パネル20枚を貼り替えました。
 お送りいただきました奥様の年齢は35歳から45歳です。このうち、44歳、45歳の方を含め約8割の方々が周期療法で自然妊娠されて出産、残り約2割の方々が周期療法を併用し人工授精や体外受精で妊娠、出産されています。
 私どもへ不妊のご相談に来られます方は、こうした年齢層の方々が最も多いのですが、2月現在、下は23歳から上は50歳までの方々が来店されています。

 先日、NHKラジオに不妊症を専門にされている先生が出演され、公的助成についてお話しをされていました中で、以前は10組のご夫婦中1組が不妊となっていたものが、現在は7組中1組が不妊と、その割合が高くなっている、その原因は環境ホルモンやストレス等が原因ではないか? というお話しも出ていました。
 私は、妊娠の基本は旦那様の元気な精子と、奥様の良質な卵子からできる成熟度の良い受精卵、そしてこの受精卵が着床しして育つ温かい巣箱である子宮をつくることが根本と考えて、ご相談を受けています。
 ただし、いろいろと他の問題があれば、人工授精他体外受精などの高度医療も必要ですので、ケースバイケースでもっとも良いアドバイスができますよう研鑽したいと考えています。
[PR]
by yakujudo | 2004-01-30 00:01 | 不妊症解説
幾多の不妊治療法を経、結婚16年、周期療法で出産
 昨年出産された、静岡県在住のSさんからお手紙が届きました。

 譚先生様 あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になり、有難うございました。今年も宜しくお願いいたします。
 昨年12月17日に、待望の長男が誕生いたしました。
 新しい家族を迎えて、ことしのお正月はとても賑やかに楽しく過ごせました。
 昨年5月に妊娠反応が出てから、5か月間に2度ほど出血があり、1か月ほどの安静期間を乗り越えての、帝王切開による出産でした(以前に子宮核手術をしたために、帝王切開になりました)。初めて息子の顔を見て、とても感動しました。
 今までここまでの道のりは、私たちにとって大変長い道のりでした。結婚16年目にしての奇跡と言っても良いかもしれません。
 不妊治療のために、タイミング法、AIH7回、IVF(体外受精)、顕微授精3回、子宮筋腫核手術など、病院も何軒か通いましたが、はっきりした原因もわからないまま月日だけが過ぎていきました。
 そんな時、横浜に住む叔母から薬寿堂さんのお話しを聞き、最後のチャンス、これにかけてみようと思い、お店に伺ったのが一昨年の11月でした。
 譚先生と直接お話しして、今まで悩んでいたことが大したことではないじゃない、と思えました。前向きに明るい先生に元気づけられ、信じてみようと思えました。
 それから周期療法6か月服用で妊娠ができました。主人も瀉火補腎丸の服用をしました。
 正直言うと、薬を飲んでいる間も、やっぱり妊娠できないのか?と不安になることもありました。でも先生の言葉を思い出し、「とにかく1年続けてください。必ず妊娠できるから」との言葉を信じて続けました。
 今は子育てで疲れることもありますが、毎日少しずつですが新しい発見や成長を見ていると、「生まれてきてくれて、有難う」と心から思います。まだまだ新米ママで、悪戦苦闘中ですが、のんびり楽しんで子育てしていこうと思います。
 まだ、第二子の妊娠の時には、先生にお世話になると思います。(今はまだ考えられませんが)その時は、また宜しくお願いいたします。
 同封いたしました写真、良かったらお店に飾っていただけるとうれしく思います。本当に有難うございました。これからも先生のご活躍、心からお祈りいたします。乱筆、乱文にて失礼いたしました。 2005年1月4日
 
 実は、Sさんをご紹介いただきました横濱の叔母様が、昨年11月にご来店され、お孫さんの写真を私に見せてくださいました。
 「先生、73歳になって、こんな可愛い孫ができて本当にうれしいです。私にはもう孫ができないと思っていましたが、ここの周期療法で娘に子どもが授かり、この孫のために、毛糸でいろいろなものを編んで着せてやるのが、私の一番の楽しみです。もうじきお世話になった静岡の姪も出産するので、今年は本当にいい年になりました。」
 と言って帰られました。そのお話の姪御さんからいただいたお手紙です。
[PR]
by yakujudo | 2004-01-20 00:01 | タン先生の周期療法
医師も私もビックリ! 体外受精と自然妊娠の双子が
 3月末に発売されました週刊朝日の特集号『漢方』はご覧いただけましたでしょうか。『漢方』は毎年春に発行されていますが、今年1月に取材を受けた内容が紹介されています。ほとんどがお医者様を取材した記事であり、薬屋が取材を受けることは異例のことのようで、業界の方々が驚かれております。もちろん取材は私がおすすめしている『不妊症の周期療法』についてです。
 このコラムがインターネットの『健康情報館』に掲載されて以後、テレビ東京の情報番組や月刊誌『ベーネ・ベーネ』(オレンジページ社)で大きく取り上げられたことが、皆さまに認知されますキッカケになったことは間違いありません。
 私はこのコラムで漢方と西洋医学の理論を結実させた不妊症の周期療法をご紹介して5年、今ほど大きな反響になるとは想像できませんでした。地元の横浜、神奈川県内ばかりか、全国各地から、世界から毎日お電話やファクス、お手紙をいただいてその責任の大きさを感じる毎日です。
 この一週間も、イギリス、スイス、アメリカのロスから3名の方々が来店、お一人がファックスでご相談をいただき、お薬を服用することになりました。
 昨年もフランス、オーストラリア、スイス、アメリカ在住の方々が妊娠、出産され、お手紙やお写真をいただいております。

 不妊症の解決は、妊娠、出産できるお身をつくることが第一です。短時間で結果が出ないからといって、なげやりにならないことです。心に少しゆとりをつくらないと、お身もできてこないものです。

 今年4月の現時点で、年内に出産を予定されている40~45歳の方は10数名おられます。その内、双子を出産されます予定の方が数名おられます。毎年10名を超える方々が双子を出産され、その内の8割は自然妊娠で、2割は人工授精、体外受精と併用されたものです。
 先日双子の妊娠報告にご来店いただいた奥様はご本人は無論のこと、治療をされていた先生も、お薬をお出ししている私もまったっくはじめてのことで、三者三様に驚いております。
 
 東京都在住のAさん(40歳)は、都内の有名なBウィメンズクリニックで1月に採卵され、分割した受精卵を1つ、2月に凍結胚盤法で移植することになりました。
 2月の移植は自然排卵確認後にと決まっておりましたので、Aさんからタイミングについてご相談いただきました私が、この日とこの日にとお伝えして奥様もその通りタイミングをとり、その後の凍結移植を受け見事陽性の反応も出てめでたく妊娠と喜んでおりました。
 この10日ほど後に、胎のう確認のためエコーで見たところ、二つの胎のうが少し離れて順調に成長しているのをご覧になられた先生は、20数年の治療をされていて、自然妊娠と体外受精で双子ができたのは初めてのケースとビックリされ、エコーを見た奥様も、これまで待った甲斐があった、これも神様からの贈りものと思われたそうです。
 私にも、エコーのお写真を持ってご報告にみえた奥様のお喜びは、たいへんなものでした。年内の出産を無事に迎えられますこと、お祈りしております。
[PR]
by yakujudo | 2003-08-10 00:01 | タン先生の周期療法
もっと、もっと、多くの方が自然妊娠できるはずです
 平成14年10月13日(日)の朝日新聞一面の”他人の精子利用年1100組、国内の人工授精、親族の違反提供も”という記事を皆さま読まれたでしょうか。   記事は、人工授精(AID)についてのものでしたが、5~6回の人工授精でできなければ、体外受精(IVF)へと進むのですから、体外受精での違反は、いったいどのくらいあるのでしょうか?  私の経営している小さな漢方専門店に多くの不妊症に悩む方がご相談に来られますが、周期療法の薬を中心に漢方薬を服用していただき、妊娠の報告を受けたのは、今年1月4日から10月12日までに279名となりました。  そのうち8割の方々が自然妊娠で、2割の方々が人工授精、体外受精での妊娠です。男女ともに健康な体なら、いかに多くの方々が自然妊娠できるかということをご理解いただけるものと思います。私は、その”健康な体”をつくるお手伝いをしているので、夜な夜なご夫婦のもとに出かけて応援しているのではないのです。  よく皆さまから、”先生、なんでこんなにたくさんの方が妊娠されるのですか?”というご質問を受けます。私は冗談で”精子と卵子がうまく結合するように、プラスとマイナスの磁石が入れてありますよ、プラスとプラス、マイナスとマイナスでは反発しあってできないでしょう。時と場合によってマイナスとプラスが入れ替われば、どちらがプラスでもマイナスでもよいのではないですか。夫婦とはそういうものではないのかな”と答えております。   (2002.10)
[PR]
by yakujudo | 2003-02-20 00:01 | タン先生の周期療法
不妊症周期療法で成功! 2通のお手紙
 7月中に届いた2通のお手紙をご紹介いたします。
 1通目は福岡県春日市のSさん(36歳)からのものです。
「拝啓 昨年末2回目の周期療法をしていただき、2回目の体外受精で妊娠することができました。8月には出産予定です。もっと早くご報告すべきだったのですが、遅れてしまい申し訳ありません。胎児もすくすく育っており(現在約2000g)、ありがとうございました。本当に周期療法で健康な体力づくりができたのが、体外受精を成功へと導いたのだと思っています。
 私自身、子宮内膜症、チョコレートのう症、卵管閉鎖、筋腫などの数々の障害があり、自然に妊娠するのは難しいとのことで、体外受精を選択せざるをえなかったのですが、この妊娠を機に少しでも病気が改善すればと思っております。本当にありがとうございました。
 2痛目は東京都台東区のTさん(33歳)からのものです。
 前略、3月16日に初めて先生のところへお伺いしてから、4周期で自然妊娠できました。今月がダメならば体外受精するつもりの矢先のできごとだったため、とても驚いております。
 病院での薬の副作用により体調も悪くなり、落ち込んだ時もありましたが、そんな状況を先生に相談するたびに先生の自信あふれる対応に触れ、希望をとり戻せたように思います。とにかく今は体を大事にして、良いご報告ができるようにと思っています。本当にありがとうございました。
[PR]
by yakujudo | 2003-01-10 00:01 | タン先生の周期療法
体外受精のために、周期療法で体調を調整している間に受胎
 本年1月17日にアメリカのペンシルアバニアに住む丁さんからお電話とファックスをいただき、不妊症周期療法の漢方薬を6カ月分お送りしましたが3月4日に思いもよらないファックスをいただき、私も大変ピックリしてしまいました。
 私どもの周期療法で体調を整え、前回ご紹介したKさんと同じく東京・新宿のKレディスクリニックで体外受精の治療を受けておられる千葉県松戸市のLさんは、インターネットのメール友達のTさんに、アメリカで体外受精の治療を受ける前に是非とも周期療法で体調を整えてから行ってはいかがでしょうかというメールを送られたとのこと。そのメールを受けて即当方にご連絡をいただき、薬をお送りすることになったのです。Tさんは42歳、送られてきましたファックスの文面は以下の通りです。
「お薬が到着した1月13日、高温期から飲み始めました。生理予定日から今日でちょうどまる2日間で、妊娠判定キットでもすぐに陽性が出ました。人生で一度も妊娠したことがありませんでしたので、大変驚いています。
 本当は1月末くらいに体外受精をしようかと思っていたのですが、先生から3カ月くらい待って体調を整えた方が良いとのアドパイスをいただいたので、体外受精を延期したのが良かったようです。
 喜ぷというより高齢ですし、まだ安心できないと気を引き縮めているところです。流産止めの薬の方よろしくお願いいたします。頑張りたいと思います。」
 ご連絡いただきました3月4日に、安胎の薬を2カ月分郵送させていただきました。現在順調とのこと。無事出産されますよう祈っております。またご紹介いただきましたLさんからも1日も早い吉報をお待ちしております。
[PR]
by yakujudo | 2002-11-20 00:01 | タン先生の周期療法
周期療法で体調を整え、体外受精に成功、双子が
 今回と次回は、最近私の手先に送られてきたお手紙とファックスの中からご紹介させていただきます。
 千葉県松戸市在住のKさん39歳は昨年10月に来店され、不妊症周期療法で体づくりをしながら東京のKレディスクリニックの体外受精を受けることになりました。それまで数回の治療を受けましたがなかなか結果が出ないことから、今度は体調を整えて臨みたいとのお話。10月、11月、12月と3カ月周期療法の漢方薬を服用、体外受精を受けた1月も薬を続けて服用された結果、双子が授かったという内容のお手紙を2月21日にいただき、大変うれしく思っております。お手紙の内容は以下の通りです。
「TAN先生お元気ですか。1月末の体外受精にて双子の赤ちゃんを授かることができました。現在7週で順調です。先月は流産止めのお薬をお送りいただきありがとうございました。
 先生の所に伺うと、心が安らぐ漢方の香りがして、先生にいつも明るい笑顔で迎えていただき、気持ちが明るくなりました。同世代の妊娠された方のお話をしていただくのも、自信につながりました。
 年末から、西横浜のハリのN先生の所にも通い始め、TAN先生の所でお薬をいただいてからN先生の所に行くというコースで、自分でかってに「横浜東洋医学の日」と呼んで通っていました。N先生には「TAN先生のお薬の考え方とN先生の治療の考え方は方針が以ているので、相乗効果が期待できるよ」とよく言われていました。
 予定日は10月19日です。年齢のこと、筋腫の手術を受けていること、双子であること…、不安はたくさんありますが、がんばって大切にしたいと思います」
[PR]
by yakujudo | 2002-11-10 00:01 | タン先生の周期療法
IVFや体外受精と不妊症周期療法の併用
 前回のコラムでご報告いたしましたように、平成14年1月16日までに妊娠された方々は15名でしたが、1月末までには20名になりました。年齢は26歳から43歳まで、20名のうち自然妊娠19名、体外受精1名。また周期療法は18名(周期療法の変形1名)、流産後の手当から1名、内膜症の改善から1名です。でも残念なことに1名の方が流産され..現在流産後の手当をされています。
 2月は、この原稿を書いております13日までに10名の方が妊娠されました。今回は10名すべてが周期療法です。通常妊娠される方々の95%が自然妊娠であるのが私共の特長ですが、今回は10名のうち4名の方が周期療法で身体を整え、周期療法と体外受精を併用された結果となっております。

 これは最近ご来店されたお客様からお聞きしたことですが、私のホームページは1年半ほど前からIVFをされている方々の掲示板に紹介されていて、多くの方々から認知されているとのことです。私の知らないところで情報が伝わっているのは、ネットに無知の私には考えられないことです。
 先日もスウェーデンからご連絡をいただき、毎日ファックスで連絡を取りながら周期療法の漢方薬を3周期分送らせていただきました。このスウェーデン在住のMさんもIVFの掲示板に以前から参加されていて、スウェーデンではIVFに年齢制限があるため、3カ月後に予定されているIVFが最後のチャンスとのこと。3周期目にIVFと周期療法を併用して医師の治療法に合わせて行うことにしました。心から成功を祈っております。
[PR]
by yakujudo | 2002-10-20 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy