人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
タグ:人工授精 ( 2 ) タグの人気記事
不妊、10組中1組が、7組中1組に
 新しい年を迎えて例年のように100名をこえる方々から、赤ちゃんのお写真付き年賀状やお手紙が届き、1月末には店内パネル20枚を貼り替えました。
 お送りいただきました奥様の年齢は35歳から45歳です。このうち、44歳、45歳の方を含め約8割の方々が周期療法で自然妊娠されて出産、残り約2割の方々が周期療法を併用し人工授精や体外受精で妊娠、出産されています。
 私どもへ不妊のご相談に来られます方は、こうした年齢層の方々が最も多いのですが、2月現在、下は23歳から上は50歳までの方々が来店されています。

 先日、NHKラジオに不妊症を専門にされている先生が出演され、公的助成についてお話しをされていました中で、以前は10組のご夫婦中1組が不妊となっていたものが、現在は7組中1組が不妊と、その割合が高くなっている、その原因は環境ホルモンやストレス等が原因ではないか? というお話しも出ていました。
 私は、妊娠の基本は旦那様の元気な精子と、奥様の良質な卵子からできる成熟度の良い受精卵、そしてこの受精卵が着床しして育つ温かい巣箱である子宮をつくることが根本と考えて、ご相談を受けています。
 ただし、いろいろと他の問題があれば、人工授精他体外受精などの高度医療も必要ですので、ケースバイケースでもっとも良いアドバイスができますよう研鑽したいと考えています。
by yakujudo | 2004-01-30 00:01 | 不妊症解説
もっと、もっと、多くの方が自然妊娠できるはずです
 平成14年10月13日(日)の朝日新聞一面の”他人の精子利用年1100組、国内の人工授精、親族の違反提供も”という記事を皆さま読まれたでしょうか。   記事は、人工授精(AID)についてのものでしたが、5~6回の人工授精でできなければ、体外受精(IVF)へと進むのですから、体外受精での違反は、いったいどのくらいあるのでしょうか?  私の経営している小さな漢方専門店に多くの不妊症に悩む方がご相談に来られますが、周期療法の薬を中心に漢方薬を服用していただき、妊娠の報告を受けたのは、今年1月4日から10月12日までに279名となりました。  そのうち8割の方々が自然妊娠で、2割の方々が人工授精、体外受精での妊娠です。男女ともに健康な体なら、いかに多くの方々が自然妊娠できるかということをご理解いただけるものと思います。私は、その”健康な体”をつくるお手伝いをしているので、夜な夜なご夫婦のもとに出かけて応援しているのではないのです。  よく皆さまから、”先生、なんでこんなにたくさんの方が妊娠されるのですか?”というご質問を受けます。私は冗談で”精子と卵子がうまく結合するように、プラスとマイナスの磁石が入れてありますよ、プラスとプラス、マイナスとマイナスでは反発しあってできないでしょう。時と場合によってマイナスとプラスが入れ替われば、どちらがプラスでもマイナスでもよいのではないですか。夫婦とはそういうものではないのかな”と答えております。   (2002.10)
by yakujudo | 2003-02-20 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy