人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:中西医合作 ( 3 ) タグの人気記事
妻の不妊症がきっかけで周期療法を勉強
 最近、私の薬局へ不妊の相談に来られます多くのお客様から、「先生、ネットで『周期療法』を検索すると、すごい数の『周期療法』が出てきて、どこもかしこも同じ内容です。いったいどうなっているのですか? 先生ご存じですか」というご質問をいただきます。
 実は、私はまったくパソコンを使えません。パソコン音痴の私は、パソコンを起動させることさえできません。皆さまから笑われると思いますが、便利なケータイ電話もどう操作するのかわからないので持っていないのです。今以上に忙しく生きてゆきたくない、なるべくのんびりとスローに生きてゆけたらと、いつも考えています。

 『健康情報館』にはこの連載の第1回目よりすべて収載されております。また、私の薬局のホームページも今年の6月から始まりました。どちらの内容も、私が原稿用紙に手書きしたものを、発行元へファックスで送っています。

 周期療法は私が20年前に出会って始めたものです。私が神奈川県の新聞にコラムの連載を始めて10年以上となりますが、機会のある度に紹介してきましたもので、数年前まではインターネット上ではこの連載以外に周期療法という文言は皆無でした。先日、私の顔写真と店の写真を撮影に来られた方から、近日中に『日本における周期療法の歴史』なるものが作られると聞いておりますが、それができれば私の口からいろいろ言う必要もないと思います。実は私の妻からも、このコラムの中で多くを語らないように注意を受けております。
 今ネット上にあるすべての周期療法は、私の妻の不妊治療がなければ存在していないのです。これは決して過言ではありません。

 妻は今から22年前、最初の妊娠で誤診が続き、子宮外妊娠の発見が遅れてしまいました。「不幸中の幸い」と言えばよいのでしょうか、開腹手術ではなく、腹腔鏡手術で卵管を1本摘出できたのは、その後の妻にとってはたいへん良かったと思います。
 でも、手当てそのものが遅かったため術後の回復が悪く、まったく排卵できない状態となり、その後2年間排卵誘発剤のクロミドを服用して毎秋季排卵を起こし、タイミングをとることになりました。半年が過ぎ、体の回復の遅れを心配した妻は、生まれ故郷、中国淅江省杭州市の親戚に当たる老中医、何少山先生の診察を受けに行き、その後1年半、お手紙でいろいろと指示を受け、西洋医学と中医学を併用した結果、妻は体調を回復して妊娠。妊娠中はつわりもまったくなく元気に過ごし、1988年10月に4250gの長女を出産いたしました。
 その出産直前の9月に、再来日された元北京同仁堂病院主任の叢法滋先生が、南京中医学院夏桂成先生の考案された中西医合作による新しい不妊治療『周期療法』についてお話しくださり、私はその瞬間妻の不妊治療を経験し、結果のすばらしさを体験しているので、この周期療法を勉強し、実践することに決めたのです。
 ですから、日本における周期療法は、私の妻の不妊治療なくしては語れないのです。
by yakujudo | 2007-11-10 00:01 | タン先生の周期療法
不妊症周期療法を極める決意につながった私たちの体験
 このコーナーを担当したはじめのうちは、中国医学についての考え方や日本の漢方との考え方の違いなどについて、解説を書いていました。
 以前ラジオで、「日本の漢方薬は日本独特のもの」というお話をされていた先生がいらっしゃいましたが、“漢”という字が示しますように、日本の漢方薬は中国から伝来したもので、『傷寒論(しょうかんろん)』、『金匱要略(きんきようりゃく)』、『万病回春(まんびょうかいしゅん)』といったかなり昔の処方が使われています。もちろん私が使っている薬もありますが、時代の変化と共に病気の様子も変化しているので、漢方薬の元である中国医学も常に変化しているのが現状です。
 中国では解放後、中国医学の理論と西洋医学の病理を考え合わせた新しい治療方法がたくさん開発されています。私が勧めている周期療法もそのうちのひとつですが、まだまだ完成されたものではないので、私自身も常によりよい方法を思考し続けているところです。

 今回は、改めて私がすすめている周期療法についてお話ししたいと思います。 20数年来、中国医学についてご指導いただき、1988年9月に二度目の来日をされた、元北京同仁医院中医科主任、主任医師叢法滋(そうほうじ)先生より、中国医学と西洋医学をドッキングした、中西医合作による不妊症の周期療法についてご教授いただいて以来、私はこの周期療法を研究、実践してまいりました。
 実は、先生が来日された翌月の10月に、私どもに待望の長女が誕生いたしましたが、この長女の誕生以前に、妻は最初の妊娠で子宮外妊娠をしました。このとき、病気の発見が遅れ、緊急の腹腔鏡手術で卵管を1本摘出し窮地を脱することができましたが、手当ての遅れですっかり体調を崩し、約2年間体の回復に努めることになってしまいました。
 排卵誘発剤のクロミドを服用しないと排卵ができないので、毎周期クロミドを周期5日目から1日1回2錠ずつ服用しました。確実に排卵することはできましたが、一度崩れた体調はなかなか戻らないので、私は妻を出身地の中国淅江省杭州市(こうしゅうし)で16代約400年続く、婦人科を専門とする親戚の老中医何少山(かしょうざん)先生の元へ行かせ、先生の御指導のもと漢方薬を服用することにいたしました。
 毎月先生に現状報告と体温表を送り、その返事を待って服用する薬を変更、毎日欠かさず薬の服用を続けて1年半経った12月初旬、先生から“もう子どもはできるようになっている!”という手紙をいただきました。先生との交信は1年半の手紙のみで、まったく診察を受けていません。妊娠の兆候もなく、子宮外妊娠後の2年間まったく結果が出ていないので、私と妻はその手紙の内容を信じることができなかったのですが、何先生の手紙の通り、翌年の1月に妊娠がわかり、10月に長女が誕生しました。
 その後はクロミドも漢方薬も服用することなく、年子で12月に長男が、3年後の9月に次男が生まれました。3人とも自然分娩、丈夫な子どもを授かって本当にうれしいです。
 私自身の経験がありましたので、叢先生のお話を聞いた瞬間から、この周期療法をしっかり勉強しようと決意しました。
 今は、地元の横浜ばかりか、全国、全世界からご来店、ご相談を受けており、今年は五大陸制覇の年でした。“あとこどもができていないのは、北極と南極だね”と家族が笑っています。
by yakujudo | 2006-11-10 00:01 | タン先生の周期療法
周期療法は中国医学と 西洋医学の集大成
 6月30日付(2000年)朝日新聞夕刊の一面に、排卵促進剤の使用や体外受精などの不妊治療による二卵性双生児の出産率急増という記事が大きくとり上げられていました。  私がこの連載でご紹介いたしました女性の不妊治療、周期療法を行って出産されました方々に、今までのところ双子の出産は一度もございません。
 中国では、文化大革命以後のここ二十数年間に、数千年の歴史を誇る伝統的な中国医学理論と西洋医学理論をドッキングして、相互の利点を組み合わせ、より優れた治療法を開発する中西医合作という研究がさかんに行われています。婦人体温表の体温の変化を見ながら、薬の服用を変更して健康な体をつくり、妊娠しやすい体調を整える周期療法も、この中西医合作という研究から生まれました。すばらしい不妊治療法です。最も古く、最も新しい治療法です。
by yakujudo | 2002-02-10 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy