タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:中国 ( 4 ) タグの人気記事
上海のホテルで観た、お見合い番組
以前の記事にも書きました様に、中国では今、一人っ子政策で生まれた子供達が結婚適齢期を迎え、その子供の両親、子供の面倒を見てきた双方の祖父母と、計6人の大人達が子供の結婚に関心を寄せています。もし結婚することになれば結婚相手も同様なので、2人の結婚には合計12人の大人が色々と口を挟んでくる形になります。
一人っ子政策で生まれた子供達は大人達から大切にかつ過保護に育てられ、その為か、特に都会に暮らしている女性達は結婚に対する要望が高いです。

上海のテレビニュースでは街中で親達が息子や娘の写真を持ち寄り、親同士がよい結婚相手を探していると言う光景を報道しているのを見たことがあります。
その中で今回、偶然滞在中のホテルで観た公開お見合い番組をご紹介致します。

まず番組の冒頭に結婚を望む男性が現われます。そしてこの男性の身長、体重、職業、年収、将来の夢等のプロフィールが紹介され、この男性周囲を囲むように10人の女性が座ります。実はこの女性達はお見合い相手ではなく、お見合いを望む若い女性達の母親や叔母達なのです。
そして若い女性の方々の写真と女性の推薦者の母親や叔母が各々紹介され番組がスタートします。まずは第一印象の合否で1回目のスイッチが押されます。
そして司会者が推薦者全員に、何故スイッチを押したのか、押さなかったのかを質問致します。スイッチを押した方だけが2回目に進み、今度は男性に色々な質問をします。
その後、男性には彼を推薦する友人や同僚の方々のビデオが流れ、彼の人間性や将来性をアピールします。

そして2回目の合否のスイッチを押すことになります。このスイッチを押した方が1人であれば男性が女性方の推薦者の手を取り、めでたく退場となります。
2人、3人と残った時は男性が女性の推薦者の方々に色々と質問し、男性が推薦者を1人選んでやはり女性の推薦者の手を取り退場します。
最終的に誰もスイッチ押す方がいなければ、残念ながら寂しく男性のみ退場と言うことになります。
退場した男性と入れ替わり、新しい候補の男性が会場に入場します。
同様に退場した女性の推薦者の方にも、新たな女性のパネルとその推薦者が追加され、番組が再スタートとなります。

一時間の間、TVコマーシャルなしで5名の男性と推薦者の女性15名が出演し、繰り広げられる番組内容は、まさに現在の中国を象徴する内容でした。
日本でも出会いの一つとして、この様なTV番組をやったら面白いのではないかと思いました。
[PR]
by yakujudo | 2011-08-26 13:47 | 旅のお話
中国の人口増について思う
今から50年前、私が横浜にある山手中華学校の小学部へ通っていた頃、中国の人口は6億人と聞いておりましたが、ここ最近の10年程は、中国の人口は約13億5千万人と発表されています。
この50年間で一人も死亡した人がいないとして、7億5千万人の人口増ということになります。
50で割ると、年間平均して1500万人の増加です。

今日、日本の人口は少子高齢化といわれて、年間約120万人のお子さんが生まれていますが、1億人に減少するだろうと言われています。
私はここ5~6年、年数回、中国各地を訪問しておりますが、中国の人口は本当に13億5千万人なのか、いつも疑問に思っています。
どこへ行っても人、人、人です。25年前上海へ行きました時に、上海の人口は1800万人と聞きましたが、今上海は3000万人、上海の中心南京路はいつも、まるで満員電車に乗っているかのように混雑しています。

妻の出身地、浙江省の杭州市は、30年前までは30万人だった人口が、現在は600万人、今回9月に訪れた北京は、中心地の王府井(ワンフーチン)を訪れても、上海の南京路のように人出が多くないとは言え、1500万人と聞いております。
中国は、地方都市で人口が500万~600万人、ちょっと大きい都市では1000万人を超えるところが多いので、日本とは大きく異なると思います。

9月19日より訪れた北京では、王さんという現地の添乗員さんから、現在行われている国勢調査の内容を聞いて参りました。
彼の話によれば、人口総数は18億5千万人、その内戸籍を取っている人が14億9千万人、戸籍を取っていない人が3億6千万人だそうです。戸籍が取れていない人というのは、中国の人口抑制政策“一人っ子政策”に反して生まれた子供達です。

“一人っ子政策”とは、今から30程年前から実施された人口抑制政策で、一組の夫婦間に子供は一人しか認めないというものです。
もし、二人目が生まれてしまったら、年収に応じて大きな罰金が科せられる上、その子供には戸籍が与えられないので、将来ちゃんとした教育が受けられない、成人してもまともな仕事にも就けないなどという大きなハンディになるのです。

“一人っ子政策”が始まって暫くの間は、皆この政策を守っていたので、私の妻(54歳)のお友達は、現在、どなたも結婚適齢期を迎えた一人息子、一人娘の親です。
私の家の3人の子供(娘一人、息子二人)を見ると、大変羨ましいと仰います。

でも、最近の中国では、何人もお子さんがいらっしゃるご夫婦をよく見かけます。
現在も“一人っ子政策”を守っているのは、共産党員や公務員の方々で、一般の方々は生活が豊かになったこともあって、罰金を払うことを承知で複数のお子さんを育てているようです。
因みに、これらの罰金は「幾ら」と決まっている訳ではなく、その方の年収に応じて、しかも係官の心一つで変わってしまうのだそうです。

また、最近では一人っ子と一人っ子の結婚が増えているので、中国全体の高齢化問題もあって、二人産んでも良いとか、“一人っ子政策”が緩和されているのが現状のようです。10月に入って、南京から帰ってこられた中国人医師の先生とお話をした際、この国勢調査は現在進行中で、実際の人口はさらに多いのではないかと仰ってました。

私が帰国して2週間ほど経った夜、中国の人口は減少するというテレビ報道がありましたが、実際に中国人の誰に聞いても、増えることはあっても減ることは有り得ないと答えます。私もそう思います。

中国は多民族国家で、9割が漢民族です。残りの1割を占める少数民族に対しては、もともと“一人っ子政策”がとられていなかったので、何人産んでもよく、また戸籍の無い子供達にも正式な戸籍を与える、という改善策も取られ始めています。

中国政府も、いろいろと方針を転換しているようです。
今回の、国家統計局からの発表が楽しみです。
[PR]
by yakujudo | 2011-01-28 07:39 | 気になる話題
女の子と男の子とで〝好(ハオ)〟
 ゴールデンウィークを利用して、上海と杭州へ取材に行ってまいりました。 上海へは、ここ4~5年ほぼ毎年1度くらいの割合で行っておりますが、上海から南へ約200kmの杭州へは、実に23年ぶりに行ってまいりました。 23年前、上海の人口は1600万人でしたが、現在は2600万人に増えていて、杭州市の人口は60万人が実に680万人に増えているそうです。どちらの市も、近郊の市町村合併もあって、市の面積そのものが拡大していることもありますが、それにしても人口の増加はすごいと思います。中国へ行くと、どこへ行っても人、人。その人の多さにはいつもビックリしています。

 上海、杭州の友人たちは、妻と同じ年代の50代前半ですので、皆さんお国の人口抑制政策通り、一人っ子政策を守っていますので、皆さんお子さんは一人っ子ということになります。私たちが3人の子持ちですので、いつも子供の話題になると、皆さんからたいへん羨ましいと言われています。

 今回、友人の一人が中国語で、〝好(ハオ)〟という字の話をしてくださいました。〝好〟という字は女の子という意味ではなく、〝女〟は女の子、〝子〟は男の子という意味だそうです。家庭には女の子と男の子が両方揃ってこそ、陰と陽とのバランスがとれるというのです。ですから一人っ子の私たちは陰陽のバランスが悪く、あなた達二人は女の子一人、男の子二人を授かっているので、バランスがとれているのだという話をしてくださいました。
 中国では今も表面上は一人っ子政策なのですが、経済発展の著しい上海では、最近、経済的に裕福な方の中には、二人、三人とお子さんを持つ方もあるのです。だんだんと一人っ子政策は崩れ始めているようです。

 日本では最近〝婚活〟という言葉をよく聞きますが、中国でも、今〝婚活〟はたいへんなことになっているようです。上海の友人によると、50年ほど前の中国では、結婚の三種の神器は3つの回るもの、つまり腕時計、自転車、ミシン、そして音の聞こえるラジオだったそうです。ところが、現在この三種の神器は大きく変化して、車、家、お金そして音のするものは薄型テレビへと変化しているそうです。愛があればではなく、お金があればという時代に大きく変化しているそうです。結婚適齢期を迎えた多くの若者達はたいへんだそうで、親たちもなげいていました。ちなみに大学卒業の初任給は月給約2500元(日本で約4万円)です。
 最近中国で〝幸せ〟ということについて調査があったそうです。この〝幸せ〟を一番感じているのは、月給2500元~4000元(日本円で約4~6万円)の方が一番多かったそうです。
 日本の皆様はこの話を読んでどう思われますか。〝幸せ〟は人それぞれ異なるものと思いますが、一度考えてみてください!!
[PR]
by yakujudo | 2009-05-10 00:01 | 雑記帳
中国のコウノトリは、送子観音と麒麟送子
地震で一人っ子を亡くしたたくさんの中国人

 いつもこのコラムをお愛読いただいている皆さまへ!!
 今回の四川大地震に際して、皆さまには多大なご心配、多くのご支援をいただきましてまことにありがとうございます。長年日本に暮らしている華僑の一人として、お礼を申し上げます。
 私はこのコラムで、よく不妊症を取り上げていますが、中国では人口増加は大きな社会問題となりますので、今から30年ほど前より“一人っ子政策”がとられています。今回の地震では多くの小中学校が倒壊して、多くの学童が亡くなったり、今現在も建物の下敷きになっています。
 テレビで子どもたちのご両親が泣き叫んでいるのを見ると、心がたいへん痛みます。今回被害に遭われた方々の中には、まだまだお若いご夫婦の方々も多いですので、再度新生活を取り戻して、是非とも新しい命を授かって、失われたお子様の分まで頑張ってほしいと思います。
 中国では妊娠される方の内、人工的方法による妊娠は非常に少なく、大半の方は自然妊娠です。神様が新しい命を授けてくれることと存じます。

“一人っ子政策”が大問題に

a0148348_10243261.jpg 中国は56の民族からなる多民族国家です。現在の中国の政策では、漢民族以外の少数民族に対しては保護政策をとっているので、実はお子さんを複数生んでもよいのですが、一番人口の多い漢民族に限って“一人っ子政策”が取られています。
 中国で生まれ育った私の妻の友人たちは皆さん漢民族ですので、一人息子、一人娘の親となっています。先日、福建省厦門(アモイ)の友人ご夫妻にお会いしましたときに、この“一人っ子”が最近大きな社会問題になっていると聞きました。子ども一人に対して、両親、祖父母、曽祖父母など大勢の大人たちが過保護に育てるため、大変性格が軟弱となり、両親や祖父母から受けたちょっとした注意がもとで、簡単に自殺をしてしまう子どもが多くなっているそうです。そのために、友人たちご夫妻も、一人息子に注意をしたくてもついつい躊躇してしまうとのことでした。
a0148348_10251618.jpg 少子化が言われている日本は、“一人っ子政策”ではありませんので、是非ともたくさんのお子様を生んでいただき、強い子どもに育てて欲しいと思います。

 前回の記事で、生涯6万人の赤ちゃんを取り上げたコロンス島の産婦人科医、林巧稚拙(リンチャツー)先生をご紹介いたしましたが、今回は、私がアモイの唐代に創建され、数々の観音を祀る南普陀寺(ナンプートウシ)から持ち帰りました、送子観音をご紹介いたします。

麒麟が赤ちゃんを運んでくる

 コウノトリが赤ちゃんを運んでくるというお話しは有名ですが、中国では赤ちゃんは、観音と伝説上の動物、麒麟(キリン)が運んでくると言い伝えられています。
 実は私の薬局には、10数年前より、送子観音の学が飾ってあります。中国へ行くたびに、各地のお寺へ行く機会があったものの、一度も送子観音に出会うことはありませんでした。それが今回、友人に案内していただいた南普陀寺で出会え、その観音と一緒に並んでいたハスの葉の上に乗っている男女各二体の赤ちゃんの置物を譲り受け持ち帰りました。ご来店いただいた方には願をかけられますよう店内に展示しました。

a0148348_10291520.jpg もうひとつは麒麟です。麒麟は首の長いアフリカのキリンではなく、日本の麒麟麦酒のラベルのなっている麒麟です。麒麟の背中に乗って赤ちゃんが運ばれてくるので麒麟送子と呼ばれています。
 先日私どものお客さまがキリンビールを買い、その背中に赤ちゃんの絵か写真を貼って、家で毎日願をかけていとおっしゃっていました。
 私の周期療法では炒麦芽を服用押していただいていますが、同じ麦芽からビールを製造しているので、キリンビールとは何か縁がありそうです。皆さまもビールを購入してラベル上に写真を貼ってみてはいかがでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2008-07-10 00:01 | 気になる話題
Powered by Yakujudo Pharmacy