人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
タグ:不妊治療 ( 4 ) タグの人気記事
不妊症治療に失敗でも、自然妊娠できるケースが
 私共に妊娠の報告をなさる方の8割は、周期療法の薬を服用していただき体調が調って自然妊娠される方、2割は周期療法で体調を整え、病院の人工授精、体外受精などを受けて妊娠される方で、この比率は毎年同じです。
 6月までの250名に加え、7月の27名と8月18日までの16名を加え、本年は既に293名の方々の妊娠の報告をいただいております。
 日本全国ばかりか、先月もフランス、スイスへお送りしている方々から妊娠の報告をいただきました。
 先日、不妊治療を受けて、2度の妊娠・流産を経験され、結婚6年にして初めての自然妊娠、そして無事女の子を出産されたタレントの西村知美さんの特番をご覧になった女性の方々はどんなに勇気づけられたことでしょう。
 私共でも、体外受精を受けて妊娠できなかった方々が、やはり自然妊娠されるというケースがございます。

 いろいろなケースについて、10月発刊予定で作業を進めている『あかちゃんができた!』(健康情報館)では、周期療法で妊娠、出産された方々からいただいた手紙、ファックス300余通の中から100通をを紹介します。実際のお手紙に私の短いコメントを加え、皆さまがどのようにして妊娠され、出産に到ったのか、”生の声”を多くの方にお知らせしたいと思います。ご期待ください!!
by yakujudo | 2003-06-20 00:01 | タン先生の周期療法
不妊治療の実例
 いろいろな病気について、中国医学の考え方、治療法をご紹介していますが、一番お問い合わせの多いのは不妊治療の周期療法です。現在、150組前後の方々がご相談に来られています。奥様の年齢は23歳から45歳までです。
 A区在住の23歳Kさんは8月29日に来店され、月経周期が60日前後で生理は1年に数回という稀発月経でした。約1カ月服用後の9月末に妊娠されたとの電話連絡をいただき、翌日警友病院で確認された後、ご夫婦でご報告に来られました。
 T区在住の45歳Sさんは7月18日に来店され、1周期目の服用では短い高温期であったものが、2周期目の服用の結果 、高温期が安定して2週間続くようになりました。月経血もサラサラと豊富になり、ご本人も体のコンディションは10年位前の状態といわれ、いつでも自然妊娠可能となっています。第三子の誕生は間違いないのですが、奥様のご希望で上の2人が男の子(6歳と2歳)なので、どうしても第三子は女の子が欲しいとのこと。生み分けをさせる病院での人工受精(先生のお話しでは80%の確率とのこと)を受けているため、いまだに妊娠にいたらず、私としては大変残念です。ご夫婦とも家系的に男、女が生まれているので、自然妊娠されても、今度は女の子が75%の確率で生まれると思い、10月13日にご来店いただいた際には、年齢的にも最後のチャンスなので、年内に自然妊娠されるよう、おすすめしました。
by yakujudo | 2002-03-20 00:01 | 不妊症解説
自然妊娠できるチャンスは皆さんに
 人工授精、体外受精、顕微授精、凍結卵と、不妊治療の医療技術の発達はすばらしいと思います。でも半面 、科学の力で生命の誕生を左右し、しかも人間としての倫理に反する方向へと進みかねない不妊治療に、私は疑問を持っております。
 20代、30代の時の凍結卵を50代になってから子宮にもどして誕生されるお子さんは、20代、30代での出産と、はたして同じでしょうか。凍結卵は若い時のものであっても、卵の育つ子宮は50代であって、決してよい生育環境とはいえないのではないでしょうか。であれば健康なお子さんが生まれないおそれも多分にあります。
 出生も育児も、お母さんとして相当な体力と気力の必要なものです。健康な子どもを育てることさえ大変なのに、病弱なお子さんが誕生されることになれば、なお一層の体力と気力が必要なので、超高齢出産の人生設計には生む側だけではなく、誕生する側の人生設計も考慮しなければならないはずです。
 私どもへ不妊症のご相談に来られます方々にも、人工授精、体外受精、顕微授精といろいろな治療をされてもなかなか妊娠に到らなかったなかった方々が私のおすすめする周期療法をされて、体調が整うと3~6カ月、長くて1年でめでたく妊娠されます方が多くおられます。身体が整えば自然妊娠できるチャンスは皆さんにあるのです。自然妊娠をあきらめないでください。
by yakujudo | 2001-05-20 00:01 | 不妊症解説
はじめに
私は漢方の勉強を始めて三十数年になります。いろいろな病気について勉強してきましたが、私がたびたび不妊症についてご紹介しておりますのは、十五年ほど前、結婚して間もなく、私の妻が子宮外妊娠をわずらい、体調をくずしたことがきっかけです。
 お腹を切ることなく、警友病院の甘先生にしていただいた内視鏡による手術のおかげで、術後の回復はよかったのですが、手術を受けるまでに二、三の病院で誤診され、体をこわしていた妻は、本来の体調にはほど遠い状態になっていました。
 そこで故郷の中国浙江省杭州の名医、何少山先生の診察を受けに行き、それから二年間、先生の指示通りの漢方薬を服用して体の回復に努めました。そのおかげで現在健康な三人の子供に恵まれました。
 そして十年ほど前に私は北京同仁堂病院主任、叢法滋先生の不妊治療を勉強する機会があり、その中で、中国医学と西洋医学をドッキングした中西医合作による最も新しい不妊治療法、周期療法を学ぶことができました。それ以来、月経周期の変化に応じて、薬の服用を変えて体を整えるこの方法を実践してきました。
 私が新聞などに連載しているコーナーで、周期療法をご紹介して二年ほど経過しましたが、読者の方々で百人以上が妊娠、出産され、お役に立てたことを本当にうれしく思っております。(2001.05)
by yakujudo | 2001-05-01 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy