人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
<   2003年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
周期療法のパイオニア、夏桂成老中医来日
 平成14年10月27日(日)に、私のおすすめしている周期療法の生みの親、中国南京中医薬大学附属病院、夏桂成教授の特別講演「不妊症周期療法の理論と実践」がございました。夏先生は有名な老中医のお一人で、現在週4日の診療日には、中国全土から不妊症の患者さんがこられるとのこと。また、ヨーロッパやアメリカからの講演依頼が多く、診療の合間に日程を組んではお出かけになられるとのことで、お忙しい中この度来日くださいました。
 先生は不妊症、不育症の解決はやはり健康な身体をつくることが基本だと力説されておられました。中国医学(中国漢方)と西洋医学、各々の利点を生かすための中西医結合から生まれた周期療法を、女性の身体の基礎をつくるために用い、治療としてホルモン剤や排卵促進剤を使用されているとのことでした。ただし過剰投与にならないよう、細心の中医を払いなるべく少量にされているとのこと、世界で初めて体外受精を成功させたイギリスの博士のもとへご講演に行かれた際も、博士も夏先生とまったく同意見であったとお話しをされました。
 実はご講演の前日に、夏先生と会食させていただきました。その際、お客様からご要望の多い、生み分けについて質問したところ、中国では現在も”一人っ子政策”をとっているので、生み分けの研究そのものが禁止されているとのこと、ただし、先生のご経験から、こうしてみてはどうかというご提案をいただきましたので、実行してみたいと思っております。   (2002.11)
by yakujudo | 2003-02-28 00:01 | 気になる話題
もっと、もっと、多くの方が自然妊娠できるはずです
 平成14年10月13日(日)の朝日新聞一面の”他人の精子利用年1100組、国内の人工授精、親族の違反提供も”という記事を皆さま読まれたでしょうか。   記事は、人工授精(AID)についてのものでしたが、5~6回の人工授精でできなければ、体外受精(IVF)へと進むのですから、体外受精での違反は、いったいどのくらいあるのでしょうか?  私の経営している小さな漢方専門店に多くの不妊症に悩む方がご相談に来られますが、周期療法の薬を中心に漢方薬を服用していただき、妊娠の報告を受けたのは、今年1月4日から10月12日までに279名となりました。  そのうち8割の方々が自然妊娠で、2割の方々が人工授精、体外受精での妊娠です。男女ともに健康な体なら、いかに多くの方々が自然妊娠できるかということをご理解いただけるものと思います。私は、その”健康な体”をつくるお手伝いをしているので、夜な夜なご夫婦のもとに出かけて応援しているのではないのです。  よく皆さまから、”先生、なんでこんなにたくさんの方が妊娠されるのですか?”というご質問を受けます。私は冗談で”精子と卵子がうまく結合するように、プラスとマイナスの磁石が入れてありますよ、プラスとプラス、マイナスとマイナスでは反発しあってできないでしょう。時と場合によってマイナスとプラスが入れ替われば、どちらがプラスでもマイナスでもよいのではないですか。夫婦とはそういうものではないのかな”と答えております。   (2002.10)
by yakujudo | 2003-02-20 00:01 | タン先生の周期療法
年内発行の2誌が周期療法を取材、体験談も紹介予定
 二つの出版社の取材を、10月6日(日)と10月11日(金)に受けました
 10月6日は”すてきな奥さん”を発行されている主婦と生活社さんです。12月18日(水)に発売される”すてきな奥さん”のMOOK本”赤ちゃんを産みたい”で、不妊症に関する色々な治療方法や女性の方々の体験談、最新情報を主な内容とするものとのこと。
 私のおすすめしている中国漢方(中医学)と西洋医学を組み合わせて考案された、中西医合作による周期療法について取り上げたいとのことで、取材をお受けいたしました。理論の部分は私の恩師叢法滋先生と包海燕先生が解説し、実践につきましては私がご説明させていただき、ご質問についてもお答えいたしました。
 このコラムでご紹介している内容や妊娠された方々の現状をお話しいたしましたが、この本には、この本には周期療法で妊娠され無事出産された方々の体験談も掲載されるとのことですので、皆さまには、私の話よりも生の体験談をお読みいただくことの方が、周期療法を正しくご理解いただけるものと確信しております。
 10月11日は、11月1日(金)に創刊されるビジネス社発行の新しい健康情報誌”しゃきっと”の第2号で12月2日(月)発売号の特集”最強の冬の漢方活用術”に、周期療法をご紹介いただけるとのことでお話しいたしました。どちらの雑誌も必ずや皆さまのお役に立つでしょう!  (2002.10)
by yakujudo | 2003-02-10 00:01 | お知らせ
Powered by Yakujudo Pharmacy