人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
<   2002年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
流産、死産も母胎に大きい負担
 不妊症のご相談に来られる方々に意外と多いのが、流産や死産を経験されている方々です。
 中国では、流産後は最低6カ月の回復期間をおいて次の妊娠をしようという考え方が古くからあります。といいますのは、流産や死産も出産と同様に母胎に対する負担が大きいので、以前にもお話ししましたとおり、中国漢方では、産後の手当を1~2カ月、回復状況の悪い時には3~4カ月経った後に周期療法で体調を整え、無事妊娠されたら流産予防の安胎方を服用し、安定する12週、さらに心配のある時は20週をめどに続けています。
 日本では昔からよい種とよい畑から子どもができるという話を聞きますが、私はそれでは不十分ではないかと考えております。よい種とよい畑で芽は出ても、無事に草となり花が咲き、実が結び収穫できるためには、よい畑を継続できる水や日照、土壌への栄養補給があってこそではないでしょうか。妊娠にはよい卵子とよい精子から作られる成熟度の高い受精卵と、温かくフワフワした厚い内膜が整えば妊娠に到達できると思いますが、無事出産を成し遂げるには、内膜に常に新鮮な血液が供給され、受精卵が育つための栄養・酸素・温度が補給されることではないでしょうか。
 私は常々”温かい子宮”を持つ女性を作ることを目標にしております。”温かい子宮”ができれば、元気な赤ちゃんが誕生するものと思います。
by yakujudo | 2002-11-30 00:01 | 不妊症解説
体外受精のために、周期療法で体調を調整している間に受胎
 本年1月17日にアメリカのペンシルアバニアに住む丁さんからお電話とファックスをいただき、不妊症周期療法の漢方薬を6カ月分お送りしましたが3月4日に思いもよらないファックスをいただき、私も大変ピックリしてしまいました。
 私どもの周期療法で体調を整え、前回ご紹介したKさんと同じく東京・新宿のKレディスクリニックで体外受精の治療を受けておられる千葉県松戸市のLさんは、インターネットのメール友達のTさんに、アメリカで体外受精の治療を受ける前に是非とも周期療法で体調を整えてから行ってはいかがでしょうかというメールを送られたとのこと。そのメールを受けて即当方にご連絡をいただき、薬をお送りすることになったのです。Tさんは42歳、送られてきましたファックスの文面は以下の通りです。
「お薬が到着した1月13日、高温期から飲み始めました。生理予定日から今日でちょうどまる2日間で、妊娠判定キットでもすぐに陽性が出ました。人生で一度も妊娠したことがありませんでしたので、大変驚いています。
 本当は1月末くらいに体外受精をしようかと思っていたのですが、先生から3カ月くらい待って体調を整えた方が良いとのアドパイスをいただいたので、体外受精を延期したのが良かったようです。
 喜ぷというより高齢ですし、まだ安心できないと気を引き縮めているところです。流産止めの薬の方よろしくお願いいたします。頑張りたいと思います。」
 ご連絡いただきました3月4日に、安胎の薬を2カ月分郵送させていただきました。現在順調とのこと。無事出産されますよう祈っております。またご紹介いただきましたLさんからも1日も早い吉報をお待ちしております。
by yakujudo | 2002-11-20 00:01 | タン先生の周期療法
周期療法で体調を整え、体外受精に成功、双子が
 今回と次回は、最近私の手先に送られてきたお手紙とファックスの中からご紹介させていただきます。
 千葉県松戸市在住のKさん39歳は昨年10月に来店され、不妊症周期療法で体づくりをしながら東京のKレディスクリニックの体外受精を受けることになりました。それまで数回の治療を受けましたがなかなか結果が出ないことから、今度は体調を整えて臨みたいとのお話。10月、11月、12月と3カ月周期療法の漢方薬を服用、体外受精を受けた1月も薬を続けて服用された結果、双子が授かったという内容のお手紙を2月21日にいただき、大変うれしく思っております。お手紙の内容は以下の通りです。
「TAN先生お元気ですか。1月末の体外受精にて双子の赤ちゃんを授かることができました。現在7週で順調です。先月は流産止めのお薬をお送りいただきありがとうございました。
 先生の所に伺うと、心が安らぐ漢方の香りがして、先生にいつも明るい笑顔で迎えていただき、気持ちが明るくなりました。同世代の妊娠された方のお話をしていただくのも、自信につながりました。
 年末から、西横浜のハリのN先生の所にも通い始め、TAN先生の所でお薬をいただいてからN先生の所に行くというコースで、自分でかってに「横浜東洋医学の日」と呼んで通っていました。N先生には「TAN先生のお薬の考え方とN先生の治療の考え方は方針が以ているので、相乗効果が期待できるよ」とよく言われていました。
 予定日は10月19日です。年齢のこと、筋腫の手術を受けていること、双子であること…、不安はたくさんありますが、がんばって大切にしたいと思います」
by yakujudo | 2002-11-10 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy