人気ブログランキング |

タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
<   2002年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
体温表にはっきりと効果が 表われる周期療法
 連載でご紹介しました、最新の不妊治療法の周期療法と、動物生薬を使用する男性の不妊治療法をご覧いただいた多くの方々にご来店いただいております。
 皆様におたずねすると、女性では当帰芍薬散、桂技茯苓丸、温経湯、男性では補中益気湯、牛車腎気丸、八味丸といった漢方薬を長く服用されているとのことです。ある女性は当帰芍薬散を最長9年服用しているが妊娠しない、またある男性は補中益気湯と牛車腎気丸を最長5年服用しているが、精子の数も活動率も全く変化がないと、おっしゃっておられました。
 日本の漢方薬を紹介している本や健康情報誌の不妊のページには、前述の処方の数々が必ず書かれております。しかし、私はこれらの漢方薬を服用されても妊娠される方、精子の状況が好転される方はまれだと思います。よほどの幸運の持ち主でないかぎり、期待するような効果は生まれないでしょう。前述の処方で改善されるのは、女性では軽い生理不順や骨盤内の血流改善、男性では疲労回復といったところではないでしょうか。
 私がおすすめする方法は、女性では服用後3カ月位で体調が整い、体温表にも改善がはっきり表れます。そして、体調のよい状況が続くと、3~6カ月で多くの方々が妊娠されます。また、男性も服用後3カ月位で精子の数と活動性が回復し、正常値に戻ってきます。
 妊娠はご夫婦の問題です。健康な体をつくらないとコウノトリは健康な赤ちゃんを運んで来ません。相談においでいただく時は、体温表をご持参の上、できればお2人でいらしてください!
by yakujudo | 2002-03-30 00:01 | タン先生の周期療法
不妊治療の実例
 いろいろな病気について、中国医学の考え方、治療法をご紹介していますが、一番お問い合わせの多いのは不妊治療の周期療法です。現在、150組前後の方々がご相談に来られています。奥様の年齢は23歳から45歳までです。
 A区在住の23歳Kさんは8月29日に来店され、月経周期が60日前後で生理は1年に数回という稀発月経でした。約1カ月服用後の9月末に妊娠されたとの電話連絡をいただき、翌日警友病院で確認された後、ご夫婦でご報告に来られました。
 T区在住の45歳Sさんは7月18日に来店され、1周期目の服用では短い高温期であったものが、2周期目の服用の結果 、高温期が安定して2週間続くようになりました。月経血もサラサラと豊富になり、ご本人も体のコンディションは10年位前の状態といわれ、いつでも自然妊娠可能となっています。第三子の誕生は間違いないのですが、奥様のご希望で上の2人が男の子(6歳と2歳)なので、どうしても第三子は女の子が欲しいとのこと。生み分けをさせる病院での人工受精(先生のお話しでは80%の確率とのこと)を受けているため、いまだに妊娠にいたらず、私としては大変残念です。ご夫婦とも家系的に男、女が生まれているので、自然妊娠されても、今度は女の子が75%の確率で生まれると思い、10月13日にご来店いただいた際には、年齢的にも最後のチャンスなので、年内に自然妊娠されるよう、おすすめしました。
by yakujudo | 2002-03-20 00:01 | 不妊症解説
周期療法のうれしい成果
 不妊症の治療について、多くの方々にお問い合わせいただき、またご来店いただきました。特に生理の周期に合わせて、お薬の服用を変える周期療法についてのご質問を多く受けました。ご来店いただきました女性の方々は、35歳前後の方を中心に、20代後半から40代前半の方で、まったく妊娠したことのない方、妊娠しても流産してしまう方、第一子は生まれても、その後数年間妊娠しない方など、また産婦人科の診察では、男女ともにまったく問題がないといわれた方、女性に問題がある、男性に問題がある、双方に問題がある、不妊治療としてあらゆる治療法を受けている方、そしてまったく病院へ行ったことのない、いつか妊娠するであろうと待っている方など様々でした。
 12月、1月と不妊治療(女性のみ、男女双方)を開始していただいた方々からは、2月よりめでたく妊娠されたことのご報告を毎月いただいて、本当にうれしく思っております。
 私の恩師、老中医の何少山、叢法滋両先生とも、妊娠はなるべく自然に、できれば外部から人間の手を加える治療(人工受精、体外受精など)を避け、まずは男性、女性双方の身体を健康にすることが第一であるといっております。植物を例にとれば、よい種をつくり、その種が発芽して生育し、立派な実を結ぶ環境を整えることが、不妊治療に最も必要なことなのです。
by yakujudo | 2002-03-10 00:01 | タン先生の周期療法
Powered by Yakujudo Pharmacy