タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
カテゴリ:雑記帳( 6 )
女の子と男の子とで〝好(ハオ)〟
 ゴールデンウィークを利用して、上海と杭州へ取材に行ってまいりました。 上海へは、ここ4~5年ほぼ毎年1度くらいの割合で行っておりますが、上海から南へ約200kmの杭州へは、実に23年ぶりに行ってまいりました。 23年前、上海の人口は1600万人でしたが、現在は2600万人に増えていて、杭州市の人口は60万人が実に680万人に増えているそうです。どちらの市も、近郊の市町村合併もあって、市の面積そのものが拡大していることもありますが、それにしても人口の増加はすごいと思います。中国へ行くと、どこへ行っても人、人。その人の多さにはいつもビックリしています。

 上海、杭州の友人たちは、妻と同じ年代の50代前半ですので、皆さんお国の人口抑制政策通り、一人っ子政策を守っていますので、皆さんお子さんは一人っ子ということになります。私たちが3人の子持ちですので、いつも子供の話題になると、皆さんからたいへん羨ましいと言われています。

 今回、友人の一人が中国語で、〝好(ハオ)〟という字の話をしてくださいました。〝好〟という字は女の子という意味ではなく、〝女〟は女の子、〝子〟は男の子という意味だそうです。家庭には女の子と男の子が両方揃ってこそ、陰と陽とのバランスがとれるというのです。ですから一人っ子の私たちは陰陽のバランスが悪く、あなた達二人は女の子一人、男の子二人を授かっているので、バランスがとれているのだという話をしてくださいました。
 中国では今も表面上は一人っ子政策なのですが、経済発展の著しい上海では、最近、経済的に裕福な方の中には、二人、三人とお子さんを持つ方もあるのです。だんだんと一人っ子政策は崩れ始めているようです。

 日本では最近〝婚活〟という言葉をよく聞きますが、中国でも、今〝婚活〟はたいへんなことになっているようです。上海の友人によると、50年ほど前の中国では、結婚の三種の神器は3つの回るもの、つまり腕時計、自転車、ミシン、そして音の聞こえるラジオだったそうです。ところが、現在この三種の神器は大きく変化して、車、家、お金そして音のするものは薄型テレビへと変化しているそうです。愛があればではなく、お金があればという時代に大きく変化しているそうです。結婚適齢期を迎えた多くの若者達はたいへんだそうで、親たちもなげいていました。ちなみに大学卒業の初任給は月給約2500元(日本で約4万円)です。
 最近中国で〝幸せ〟ということについて調査があったそうです。この〝幸せ〟を一番感じているのは、月給2500元~4000元(日本円で約4~6万円)の方が一番多かったそうです。
 日本の皆様はこの話を読んでどう思われますか。〝幸せ〟は人それぞれ異なるものと思いますが、一度考えてみてください!!
[PR]
by yakujudo | 2009-05-10 00:01 | 雑記帳
楽しい〝赤ちゃん音頭〟で不妊症の講演会を
 9月17、18日の両日、京都で私が所属する日本中医薬研究会の全国大会が開催され、参加してきました。
 いくつかの講演がございましたが、私が最も感心しましたのが、京都市内にわらじ医者よろず診療所を開設され、昭和23年に京都府立医科大学卒業後、約60年間、83歳の現在も現役の医師として活躍されている早河一光先生の『いきいき生きる』というテーマのご講演でした。
 〝ぼけない音頭〟というオリジナルのテーマ曲と共に登場されました先生は、自らBGMに合わせて歌い、身振り手振り、大きな声で楽しいお話しをし、会場は1時間半爆笑の連続でした。テレビによく出ている綾小路きみまろさんのお医者様版というところです。

 実は私も4年前のこの大会で、700人を前にスライドを交えて不妊症の周期療法について講演をしたことがございます。ただ、この講演は、私の仕事関係の方々が対象でしたので内容も固く、あまり楽しくお話しをしているものではありません。
 数か月前からもし機会があれば、不妊症をテーマに、楽しく、易しく、わかりやすく沢山の方々の前で講演したいと考えておりましたので、早河先生のご講演を聴くことができて本当に良かったと思いました。
 私も将来講演することができましたら、〝こんにちは赤ちゃん〟をテーマ曲にして会場に入場できたら楽しいだろうなと思い浮かべています。でも今の若い方たちは約40年前に大ヒットしたこの曲を知っていますかね。「譚先生、歳ですね」といわれそうです。それともオリジナルのテーマ曲〝赤ちゃん音頭〟はいかがでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2006-08-10 00:01 | 雑記帳
新年一番のプレゼントは赤ちゃんの写真付き年賀状
 読者の皆さま、あけましておめでとうございます。日頃このコラムをご愛読いただきまして誠にありがとうございます。
 お正月は、私にとって一年で一番の楽しみがございます。それは私の周期療法がお役に立ち、不妊症を克服されて無事妊娠、出産された皆さまから、沢山の年賀状をいただくことです。誕生された赤ちゃんのお写真、赤ちゃんを抱いたご家族のお写真、また、成長されたお子様たちのお写真と近況報告を拝見すると、この仕事がこんなにお役に立つのだという実感が改めて私自身再認識でき、また来年のお正月にはもっと沢山の年賀状をいただけるようさらなる精進をして仕事をしようと、自らを励ますことができるのです。本当に、写真付き年賀状は、私にとって最高のプレゼントなのです(年始に来年のお話しまでするのは、ちょっと早すぎるかもしれませんが)。

 私は赤ちゃん誕生のご報告をいただくと、中国で特注した長さ10cmの小さな絹のクツ(赤、ピンク、青、グリーン、金色の5色で花や金のドラゴンの刺繍入り)を差し上げています。中国では、絹のクツををはかせて赤ちゃんの弱い足を保護するのが習慣なのです。5年ほど前から差し上げて、すでに3500足をこえています。現在手元に約4500足が残っていますが、この4500足がなくなる頃に、また5000足を注文して是非ともこの薬寿堂で合計1万3000足を差し上げることができる所までは、この周期療法を皆さまにお薦めしたいと思っております。
[PR]
by yakujudo | 2005-06-10 00:01 | 雑記帳
赤ちゃん誕生に絹のクツをプレゼント、3,000足
 中国では、赤ちゃんが誕生するとしばらくの間は、足を保護するために絹のクツをはかせる習慣があります。
 我が家でも、今では中・高生に成長している3人のこども達に、3、4歳くらいまでは、家の中では足裏に滑り止めの付いた布製のクツや運動靴をはかせて、ケガのないように注意をしていたことを覚えています。
 実は今から5年ほど前に、私どもの周期療法で無事出産された方々に、私どもから何か記念になるものをプレゼントしようということになり、いろいろ検討いたしました結果、日本では入手のできない赤ちゃん用の絹のクツを差し上げようということになりました。中国の上海や、妻の故郷であり絹の産地として夢異な杭州で既製のクツをさがしましたが見つかりませんでした。
 ならばクツを作ってくれる職人をさがそうということになりました。中国在住の両親などの協力でなんとか見つけだせ、クツの製作が可能になりました。
 龍や花、紅梅などを織り込んだ、金、赤、青、グリーン、ピンクの5色の絹のクツ、3,000足が届き、早速、お電話、お手紙、お写真などで赤ちゃんの誕生をお知らせくださった方々にお祝いとしてお送りしましたところたいへん喜んでいただくことができ、私もうれしく思っております。
 このクツが、昨年末には残り200足となりました。追加で発注したものが2月初めに到着しましたので、これから生まれてくる5,000人の赤ちゃんにプレゼントしようと思います。そして、この5,000足もなくなってまた追加注文ができることを私も願っています。
[PR]
by yakujudo | 2004-02-10 00:01 | 雑記帳
エアメールでも妊娠報告が
 私共への不妊症のご相談は北は北海道から南は沖縄まで、ほほ日本全国から寄せられています。またイギリス、アメリカ、中国、遠く南米のコロンビアからもご相談のお客様が来店され、皆様のお役に立てていることを私もうれしく思います。
 新年を迎え、昨年誕生されたお子様の成長した姿を写された年賀状をたくさんいただき、本当にこの仕事をやっていてよかったというのが、私のいつわざる気持ちです。
 先週も1通のエアーメールが郵送されてきました。HAPPY HOLIDAYSという文字に赤いハイビスカスが描かれたアロハシヤツのカードに、1通のお手紙が同封されてました。何かのボランティアのカードかと思いそのカードを開いてみて、ハワイのお客様からのメッセージだということがわかりました。
『今年6月頃からお世話になっております。結婚3年、主人の忙しいスケジュールもあり、なかなか子宝に恵まれなかったのですが御社の漢方薬のおかげでようやく授かりました。出産予定日は2002年6月9日になります。出産しましたら写真を添えてまたご連絡いたします。本当にありがとうございました。どうぞ皆様良いお年をお迎え下さい。ますますのご繁栄をお 祈りいたしますD&E、F』
 遠方より吉報が届き私も大変うれしいです!!
[PR]
by yakujudo | 2002-10-10 00:01 | 雑記帳
夢は正夢! 新年早々15人から妊娠報告
 皆様はどんな初夢をご覧になりましたか…。私は1月3日の夜に眠りが浅かったようで、いくつかの夢を見ました。
 そのうちのひとつが、多くの女性の方々が妊娠の報告にこられるというもので、翌朝、その夢のことを妻に話しましたところ「いつも仕事のことばかり考えているからそういう夢を見たのでしょう。でもそうだったらいいですね」と言われました。
 5日からの業務開始の準備に薬局へ行くと、埼玉県越谷市のIさんご夫妻がちょうど来店され、「今日までお休みですがどうされたのですか」とお尋ねすると、今朝病院で妊娠確認したので流産予防の薬を取りにこられたとのこと。急きょ薬を準備させていただくことになりました。
 休み明けの5日からこの原稿を書いております16日までの、営業実質8日間にIさんから始まって鎌倉のFさんまで15人の方々から妊娠のご報告をいただきました。1日約2名のハイペースです。年齢は26歳から43歳。15人のうち13人は周期療法で、1人は内膜症の治療から、もう1人は流産後の手当から妊娠されました。また15人のうちち14人は自然妊娠で、1人は周期療法で体作りをされ体外受精で妊娠されました。
 夢は正夢となり、私もピックリしております。今年1年お一人でも多く、大勢の方々に不妊症を克服していただいて妊娠していただきたいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2002-09-30 00:01 | 雑記帳
Powered by Yakujudo Pharmacy