タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
「年齢的限界」超えて妊娠
 先日私の手元に届きました、二通のお手紙をご紹介いたしましょう。

最初はKさんからのお便りです。

 先生、ご報告のお便りがすっかり遅くなってしまいすみません。
 44歳直前に結婚し、県内でも有名な産婦人科で「年齢的にもう限界」と言われました。体外受精も考えましたが、確率が低い上、時間的にも金銭的にも無理があり断念しました。その夜して」と、インターネットでいろいろ検索しましたが、みんな年齢的にアウト。主人が図書館から借りてきてくれた本をみて、周期療法のホームページを見つけ、だめもとで先生に電話し、すぐに基礎体温表を送りました。
 「高温期と低温期に分かれているから大丈夫ですよ!」と先生に明るい声で言われ、目の前がパッと開けたような気がしました。それでも「体調がよくなるだけでもいい」ぐらいの軽い気持ちでした。高温期が長くなり、体調・肌の艶も良くなったような感じがしました。
 飲み始めて2~3ヶ月目くらいに高温期が15日続き、「もしかして」と思っていましたが、生理が始まってしまいました。
 そして半年後、高温期の16日目に妊娠判定でプラスが出ました。自営業で、重い物を持たなければいけなかったので先生に相談すると、「今が一番大切だから、仕事は休ませてもらいなさい。自分がご主人に話してもいいよ」と言ってくださいました。
 その10日後病院に行き、正常な妊娠だと言われました。20週まで安胎の薬を処方していただきました。妊娠38週目の8月25日に帝王切開(大事をとって)で身長51cm、体重3453gの元気な男の子を出産することができました。
 先生とは遠く離れていて、一度もお会いしたことがないのに、身体的だけでなく、精神的にも最高のケアを受けることができました。
 45歳からの子育ては、体力的にきついと感じることもありますが、今までの人生で、妊娠、出産は一番貴重な経験だったように思います。この子を神様からの授かり物と思い、大切に育てていきたいと思っています。

 二通目は、カナダ在住のHさんからのお便りです。

 譚先生お元気ですか? おかげさまで19週目の超音波(血液検査も含めて)検査の結果は、母子ともに順調とのことでした。19週の時点では、胎盤の位置が低いという話がありましたが、さほど心配はいらないと言われました。今回の超音波検査で子どもは女の子だと言われ、主人はニンマリ、私はそっかあ~のリアクション(私は男の子かと思ってました)。妊娠できるか?と先生のお薬を毎日飲んでいたときには、性別なんてどうでもよかったのに人間は勝手なものですね。順調にいけば12月のはじめに出産です。
 一人で十分と思っていたのに、まだ一人目が無事に産まれていないうちから、もしかしたらもう一人頑張れる?なんて思えるから不思議です。その時は先生にまたお世話になると思います。宜しくお願いします。

 HさんもKさん同様45歳の自然妊娠です。7月22日に届いたお手紙の時点で妊娠22週目です。このまま無事に進まれて、元気な女の子の誕生のお知らせをお待ちしております。 今年はKさんHさんのほか、2月に50歳の方、6月に45歳の方お二人、7月に47歳の方から自然妊娠のご報告をいただきました。50歳の方は現在音信不通で、その後の経過は不明です。45歳のお二人の方は、お一人は5週過ぎに、もう一人の方は10週過ぎに残念ながら流産。47歳の方はこの原稿を書いています8月3日現在、妊娠を継続中です。

 読者の皆さまは、女性の方は何歳くらいまで妊娠、出産が可能だと思われますか。
 男性の方は、今まで私の店では65歳が最高齢でしたが、今年は70歳を超えるお父さんが誕生されましたので、今度はぜひとも80歳を超えるお父さんの誕生を目標にしたいと思います。
[PR]
by yakujudo | 2007-09-10 00:01 | タン先生の周期療法
<< 豊かになってなぜ人口は減少? 人もトリも巣作り次第 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy