タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
食事もさることながら、健康と前向きな心を
 私のおすすめしている<タン先生の周期療法>は、日本全国ばかりか世界中からお問い合わせを頂いています。
 最近お薬をお送りしていますのは以前よりもさらに地域が広がり、ヨーロッパではイギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、スイス等、アジアでは韓国、中国(上海、香港、広州)、フィリピン、台湾、タイ、シンガポール等、北米ではカナダ、合衆国(ニューヨーク、テキサス、バージニア、フロリダ、カリフォルニア、オハイオ、ペンシルバニア等)、そのほか、グアム、サイパン、オーストラリア等です。
 6~7月にこの<たん先生の周期療法>が「Yahoo!」の話題のサイトにマークアップされ、「不妊症」ワードの検索でもトップページに紹介されたことから、一層広範にご覧いただくようになり、私が世界中の方々に対応しているのをご覧になったアフリカのケニア、ナイロビに在住のAさんからお問い合わせをいただきました。お話しをうかがってお薬を郵送させていただきましたが、そのAさんとのお話しをご紹介したいと思います。

 Aさんがおっしゃるには、アフリカは貧しくて、現地の方々は少量のトウモロコシの粉末とお肉を食べていて、けっして満足な食事を摂っているとは思えないのに、こどもはがたくさん生まれているのが不思議だと言うのです。
 私は、少ない食事であっても身体的に健康だと言うこと、もうひとつ、日本の社会と異なり、精神的ストレスが少ないので、心身共に健康だということではないかと考えました。この私も昭和24年生まれ、俗に言う団塊の世代です。その頃の日本は今のアフリカのように食物は豊富ではなかったと思います。そしてストレスよりも、希望に燃えている時代だったのではないでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2005-01-10 00:01 | タン先生の周期療法
<< ほぼ毎日、妊娠・出産報告 流産2回の後、内膜症を乗り越え... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy