タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
流産2回の後、内膜症を乗り越え、周期療法で妊娠
 ロンドンで自爆テロが起こりました翌日7月8日(金)の開店直後に、ロンドン在住のSさんから、妊娠反応が出たとのお電話をいただきました。
 Sさんには3月から周期療法のお薬を約4カ月間服用いただきましたが、いろいろな方法を考えてお薬を調剤したという経過がございます。

 Sさんは自然妊娠による流産を2回経験され、重度の内膜症の治療のため、二度の開腹手術をされています。現在もロンドンのお医者さんにかかり、再発している内膜症の腹腔鏡手術による措置を選ぶか体外受精による妊娠を目指すかと迷っておられました。
 9月までに自然妊娠できなければ体外受精に踏み切ろうとされているとのご意思をうかがい、私も周期療法による妊娠、内膜症の治療による妊娠を提案しました。いろいろとご相談して、周期療法(内膜症を考慮した内容)による妊娠を目指しまし、今回、妊娠のご報告をいただいたわけです。
 妊娠されましたら、お医者様のお薬も服用することになっていましたが、テロの影響で交通が全面ストップしてしまい、不安もあって外出もできず大変にお困りのご様子でした。私はすぐに続きの高温期と安胎方を送らせて頂きました。
 その後連絡もなく、私も心配しておりましたが、8月12日ファックスが届きました。

 「いつもお世話になっております。ロンドン在住のSです。
 おかげさまで奇跡的に妊娠することができ、6週目で胎児の心拍を確認することができました。8週目の超音波検査では、胎児の心音を聞くことができ感動しました。
 2回の流産を経験した身としては、まだまだ気の抜けない日々を送っております。主治医からは、膣剤とミニアスピリンが処方され現在も継続中です。そろそろ安胎のお薬が亡くなりますので、送っていただければと思います。」
[PR]
by yakujudo | 2004-12-10 00:01 | タン先生の周期療法
<< 食事もさることながら、健康と前... 高齢妊娠には、出産まで注意深くケアを >>
Powered by Yakujudo Pharmacy