タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
妊娠の成否は気候とも関係? 冬、夏少なく、4、5月に増加
 本年(2002年)1月4日から6月15日までに不妊症のご相談にこられたお客様のうち、周期療法の薬や骨盤内のうっ血を改善する活血化お薬などを服用された171名の方々から、妊娠のご報告を受けました。内訳は1月20名、2月25名、3月17名、4月40名、5月49名、6月20名(ただし6月1日から6月15日)となっています。
 80%の方々が自然妊娠、20%の方々が体外受精、人工授精を受けられて妊娠されております。
 1月~3月が少ないのは、やはり寒さの影響ではないでしょうか。4月~6月が多いのは、気候が温暖で体調がよいということと、やはり人間も自然界の一員であり、春は繁殖の季節ということに一致しているのではないでしょうか。
 7月から12月につきましては、年末にご報告させていただきたいと考えていますが、毎年、10月~12月にも妊娠のご報告が多くなり、7月~9月ときびしい暑さの影響を受ける季節には、きびしい暑さによる夏バテ状態のためか、体調をくずされる方々が多く、妊娠の報告が少なくなります。冷暖房の整った快適な生活環境で暮らしていても、やはり自然界の流れの中に人間はいるのだといつも実感しております。
 最近、私どもへ不妊症の相談にこられる方々は、口コミでの紹介、または不妊症の方々が参加されているインターネットの掲示板の書き込みをご覧になった後にこのホームページを読まれて来店されたり、ファックスや電話でお問い合わせをいただいています。
 掲示板をご覧になってから来店された方々からは、是非、私にも掲示板を見て、私に対する生の声を読んでみてください、というご意見をいただいていますが、なにぶんにもコンピュータは不得手で未だ掲示板にアクセスできておりません。
 お客様のお話しでは、どうもいろいろとある掲示板に数多くのお客様の生の声が寄せられているとのことで、当薬局でお勧めしている周期療法の詳細、薬を服用された方のご意見、妊娠された方々の体験談、私に対する評価など、いろいろあるとのこと。周期療法にご興味のある方々には、是非とも掲示板を見た後にこのホームページをご覧いただく方法をお勧めいたします。
[PR]
by yakujudo | 2002-12-20 00:01 | 不妊症解説
<< 周期療法の出産体験集編集にご協... ”冷たい子宮”の現れ-手足の冷... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy