タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
月経周期が長い場合の周期療法
 最近、不妊症のご相談にこられる方々に多いのが、月経周期の長い月経後期や無排卵性月経の症状を持った方々です。どちらも卵巣での卵胞の成熟度が遅かったり、成熟卵胞が出来ないためにおこるものです。月経周期の長い方では60~70日という方もおられますが、周期の後半には、通常の方の周期と同様に、排卵期、高温期が体温表上に2週間形成されますが、やはり周期が長いと、卵胞の質はよいものとは言えないと思います。

 また、通常の月経周期が続いているのにもかかわらず、時として無排卵となり、高温期がないままに次も生理を迎える方がおられます。これと言った原因が見当たらないこともありますが、時に精神疲労、肉体疲労、過度なダイエット、高熱の続く風邪、生活のリズムが大きく変化する旅行などが原因のこともあります。

 この月経後期や無排卵性月経を治すには、中国漢方では、ホルモンの生産を高める補腎薬(ほじんやく)と、卵巣や子宮、骨盤内の血流を改善する活血薬(かっけつやく)を交互に服用して、ホルモンの生産と血流の改善をくり返す方法を取ります。補腎薬を7日間、次に活血薬を3日間というくり返しをして、途中で排卵がおこれば、排卵 → 高温 → 生理 → 低温と、生理がおこれば、生理 → 低温 → 排卵 →高温というように、生理周期のリズムを取り戻すのです。
[PR]
by yakujudo | 2002-06-10 00:01 | タン先生の周期療法
<< 赤ちゃんはいつ? まず温かい巣... ホルモン補充療法と中医学的対処法 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy