タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
骨盤内の血流の改善
 私のおすすめしている不妊の周期療法で、過去に一周期(約30日)の服用で妊娠された方は10名ほどいらっしゃいます。
 第二子がほしいということで来店された金沢区在住のUさんから、8月14日から半周期(排卵期・高温期の15日間)を服用して妊娠しましたというご報告を、9月7日にいただきました。ご本人も薬をお出しした私も、実は体調を整えるのに数カ月の服用が必要と考えていましたので、これにはびっくりしてしまいました。でも最短の妊娠報告をいただき、本当によかったです。
 周期療法は、
 (1)ホルモンの生産を高める
 (2)ホルモンの分泌を高める
 (3)ホルモンのバランスを整える
 (4)月経周期を整える
 (5)子宮や卵巣を含む骨盤内の血流を改善する
 ことで、女性の体を健康にしようという方法です。
 ご相談に来られる方々に、私はいつも植物を例にしてお話をしています。りっぱな実がとれるためには、何が必要かということです。よい種と栄養豊富な土壌、そして水や適度な日照など生育環境が整ってこそ、実を結ぶのではないでしょうか。不妊治療は妊娠はしても、出産までいたらなければ目的は達成されません。
 私は骨盤内の血流を改善することは、植物の生育環境を整えることと同様と考えていますので、高温期の後の生理期の様子をうかがうことにしています。高温期が充分に上昇しても、その後の生理の状況が悪いということは、子宮の中に栄養と酸素の豊富な血液が供給されていないので、生育環境が整っていないということなのです。
[PR]
by yakujudo | 2001-12-10 00:01 | タン先生の周期療法
<< 健康な子宮内膜と不健康な子宮内膜 不妊症の解決は健康な体づくり >>
Powered by Yakujudo Pharmacy