タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
体温表のパターンでわかる 妊娠のしやすさ
 女性の方々にとって、基礎体温表をつけていただくことは、健康管理上、大変お役に立つものと思います。では体温表からどのようなことが想像できるか、日常よく見られる基礎体温の8種の型についてお話ししましょう。
 (1)(二層性)成熟度のよい卵胞ができているので排卵も順調、生理もサラサラした血液が豊富に排出される理想のタイプです。
 (2)(ダラダラ状)、(3)(凸状)、(4)(凹状)、(5)(階段状)のような不安定な体温変動は経血が血塊(大・小・レバー状)を含み、生理痛を伴う淤血の方々に多いものです。妊娠しづらく、妊娠しても流産しやすいのです。
 (6)(高温期が低い)、(7)(高温期が短い)は、経血量が少なく内膜も薄い血虚ですので、妊娠は難しいのです。
 (8)(無排卵)は生理はあっても、卵胞の排出がないので、妊娠はいたしません。
 私どもへご相談に来られます不妊症の方々で、排卵促進剤や黄体ホルモンを服用されている方々には、(1)の理想的な体温をされている方々がたくさんおられますが、生理の様子をおうかがいすると、サラサラとした鮮血ではなく、経血が少なく血塊を含む状態になっておられる方々が大半です。これでは体温はお薬でつくれても、身体が健康状態になっていないので、簡単には妊娠できないのです。
a0148348_2231857.gif

[PR]
by yakujudo | 2001-10-30 00:01 | タン先生の周期療法
<< 第二子不妊の理由 手足のほてり、体の冷えに あら... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy