タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
中国のホルモン療法薬「紫河車」
 更年期障害や骨粗鬆症の治療に、欧米から導入されたホルモン療法が頻繁に使われております。婦人科の先生方のお話しでは、以前は卵胞ホルモンのみの使用だったものが、黄体ホルモンを配合してからは、発ガン性の危険はずっと低下して、安全性が高くなったとのこと。実はこのホルモン療法は、数千年前より中国では使用されており、安全性という点ではまったく心配のない、自然のものが使われております。
 最近、女性の方々が愛用されている化粧品の成分表示にプラセンタという字をよく見ます。漢薬名で紫河車と書きます。この紫河車こそ、ホルモン療法の元祖といえます。
 紫河車は、ヒトの胎盤を火であぶって乾燥したもので、エストラジオール、プロゲステロンといった女性ホルモン、今注目をあびている、軟骨成分のグルコサミン、その他ガラクトース、マントース、多種のアミノ酸等を含み、益気、養血、補精といった強壮作用をもつほか、女性の生殖器、卵巣、乳腺の発育を促進して胸を大きく豊かにします。無月経、無排卵、生理不順、不妊症、更年期障害、骨粗鬆症等の症状に応じて補気薬、補血薬、補腎薬等と併用されるとよいでしょう。
 また、美容の面でも大きな期待ができます。皮膚は内臓の鏡といいますように、この紫河車は外用するよりも内服することです。美肌は内分泌を整えることでできるもの。紫河車こそ”内面美容”の決定版です。
[PR]
by yakujudo | 2001-09-10 00:01 | 漢方のお話
<< 不妊症の原因高プロラクチン血症... 中国の女性ならザクロより当帰、紫河車 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy