タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
「血虚」が婦人病の根本原因に
 約二千年前に書かれた中国の医書「素問」という本の「上古天真論」に、女性の成長と生理について次のような記載があります。すべて7の倍数で表現されています。まず、7歳で女性としての成長が始まり、14歳で初潮をむかえ、21歳で妊娠が可能となり、28歳で成熟の頂点に達し、35歳で下向線となり、42歳で更年期、そして49歳で閉経するとあります。二千年を過ぎた今も、この記載に多少の個人差はあるとしても、それほどの大きな差はないでしょう。
 この女性の身体と生理の変化に大きな影響を及ぼすのは、中国医学でいう精と血です。精は身体の成長、老化、ホルモンの生産等と大きな関連を持つ、生命エネルギーです。身体の成長の遅い方、無月経の方、不妊の方、閉経の早い方、老化の早い方はこの精の不足、腎虚という状態です。
 古来より、中国では代々の皇帝達が不老長寿の薬を追い求め多くの学者に研究させたことは大変有名です。ですから数多くの有効な補精、補腎の薬がつくられています。もう一方、血は血液とその働きをさし、女性ホルモンの分泌と調整に強い関連を持ちます。日本でも、「血の道症」といいますように、特に血の不足、血虚という状態は女性の病気の根本的な原因となります。生理不順、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮線筋症、不妊症、更年期障害など常に血虚を改善する補血薬を病気の治療の中心に考えて使用する必要があります。
[PR]
by yakujudo | 2001-07-10 00:01 | 漢方のお話
<< お血が原因する婦人の諸症状 妊娠はまず、男女の健康づくりから >>
Powered by Yakujudo Pharmacy