タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
健康な子どもは健康な両親から
 21世紀は少子高齢化がさらに加速されることでしょう。これから誕生されるお子さん達は、家族の宝であるばかりか、日本の宝だと私は思っております。だからこそ健康な子どもを授かることは私の願いです。健康な子どもが生まれるには、まず健康な体を持っているご両親が必要です。
 中国医学では、「先天の精(腎精ともいう)」といって、両親から受け継ぐ生命エネルギーを豊富に持って生まれるか、否かが、誕生した子どもの成長を左右するものと考えます。腎精が多いほど、丈夫な骨や歯を形成できるので、しっかりした骨格を持つことができ、脳の発達にもよいのです。
 次に、生後に腎精を補うのは、脾(胃腸や膵臓などの消化器)と肺(呼吸器)です。脾から吸収される食物の栄養と、肺から吸収される空気が結合して「後天の精」を形成して、先天の精の不足を常に補充して体の成長が進むものと考えます。  腎精が多く、脾と肺の丈夫なお子さんは元気がよく、腎精が少なく脾と肺の弱いお子さんは虚弱ということになります。また、本来腎精が多く丈夫な体を持っていても、冷たい飲みものをとり過ぎて脾をこわしたり、風邪をこじらせて肺を弱くしてしまうと、虚弱な体質になってしまうのです。
 私のおすすめしている周期療法や動物生薬を含む補腎薬は、健康なご夫婦をつくる大変よい手段と、私は確信しております。
[PR]
by yakujudo | 2001-05-30 00:01 | 漢方のお話
<< 若さを保つコツ、肝と腎を健康に 自然妊娠できるチャンスは皆さんに >>
Powered by Yakujudo Pharmacy