タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
楽しく子育てできる世の中を願って...最終コラム
私は朝日新聞関連の健康情報誌「朝日アドバンス」 「朝日エコー」 「朝日アベニュー」 「譚先生の漢方薬箱」などに、コラムを連載してまいりましたが、実は私にもひとり暮らしの現在86才になる義母がいて、ヘルパーの方々の手助けと妻の献身的な介護のお陰でなんとかやっているのですが、妻も疲れはててきているので、私も手伝う必要を感じ、薬局の営業を9月26日(土)で終了することになりました。
10月からは、我が家も日本の多くの皆様と同様、いよいよ老々介護です。できる限りヘルパーさんの方々のアドバイスと協力を得て、私達夫婦が助け合って、義母の介護につとめたいと思っています。
「来る限り病院に入れないでくれ!!」という義母の願いをかなえたいと思っています。

私は37年前の1月13日(日)大雪の日に、桜木町駅前に中国漢方薬寿堂薬局をオープンしました。
私の30才の最後の日に薬局をオープン、あっという間に約37年間すぎさりました。

今年は戦後70年と言われています。
私は桜木町に生まれ、地元で60数年生活してきましたので戦後の町の変化をよくおぼえています。
前回の東京オリンピックは私が高校一年生の時でした。
高速道路や新幹線も整備されて今があるのですが、大きく異なるのが少子高齢化というように、街に杖を持つ高齢者があふれ、小さな子供達が激減する時代になりました。
私はこれからの世の中には、歩道にベンチと花壇をつくり、老人や子供、妊婦さんを大切にやさしい街を整備してほしいと思います。

薬局を始めて間もなく朝日の情報誌を担当するようになり、日本でいう漢方ではなく、中国でいう中医学の考え方や、中国のいろいろな養生方法などについても解説しておりましたが、たまたま妻が子宮外妊娠をし左卵管を緊急摘出。その生まれ故郷中国浙江省杭州市で、400年15代続く中医師で親戚の何少山先生の診察を受けに妻は中国へ一時帰国。約一年半何先生の指導どおりにお薬を服用、年末に届いた先生のお手紙通り、翌年の10月に第一子長女が誕生、その後は長男、次男と順調に生まれました。
この長女誕生直前に、私の長年の北京在住の恩師叢法滋先生が来日され、当時中国で開発された中国医学と西洋医学をドッキングして考案された「周期療法」について、叢先生からお教えいただきました。

私は情報誌や、インターネットを通じ、この「周期療法」を解説してきましたので、すでに私の手をはなれ、有名になっています。
多くの皆さんが自然妊娠で健康なお子さんを授かり、楽しく子供を育てられるようないい世の中に是非ともなってほしいですね。
日本はどこから方向がかわったのでしょうか。
[PR]
by yakujudo | 2015-07-28 09:00 | 漢方薬箱
<< 平成27年9月26日 閉店しました 周りの方々の協力が必要不可欠です。 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy