タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
不妊治療今昔 - 今なお減り続ける日本の出生数と出生率
8月27日の新聞紙面に厚生労働省が発表した今年度上半期の出生数と人口動態統計速報が掲載されていました。

日本では、戦後2回のベビーブームがあり、1947年~1949年の第一次ベビーブームでは毎年260万人のベビーが生まれ、1969年~1972年の第二次ベビーブームでも毎年200万人のベビーが生まれていたのですが、第二次ベビーブーム以降、出生数.出生率共に徐々に低下し、昨年はとうとう出生数103万人を割っているのです。
ですからここ数年、政府はNHKの公共電波を使って、不妊症(不育症、卵子の老化、無精子症、体外受精など)の補助金を使って、何とか出生数を増やそうとしたのですが、今回の発表では上半期の出生数は昨年比マイナス2.7%、一年間では出生数は100万人を割るであろうという予測が発表されました。
日本政府の方々にとって大変ショックの大きな結果だったと思います。
体外受精に公的なお金を沢山使っていたために、期待していた出生数にはおそらく程遠い結果だったのだと思います。
海外の国々を見ていても体外受精に莫大な公的資金を投じている国は、皆無だと思います。

私は1949年、日本で最も出生数が多く、実に269万人というベビーの生まれた内の一人として誕生しましたが、30年前に日本でも始まった体外受精という方法までは全員、自然妊娠か人工受精で妊娠.出産していました。
しかし、この30年間で体外受精専門クリニックが増え、特にここ10年急増し、今国内に600~700ヶ所の体外受精専門クリニックができていると聞いています。
昨年は32万回の体外受精が行われ、約3700人の子供が誕生していると聞いています。平均すると1クリニックあたり約60~70人のお子さんの誕生です。
9月に入り、内閣改造により、今までに増して少子化問題が取り上げられ、色々な意見がテレビでも取り上げられています。
少子化そして不妊症は、蚊の媒介で急に患者が増えたデング熱のような感染症ではありません。
ほんの少し前まで日本は沢山の子供が自然妊娠で生まれている国なのです。

体外受精という方法でこれまで世界では36年間で500万人の子供が生まれていると聞きます。
卵管の問題で妊娠できなかった方々にとっては、素晴らしい方法であり、ノーベル賞を受賞されたロバート.エドワード博士の功績は素晴らしいものだと思います。
一方この36年間の間に、世界では人口が急増し、現在70億を超えており、近い将来90億になるであろうと言われています。
年間5000万人の子供が生まれているとして、この36年間で実に18億人の子供達が、主に自然妊娠で生まれているのです。

今少子化が問題となっている日本ですが、ちょっと歴史を振り返れば沢山の子供が自然妊娠で生まれていた戦後を比較してみれば、これからどうすれば問題が解決できるというヒントが得られると私は思いますが、いかがでしょうか?
元気な旦那様と元気な奥様から元気な子供が生まれることを忘れないでください。
[PR]
by yakujudo | 2014-09-30 23:50 | タン先生の周期療法
<< 40代の方々から妊娠.出産のご... 日本の生殖医療の現状について思うこと >>
Powered by Yakujudo Pharmacy