タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
周期療法を学んだきっかけ
 今、不妊症でお悩みの皆様は、ご両親からどのようにして生まれたか、一度考えてみてはいかがでしょうか。ほぼ全員、自然妊娠で生まれているはずです。

 皆様と同様、私達夫婦も不妊症の体験者です。
 今から26年前、妻は初めての妊娠で子宮外妊娠、発見の遅れから緊急の腹腔鏡手術で左卵管を摘出、無事に難を逃れたものの、しばらく体調を崩し、無月経、無排卵が続いたため、生まれ故郷の中国杭州市で400年続く老中医の第15代目にあたる何少山先生の診察を受けに行き、その後は毎月状況をお手紙に書き、ご返事で指示を仰ぎ、一年半漢方薬を服用し体調を回復。先生から1987年12月初めに届いたお手紙の「もう出来るようになっている」というお言葉の通り、翌年の1月末に妊娠が分かり、その後はつわりも全くなく順調に進んで10月に4250グラムの長女が誕生致しました。

 その後は何の苦労もなく、長男、次男(いずれも4000グラム)と大きな健康な子ども達を授かることが出来ました。私は人間の自然治癒力はすごいものだと痛感致しました。
 そして、長女の生まれる直前の1988年9月に再来日された、当時北京同仁堂病院中医科主任をされていた叢法滋先生と再会、中国で考案された中国医学と西洋医学を融合した”周期療法”を学ぶ機会があり、それ以来、生理周期の変化に合わせて異なる内容のお薬を服用して、女性のお体を整えるという方法を皆様にお薦めしています。

 日本の周期療法の元祖はこの私です。叢先生は現在北京に帰国されていますが、昨年の9月に北京でお会いしてまいりました。
 妊娠は女性ばかりでなく、男性にも問題があれば改善の必要があります。
 私はご相談にこられます皆様に健康な体の準備をして、かわいい健康な赤ちゃんを授かり、ご両親の腕の中に抱いていただくことが私の第一の目標です。タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微鏡受精等はお二人の条件によって選択される方法です。私は出来る限りその成功の確率を高めたいです!
[PR]
by yakujudo | 2011-10-04 08:21 | タン先生の周期療法
<< 妊娠は夫婦の健康が第一 上海のホテルで観た、お見合い番組 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy