タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
28年間病欠なし! 風邪・インフルエンザ予防のポイント
 昨年11月に厚生労働省から発表された鳥インフルエンザの流行予測を、皆様はどう受け止められましたか? 私どものお客様からも、インフルエンザが流行するであろう1月~3月にはどう対処したらよいと思われますか、というご質問を多く受けました。妊婦の方にとって風邪やインフルエンザをはじめとするさまざまな感染症を予防することは、お腹の中の赤ちゃんのために特に大事なことです。
 風邪のウィルスには、ウィルスの繁殖条件があります。夏風邪は高温多湿、冬風邪は低温乾燥の中でそれぞれ増殖するので、冬には室温を適度に温かく保ち加湿されることがよいと思います。
 我が家ではセントラルヒーティングになっているので、家全体が同じ温度に保たれており、日中は加湿器と空気清浄器をつけています。夜間は加湿器ですと室温が下がるので、タオルに水分を含ませ室内にかけて寝ています。

 私は風邪やインフルエンザにかからない予防策として、外出の際には防寒を心がけ、マスクの着用、帰宅されたら手洗いとうがいをし、食事はバランスよくなるべく温かいものを召し上がって、充分な休息を取り、風邪引きの方のそばには近づかないように指導しています。これは一年を通してのことですが、特に寒い冬にファミリーレストランのドリンクバーで冷たい飲み物を飲み放題に飲むのは、健康上最悪です。小さいお子さんたちががぶがぶ飲んでいるのを見ると、親たちは自らご自分の子どもを病気にしたいのかと、いつも私はぞっとしています。

 念のため予防接種を受けることもよいと思います。実は私は両親が健康な身体に生んでくださったお陰で、40数年間予防接種を受けたことがありません。この薬寿堂を28年間まったく病欠無くやっております。。ただし冬は風邪の予防として、肺・気管支・気管・のど・鼻・皮膚の防衛力を高める衛益顆粒と抗ウィルス作用を持つ板藍根を服用して冬を乗り越えています。
[PR]
by yakujudo | 2005-07-10 00:01 | 気になる話題
<< 子宮、卵巣、骨盤内の血流の良さが大切 新年一番のプレゼントは赤ちゃん... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy