タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
蒲公英(タンポポ)に身体を温める作用無し サプリ服用は慎重に
 私共へ不妊症のご相談に来られます女性の方々は、インターネットの情報をもとに、いろいろなサプリメントを服用なさっています。
 各種ビタミン剤、葉酸、マカ、亜鉛、ローヤルゼリーなど多種多様です。

 最近、私も調剤に使用している生薬の蒲公英(タンポポ)について、1年間服用すると、温かい子宮、厚い内膜ができるということで服用されている方々から、本当に蒲公英の服用を続けていていいのか、という質問があります。
 残念ながら、タンポポにそういう効果はまったくないとお答えしています。
 中国人民衛生出版社『漢方医学大辞典』薬物編に、次のように書かれています。

 蒲公英、出典は「新修本草」、別名は黄花地丁、婆婆丁、女万汁草、黄花三七、キク科植物モウコウタンポポの根付きの全草である。
 中国大部分の地区に分布する。性味は苦・甘、寒、肝・胃経に入る。
 効能は、清熱解毒、消腫散結。臨床応用は上気道の感染、扁桃炎、咽喉頭痛、流行性耳下腺炎、結膜炎、リンパ節炎、肺炎、急性胆のう炎、膵臓炎、胃炎、腸炎、赤痢、急性乳腺炎、虫垂炎、尿路感染症、骨盤炎、疔、〓(病垂に節)などの化膿症を治す。
 9~30gを煎服し、または生鮮なものを搗きつぶして塗布する。
 本品は、トラクサステロール、ペクチンなどを含有する。
 注射液は黄色ブドウ球菌、コリン、イヌリン、とに対して強い抑制作用がある。溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、髄膜炎球菌、ヂフテリア球菌、赤痢菌、緑膿菌、変形菌なども抑制する。
 
 つまりタンポポは消炎剤であり、抗生物質のようなもので、身体を温めるのではなく身体を冷やすものです。子宮が温まるという根拠はまったくありません!!
[PR]
by yakujudo | 2003-09-20 00:01 | 漢方のお話
<< 不妊症の周期療法で授かり、育つ... 第二子不妊 奥様も、旦那様も第... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy