タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
周期療法のパイオニア、夏桂成老中医来日
 平成14年10月27日(日)に、私のおすすめしている周期療法の生みの親、中国南京中医薬大学附属病院、夏桂成教授の特別講演「不妊症周期療法の理論と実践」がございました。夏先生は有名な老中医のお一人で、現在週4日の診療日には、中国全土から不妊症の患者さんがこられるとのこと。また、ヨーロッパやアメリカからの講演依頼が多く、診療の合間に日程を組んではお出かけになられるとのことで、お忙しい中この度来日くださいました。
 先生は不妊症、不育症の解決はやはり健康な身体をつくることが基本だと力説されておられました。中国医学(中国漢方)と西洋医学、各々の利点を生かすための中西医結合から生まれた周期療法を、女性の身体の基礎をつくるために用い、治療としてホルモン剤や排卵促進剤を使用されているとのことでした。ただし過剰投与にならないよう、細心の中医を払いなるべく少量にされているとのこと、世界で初めて体外受精を成功させたイギリスの博士のもとへご講演に行かれた際も、博士も夏先生とまったく同意見であったとお話しをされました。
 実はご講演の前日に、夏先生と会食させていただきました。その際、お客様からご要望の多い、生み分けについて質問したところ、中国では現在も”一人っ子政策”をとっているので、生み分けの研究そのものが禁止されているとのこと、ただし、先生のご経験から、こうしてみてはどうかというご提案をいただきましたので、実行してみたいと思っております。   (2002.11)
[PR]
by yakujudo | 2003-02-28 00:01 | 気になる話題
<< 11月8日、年間300人目到達 もっと、もっと、多くの方が自然... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy