タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
無排卵無月経から3人が妊娠
 無排卵無月経の3人の方々が相次いで妊娠されました。6月20日に来店されたTさん(東京都港区在住、29歳)は無排卵無月経の上に自己免疫による血液凝固と精子抗体があり-慶応大学病院に通院し、小児用バフアリンと副腎皮質ホルモンのプレドニン、月経周期を作るためのクロミドを服用されていました。でも来店された時は周期の32日日で-、排卵していませんでした。

 私は無排卵の時は周期療法の低温期と生理期の薬を、7日、3日と交互に服用していただく方法をとります。Tさんにもそうしてもらつたところ、42日目に排卵があり、その後は排卵・高温期の薬を服用いただき、次の生理から通常の服用にいたしました。14日目に排卵があり、28日目に妊娠反応が陽性になったとの報告を受け、その後流産予防の薬を45日間服用された後、薬の服用を中止しました。

 同様に7月24日に来店されたHさん(東京都中野区、29歳)は、Tさんと同様の方法で9月16日に妊娠の報告をいただきました。8月24日の電話とFAXの相談で薬を送らせていただいたSさん(名古屋市守山区在住、34歳)からも、10月9日に妊娠の報告をいただきました。3人とも、現在順調に妊娠を継続されています。
[PR]
by yakujudo | 2002-08-30 00:01 | タン先生の周期療法
<< 最短記録の更新 服用7日で妊娠報告 2週間で12人から妊娠報告 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy