タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
赤ちゃんはいつ? まず温かい巣づくりを
 不妊症のご相談にこられる方々に多いご質問で、「先生、私はいったいどれ位の期間で、赤ちゃんができますか?」というものがあります。私は「おすすめしている周期療法で、3~6カ月位で妊娠されている方々が多いけれども、正直言ってわかりません。奥様の身体がととのえばできるというものでもないし、旦那様の協力も必要ですし、お二人の身体がととのっていても、やはりいつということはわからない」とご返事しております。

 2月におみえのT区Yさん(32歳)や、4月におみえの東京都S区Sさん(38歳)のように、タイミングよく、周期療法の高温期のお薬、10日間を服用して妊娠された方もあれば、98年10月より、3度の流産を経験されて、本年5月20日に、無事女の子を出産されたA区Aさん(35歳)のような方もおられます。YさんとSさんは周期療法の最短記録で、Aさんの2年8カ月は最長記録です。

 私はいつも奥様方に申し上げているのは、赤ちゃんを運んでくるコウノトリが、いつ飛んできてもよいように、身体の準備をととのえておこうということなのです。折角コウノ鳥が来ても、巣箱となる“温かい子宮”を常に用意しておかないと、コウノトリは赤ちゃんをおろさず、飛び去ってしまうでしょうし、不充分な温かさの子宮では、流産したり、身体の弱いお子さんが生まれたり、子育てをする奥様自身のお身も、健康を維持できないのです。
[PR]
by yakujudo | 2002-06-20 00:01 | タン先生の周期療法
<< 幅広い年齢層の方々が不妊症相談に来店 月経周期が長い場合の周期療法 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy