タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
第二子不妊の理由
 最近、私どもへおいでの不妊症の方々に多いのが、2人目不妊です。結婚後1人目のお子さんは簡単に自然妊娠したのに、その後2~3年、5年、長い方では10年間、まったく妊娠されることなく、第二子が誕生されない方が多いのはなぜでしょうか。私は2つの理由があると思います。
 一つ目の理由は、産後の体の養生ができていないということ。昔から、お産は病気ではないが、女性にとっては大きな負担がかかるので、産後100日は母子ともに外出を控え、栄養を充分とり、体と共に子宮の回復をはかるという中国の考え方は、一人っ子政策を実施している現在も変わりません。
 もう一つの理由は、女性の方々がご自分の健康に、日常あまり留意していないということです。病気の検査でも異常はないし、月経周期にも異常がない、でもなぜか第二子ができないというのです。
 このような方に、私は以前の月経血と現在の月経血の様子をおたずねして、ご本人に比較していただくことにしています。すると、サラサラとして鮮血であったものが、最近はドロドロとして大・小の塊やレバー状の血塊を伴っている方々が大半なのです。これは淤血という状態で、新鮮な血液が子宮内に集まっていないということです。これでは子宮内膜は厚くて、温かく弾力性を保てないので、受精卵も安心して着床できないのです。
[PR]
by yakujudo | 2001-11-10 00:01 | 不妊症解説
<< 出産後100日間は外出をひかえる 体温表のパターンでわかる 妊娠... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy