タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
ホルモン分泌の低下に応じた漢方薬、化粧品
 皆様は”女性のお肌の曲がり角”は何歳位とお考えでしょうか。私は35歳前後と思っております。女性の一生は7の倍数で変化するとご紹介しましたように、28歳(7×4)から35歳(7×5)をピークに、35歳を過ぎるとホルモンの生産と分泌が低下しますので、肌の老化も徐々に起きてくるのです。
 皮膚のくすみやしみは急速にではなく、日を追って現れますので、気がつかない方も大変多いのです。中国の女性に比べ、日本の女性の肌の老化症状は、早く訪れています。35歳から42歳では血虚といって、血液の働きが低下し、ホルモン分泌も低下するので、皮膚や毛髪に潤いがなくなっていきます。当帰、芍薬、何首烏などの補血薬を補充するとよいです。
 顔の両頬に蝶々の羽根の型に似た形のしみ(肝斑)が現れる42歳から49歳、俗にいう更年期年齢はホルモンの分泌低下とともに、自律神経のバランスがくずれますので、補血薬に加え、ハッカ葉、柴胡などの疏肝理気薬が必要です。
 そして49歳の閉経期を過ぎたら、ホルモンの生産を高め、体の老化を予防する紫河車〈プロセンタ〉や鹿茸、杜仲、枸杞子などの補腎薬を補充して、いつまでも若く健康な体を維持することです。
 また、最近中国では、抗酸化食品の沙棘油(サージオイル)が美容面で大きく注目されています。肌のくすみ、しみなど前述の薬と併用されるとよりよい効果が得られます。内服ばかりでなく、お手持ちの美肌クリームにこのサージオイルを少量(2%位の割合)加えて使用されることも大変よいことです。もちろん、強い紫外線を避けて、皮膚を保護されることも必要です。
[PR]
by yakujudo | 2001-08-20 00:01 | 漢方のお話
<< 中国の女性ならザクロより当帰、紫河車 生理痛は子宮の病気を知らせる危険信号 >>
Powered by Yakujudo Pharmacy