タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
あの頃のことを覚えていらっしゃいますか?
赤ちゃんを望まれている皆様は、ご両親からどのようにして誕生されたかお考えになったことはございますか?
ほとんどの方々がご両親から自然妊娠で生まれてきたと思いますが、いかがでしょうか。
妊娠.出産は健康な体の準備が一番です。
男性は元気な精子が豊富にある体です。女性は元気な卵子、元気な卵巣、そして血流の良い暖かい子宮の持ち主であること。そしてお互いに良いコンディションで排卵近くにタイミングをとり、元気な精子と卵子が出会い、元気な受精卵が温かい子宮に着床して安定して育ち、無事健康な赤ちゃんが誕生して、ご両親の腕の中に抱かれることです。

人間が地球上に誕生して、約700万年経つそうです。
現在に至るまでその数が増え、72億人全世界にその分布が広がったということは、基本的には自然妊娠を繰り返して繁栄してきたのだと思います。
それでも、不妊の方がおられたのでしょう。今から約200年前に人工授精が考案され、37年前には体外受精という方法が考えだされたのです。
どちらもイギリスで考えられた方法です。
最近の36年間で、体外受精は全世界で約500万人の赤ちゃんが誕生したと言われています。すばらしいことです。
一方自然妊娠は少なく見て、1年間で5000万人、36年間で18億人誕生しているのです。
しかし実際は18億人よりずっと多いと私は思っています。

日本は今年戦後70年を迎えました。
戦後失われた人口を回復させようと「生めよ!増やせよ!」と檄を飛ばした結果、多くの子ども達が生まれました。1949年生まれの私もそのうちの1人です。
昔は檄を飛ばせばそれに応えて国民の皆さんが頑張って子供を産み、育ててくれる時代だったのでしょう。
1947年から1949年の3年間の第一次ベビーブームに約800万人、続く1950年から1952年の3年間で750万人、その後はしばらく年150万人前後でしたが、1971年から1974年の4年間の第二次ベビーブームで再び800万人の子どもが誕生しました。
実に子どもの多い時代が続きました。

出生率.出産数が減少するキッカケは、1975年に起こった第一次石油ショックです。
若い方達の中には、昔を回想するテレビ番組でも観たことがあるかもしれませんが、スーパーや商店からトイレットペーパーや洗剤が消えてなくなり、社会が一時パニック状態に陥ったことがありました。
この年からその後40年間、日本の出生数は年々減少しているのです。
一度下がった出生率はなかなか回復しないのです。その上最近では晩婚化がすすんでいるのです。
このまま進むと日本の少子高齢化は大変深刻な事態になるのではないでしょうか。

私はたくさんの子どもが生まれていた昭和30 - 40年代と現在を比較して何がどう違うのか検討してみると、何か解決策の良いヒントがあるのではないかと思っています。
元気でかわいい赤ちゃんを、皆様 授かって下さい!!
[PR]
by yakujudo | 2015-03-20 12:30 | 漢方薬箱
<< 周りの方々の協力が必要不可欠です。 元気な高齢者やシニア世代の方々... >>
Powered by Yakujudo Pharmacy