タン先生の周期療法でラクラク自然妊娠!

薬寿堂,やくじゅどう
>
周期療法コラム一覧
>
中国漢方による不妊症周期療法

中国漢方薬寿堂(やくじゅどう)の譚定長先生による、妊娠治療を成功させる不妊症周期療法についての解説と体験記などのコラムです。
by 中国漢方 薬寿堂
中国漢方薬寿堂
お手紙専用ポストの
サービスは終了いたし
ました。
薬寿堂:やくじゅどう
周期療法コラム一覧へ
記事ランキング
ブログジャンル
タグ
検索
その他のジャンル
妊娠は夫婦の健康が第一
私は、私たち夫婦の不妊の経験から、元気なお父さんと元気なお母さんから、元気な子どもを授かることが出来ると考えています。皆様はどう思われますか?ごく自然なことですよね。

先日テレビに出演されていた大学病院の産婦人科の先生のお話では、ここ20年間で妊娠初期の胎児の異常は約20倍に増加していて、これは診断技術の進歩のためとお話をされていましたが、それにしても少子化の時代にこの増加はすごいと思いませんか?ちょっと心配なお話ですね。

中国人は昔から、健康な子どもは”先天の精”といって、健康な両親から大きな生命エネルギーを受け継ぐので、両親が健康であるということは大切なこと、という考え方を持っています。
今赤ちゃんをとご相談に来られます皆様も、ご両親からもともとは健康なお体で生まれてきた方が大半です。先天的に問題があって生まれた方は、私は大変少ないと思います。
健康に生まれても、その後病気にかかったり、生活環境、飲食の不摂生、過労、睡眠不足、ストレスなどいろいろな要因で体調を悪くして、不妊症という状況に陥っているご夫婦は大変多いと思います。

26年前、子宮外妊娠を経験している私たちに、その当時はタイミング療法と人口受精という選択しかない時でした。今でしたらまず一番に体外受精を勧められていたかもしれません。
でも体を回復して自然妊娠で3人の丈夫な子どもを授かることが出来て、人間の自然治癒力はすごいものだと思います。

ここ30年で生殖医療は大きく変化して、卵管に問題ある方は体外受精、精子に問題ある方は顕微受精という方法が考案されましたが、いずれの方法であっても、ご両親の健康が子どもの健康に大きく影響することには、変わりはありません。

この30年間で、先進国を中心に体外受精は拡大しました。約420万人の子どもが誕生したと聞いています。昨年体外受精を考案されたイギリスのエドワーズ博士がノーベル賞を受賞したことは当然のことです。
では、体外受精に皆さんの目がいっているのですが、この30年間に世界では、自然妊娠でどれ位のお子さんが誕生しているのでしょうか?
皆様はどう思われますか?多分、100倍から200倍、間をとっても420万×150で6億人前後の子どもたちが自然妊娠で誕生していると、私は思っています。
[PR]
by yakujudo | 2011-11-04 08:19 | タン先生の周期療法
<< 高度医療の前にすべきこと 周期療法を学んだきっかけ >>
Powered by Yakujudo Pharmacy